上司の心得、部下の心得

  • ¥0

    無料

当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!。 公式メルマガ『キャリまぐ!』にも登場した、NK総研 所長 瀬川裕之がお送りする組織マネジメント改革のための人間関係、コミュニケーションの根っ子の部分をお送りする無料メルマガ(2006年2月スタート)!!  会社や組織が持つ独自の当たり前に人は大きな影響を受けています。言われれば気づくことばかりですが、自分ではなかなか気づかない。 一つのテーマを上司と部下の2つの視点からお伝えしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
上司の心得、部下の心得
発行周期
週刊(水曜日)12時30分
最終発行日
2018年05月16日
 
発行部数
1,040部
メルマガID
0000184055
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

人には理屈を越えた、感情があります。

ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。
ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。


●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

【失敗って何でしょう!?】(上司編)

◆○◆────────────────────────<2018.5.16>─

上司の心得、部下の心得  ◆ 629号 ◆

────────────────────────────────◆○◆
こんにちは。
組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
組織マネジメント改革支援コンサルティング
活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

一昨日、号外で紹介させていただきました、瀬川裕之 著
「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
 (組織管理から組織マネジメントへ)が
amazonランキング プリント・オン・デマンド(POD)の
売れ筋ランキングで第3位に入りました。(2018年5月15日)

誠にありがとうございます。

本書は、どの会社、組織にも独自に潜在している
「当たり前」に着目し、当たり前のことを行うのではなく、
普段当たり前になっていること自体を把握し、
レベルを上げることで組織力を向上しようとする
管理職を対象とした組織マネジメントの解説書です。

これを機会に当たり前に触れ、当たり前のレベルを向上し、
より強い組織づくりに少しでもお役立ていただければ幸いです。

ご購入はこちらからお願いします。

 ⇒ https://goo.gl/z7mmvj


今週も最後まで、お付き合いください。


組織の持つ“当たり前”のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!
『活き活き組織構築プロジェクト』
 ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

────────────────────────────────◆○◆


さて、今週はテーマ【失敗って何でしょう!?】
上司編をお送りします。


「失敗って何でしょう!?」

あなたはこの質問にどう答えますか?


成功しなかったことが失敗でしょうか・・・?


では、成功とはどういうことでしょうか?


ビジネスにおいては、どの時点を見るかによって、
失敗と思っていたことが
成功に変わることも少なくありません。

また、その逆もあります。



失敗をどう捉えるかは客観的なようで
実は主観的な判断で捉えていることが多いんです。

実際に職場での話を聴くと、
多くの方が失敗に対して主観的に
かつ、直感的に反応しています。


例えば、仕事が時間通りにできなかった、
期待通りの結果が出なかった、
思ったようなプロセスを踏まなかった・・・


自分の思い描く正しい状態と比較して
違いがあれば無意識に心が反応します。


その結果、成功しても褒めないのに
失敗するとすぐに叱る。


それも、感情的に叱ってしまう。

つまり、怒ってしまうのです。


成功を見極めるのは時間を掛けるのに
失敗を見極めるのは一瞬なのです。




この主観的で感情的な認識が、
多くの現場で仕事のやり方に悪影響を与えています。


それが、“無難な仕事をしてしまう!!”ことです。


「失敗しない仕事をする」と言えば、
とても良いことのようですが、
中身を見ると、できることしかしない、
チャレンジしない風土の裏返しです。

しかし、チャレンジしない先には
衰退が待っています。

だから、失敗に感情的になる反面、
常にチャレンジしろを叱咤する。


これは言う方も聞く方も
お互いに心理的な矛盾を生みます。


このような状態で組織内の人間関係が
良くなるはずがありません。

モチベーションが上がるはずがありません。

この矛盾を解決するには
“失敗”に対する考え方を変える必要があります。


それには3つの視点があります。

まず、1つ目は、
失敗を“感情的、直感的、短期的”に
捉えていることを自覚すること。


2つ目はは、
“失敗は成功へのプロセス”
と考えること。


そして、3つ目は、
“致命的な失敗!!”
というレベルを考えること。



そもそも誰も失敗はゼロが最善などとは
思っていないでしょう。

もしそう思っているなら、
成功も成長も多くは望めません。

マネージャー失格です。

しかし、致命的な失敗はいけません。
これは避ける必要があります。

なのに、その致命的なレベルを
意識している人が意外に少ない。

避けるべき失敗は致命的な失敗であり、
小さな失敗は成功と成長へのプロセスです。


そう考えると失敗に対して寛容になれ、
余裕を持って失敗を受け入れることができます。

前向きに取り組むことができます。



物事を単体で捉えると
失敗は非常に認識しやすいものです。

しかし、ビジネスと言うのは
全てが繋がっています。

単体の事象で全てが決まるわけではありません。



だからこそ、成功へのシナリオを描き、
小さな失敗をその要素の一つとして想定する。

もしくは、あえて小さな失敗を取り入れる。


そう考えれば、すべての矛盾は解消されます。


まずは、自分の感情の動きを
振り返ってみて下さい。


短納期が当たり前になっている状況の中で、
中間管理職と言う立場が感情的で直感的で
短期的な判断を強いているかもしれません。


失敗を無くすことは重要なことです。

しかし、それ以上に成功へのプロセスから
外れないことが何よりも重要です。

失敗に強くならなくては
成功にはたどり着けませんからね^^


今週も気分よく行きましょう!!


◆今回の心得◆

小さな失敗を成功へのシナリオに参加させよう!!




組織の持つ“当たり前”のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる!!
『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
 ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

瀬川裕之 著「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
 ⇒ アマゾン:https://goo.gl/z7mmvj


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【編集後記】

これだけスピードが付加価値を持つようになると
悠長に失敗を繰り返すわけには行きません。

かと言って、失敗を恐れて無難な決断ばかりでは、
やがて他社に負けてしまいます。

とても難しい選択が迫らせる世の中です。

だからこそ、差が生まれます。

難しいからこそしっかり決断し、行動した者が勝ち残れます。

小さい失敗は成功への近道だと思いますよ^^



最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今週も笑顔の一週間でありますように!!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

商用の場合を除き、転送、転載は自由です。
社内やお客様に是非ご紹介下さい。
その際に、メールマガジン「上司の心得、部下の心得」より出典と
明記していただければ幸いです。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【上司の心得、部下の心得】

発行者:瀬 川 裕 之

NK総研 代表
 組織の持つ当たり前のレベルを上げることで強い組織を目指す!!
 活き活き組織構築支援コンサルタント

 ホームページ:http://www.nksouken.com/
 ブログ:http://smc.nksouken.com/

 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 KNビル4F
 E-mail: info@nksouken.com


(一社)日本産業カウンセラー協会 北関東支部
認定講師、産業カウンセラー
 
HP: http://www.counselor.or.jp/

★ご意見、ご感想をお待ちしております
また、社内研修・ご相談もお気軽にご連絡下さい。

登録&解除 http://www.mag2.com/m/0000184055.htm
(お手数ですが、解除はご自身でお願い致します。ご指摘いただけるような
ことがございましたら、是非一言お願い致します。info@nksouken.com)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ