成功の羽(Feather of Success)

  • ¥0

    無料

ブライアン・トレーシー、アラン・ピーズ、ロバート・キヨサキを始めとする各界の著名人の講演の独自の要約に解釈を含めてお送りします。何かを始めたい。マンネリな生活を変えたい。人間関係を改善したい。そんな方は是非ご購読ください。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
成功の羽(Feather of Success)
発行周期
週3回
最終発行日
2006年09月15日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000184035
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006. 9.15 ━━━

【成功の羽】第90号
── テーマ:DISCOVER 興味 ───
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読ありがとうございます。

このメルマガをコンセプトは、購読者の方に何かのきっかけ(成功の羽)を
掴んでもらい、それがやがて成功への翼となり、大きく羽ばたいてもらう事
にあります。

これから週3回、優れた講演者やすばらしい経験を持った方々の講演を元に
独自の解釈も含めて配信します。

テーマは以下のものから順にお送りします。
「FROM 講演者」 「GET スキル」 「LIBERTY 可能性」
「HAVE 家族」 「DISCOVER 興味」 「FROM 講演者(日)」

今回は長編になりますので、2週間に渡って配信します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それでは、よろしくお願いします。


【目次】
・編集前記
・こんな人に読んで欲しい
・今週の人物紹介
・今週の要約
・今週の解釈
・編集後記


■ 編集前記
人に教える事って難しいです。

思っているように分かってもらえないことが多かったりします。

アンソニーロビンズの様に教えられたら・・・

以下からその一端を感じることができます。

たった1,000円でですよ!!!
↓↓
http://www.1mgkk.com/m/1233/shinadmin.html


■ こんな人に読んで欲しい
市場が後退する時でも利益を出す方法を知りたい方は必見!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ 今週の人物紹介
ダニエル・カーチャー(Daniel Kertcher)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼はアンソニーロビンズのウェルスマスタリーのコースの講師です。

これまで4万人以上の人々に投資や売買について指導しています。

市場が下降気流の時にも、利益を出せる事を説いています。


■ 今週の要約
殆どの専門家は2008年から2010年の間に、株は暴落すると予測しています。

その主な原因は先進国での史上最大の高齢化です。

高齢化が、保険金や経済に圧力をかけます。

さらに55歳か65歳で退職して、70歳かそれ以上生きるでしょう。

そうなれば一般的に収入は殆どなくなります。

そのため消費を控え、今のお金で長い事つなぎとめる必要が出てきます。

この事が経済の下落を招きます。

さらに、それが株の暴落へとつながります。

もしあなたに準備ができていなければ、恐ろしい経済難に陥るでしょう。


では、市場を動かす2つの感情とは何でしょうか?

それは恐怖と欲です。

この二つで市場は上下します。

ではどちらの方が強いのでしょうか?

それは恐怖です。

だから上昇には時間がかかり、下落は一瞬で起こります。

1日から2日で大きな下落があります。

上昇はそういう訳にはいきません。

何かがあると皆すぐに不安になる。常にそうです。


ここで質問です。

あなたはどんな投資をしていますか?

株や土地、貯金や定期などでしょうか。

土地や株で儲ける時はどんなときですか?

それは価値が上がるときや、賃貸料や配当などです。

その動きには3種類あります。

上昇、下落、そしてそのまま。

3種類の動きの中では、上昇時だけ儲かり、残り2つの場合は損をします。

それが従来の観念です。

しかし上昇下落に関係なく儲かる方法があります。

それはオプションを使うのです。

耳にした事はあっても、理解していない人が殆どでしょう。


その恐れは、理解不足から来るものでしょう。

今はそれについて説明する時間は取りません。

簡単にいうと、オプションは株所有のリスク軽減のために作られたのです。

オプションを使えば、株価の変動に関わらず、リスクは軽減されます。

さらに月々に収入が入ります。

10万ドルの株を持っていれば、月に3−5%の収益が上がります。

月に3-5,000ドルです。

株を所有するよりも安全な方法です。

今の方法よりも安全で月に15分しかかかりません。

この戦略はカバードコールという戦略です。

この戦略は個人投資家にとって最も強力で利益の高いものです。

ファンドマネージャーはこれを最もよく活用し、世界市場でのチャンスを勝ち取っています。

ウォーレン・バフェットは金儲けは80%が心理、20%が戦略だといいます。

今住んでいる国では行えないとしても、世界にはカバードコールできる市場が多くあります。


それをあなたがいつ始めるかが問題です。

5年後にこれを学ぶか、今学ぶのか。。。

チャンスが巡ってきた時それを掴む準備ができているように。

それには今、市場を学ぶ必要性があります

まず8-10年後に大暴落が起きるのですから。

これはチャンスです。

オプション市場を使う事によって、下落市況から儲ける事ができるのです。

大きなチャンスのある世界の市場を統一する事で、自国の市場に縛られる時代は終わりました。

自国からボーダレスにどこへでも投資できます

資産を守る方法を身につけるべきです。

さらに重要なのは、下落市況で儲ける方法を学ぶ事です。

恐怖と欲が市場を動かしています。

下落市況を招く何かが起こったときはチャンスです。

恐れるのでなく、掴むのです。

市場の仕組みを学び儲けるのです。

そのためにできるだけ読み、学ぶ事が必要です。。

もちろん可能な限りセミナーにも参加する。

目指すはレバレッジをもたらし、必要な情報を見つけやすくする事です。

その情報があれば無敵です。


■今週の解釈
要約すれば【ピンチをチャンスに変えよう】と言う事になるでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バブル期はみんな利益を上げることができたでしょう。

当然と言えば当然です。

株を買うだけで利益を得る事ができたのですから。

しかしそんなチャンスはめったに来ません。

来たとしてもその後は・・・もう説明する必要は無いでしょう。

今の日本は崩壊の危機はあっても、繁栄の期待は薄いと感じています。

そんな日本に身を預けるのではなく、もっと賢く生きていこうと思いました。

「備えあれば憂いなし」

自分と家族の未来を守るために、行動に出ましょう!

とにかく【ピンチをチャンスに変えよう】。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ 編集後記
皆さんの貴重なお時間を頂きまして、ありがとうございました。

この配信が皆様の成功への翼の一部となれば、うれしく思います。


2時間体験講座を募集しています。

満員になりつつありますので、興味のある方はお早めにどうぞ。
↓↓
http://www.1mgkk.com/m/1233/shinadmin.html

それでは、今日はここまで。

次回の配信を楽しみにお待ちください。

次回はQA集になります。

ご質問・ご意見・ご感想は常に受け付けております。

────────────────────────────────
■ 発行者 シン
■ 発行周期 週3回
■ メールアドレス shinadmin@hotmail.co.jp
■ ホームページ http://seminar.schoolbus.jp
■ 配信の登録・解除 http://seminar.schoolbus.jp
■ ご質問・ご意見・ご感想は shinadmin@hotmail.co.jp
■ 取上げて欲しいテーマがあれば shinadmin@hotmail.co.jp
────────────────────────────────



/-/-/-/-//-/-/-/-//-/-/-/-//-/-/-/-//-/-/-/-//-/-/-/-/-/-/
このメルマガは講演を元に、私が独自に要約を行っております。
そのため講演者の本意とは若干の相違がある可能性があります。
この辺はご了承くださいませ。
/-/-/-/-//-/-/-/-//-/-/-/-//-/-/-/-//-/-/-/-//-/-/-/-/-/-/



クリックで救える命があります。
一度だけでよいのでクリックお願いします。
↓↓
http://www.dff.jp/index_t.php
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ