働かない亭主に代わって稼ぐ主婦の物語

  • ¥0

    無料

夫の勤め先が倒産の憂き目にあった!次の仕事を探そうとせず、そのまま働かなくなった夫。いつまでたっても変わろうとしない夫はもう当てに出来ない。のんびり主婦から一転、情報起業で稼ぐ道を選んだ私が、初歩の初歩をお伝えいたします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
働かない亭主に代わって稼ぐ主婦の物語
発行周期
週刊
最終発行日
2006年11月20日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000184890
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > アフィリエイト

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★=================☆★=================☆★=================☆★

      働かない亭主に代わって稼ぐ主婦の物語

                      第9号 2006.11.20
☆★=================☆★=================☆★=================☆★

こんにちは、Si-noです!

急に冷え込んできましたね。
もともと寒いのが苦手な私。
いつまでも暖かい日が続いていたので、
このところの急な冷え込みに体がついていかない感じです(笑)。


夫がちゃんと働かなくなって
自分で何とかしなければならなくなっても、
子供のことも自分が引き受けながら稼ぐ術を探すのは
ホントに大変です。

自分がそんな状況に陥ったとき、
当然のことながら、私は夫をすごく恨みました。

心の中にそんな思いがあると、些細なことでカリカリします。

気持ちがイラついて、
すべてのことを夫のせいにしたくなります。
「あの人がちゃんと働かないから!」
「私だってもっと自分の時間があれば、子供とゆったり接していたい!」
「なぜ私だけ、肉体的にも精神的にもこんなにきつい思いをしなきゃいけないの?」
「子供のことも全部私に押し付けて・・・」

子供の言動にかげりや、とげとげしいところがあると、、
「父親が父親の役割を果たしていないから、子供の精神面にも影響が・・・」
「私が時間に追われて、子供の気持ちを見過ごしているに違いない」
「お母さんがこんなに大変なのに、ちっともわからないで・・・・」

キリがありません。
そんな自分をイヤだなぁと思いつつ、
やはり夫が悪い、夫が許せないという気持ちはぬぐえず、
不満の捌け口が子供に向いてしまうという悪循環。
わかっているけどその悪循環を断ち切れない嫌な自分。。。。
子供も特に娘は、性格が暗くなっていくような。。。。

それが1年前の私。
でもなんとかそんな状態から抜け出したいと思っていた頃、
ある霊能力者にお会いしたのがきっかけで、
気持ちの転換をはかることにしました。

一番衝撃的だったのは、今自分に起きていることは
すべて自分が原因、自分が引き起こしていることに過ぎない。
だから自分が変わらないかぎり、状況は変わらないというお話。

どうしても状況を変えたい私でしたから、
難しいとは思いつつ、とにかく夫のことを考えるとダメなので、
なるべく考えないようにして(笑)、
・自分の現状に不平不満をもたない。
・絶対によくなると自分を信じる。
・子供の前で父親の悪口を言わない。
・前向きのことしか言わない。
と、当たり前といえば当たり前。
でも自分にはできなかったことを、何とかやってみようとしたのです。

そうすると、まず自分の気持ちがちょっとだけ軽くなりました。
ちょっとだけ軽くなると、子供に対しての苛立ちが減ってきました。
子供に苛立たなくなってきたら、子供が心なしか明るくなってきました。
少しずつそんなことを繰り返しているうちに、
自分の気持ちがホントに軽くなってしまいました。

自分のことを嫌いではなかったけれど、
「私は私」と決めつけていた部分、
いろんなことに頑なになっていた部分がほぐれてきて、
それは私にとって、心地よい変化でした。
そして自分を取り巻く状況の変化にもつながっていったのです。

久しぶりのメルマガで、いきなり精神的な話になってしまいましたが、
私と同じような状況に置かれていると、
1人でいろんなことをしょい込んで、
精神的にきつい思いをしていらっしゃる方が多いでしょう。

そんな方が、「あ、じゃぁ私も試してみようかな」と思ってくださって、
少しでも気持ちが軽くなれば嬉しいなぁと、
つい自分のこの1年ばかりの精神的変化を書いてしまいました。

      ◇◆ ++ ◇◆ ++ ◇◆ ++ ◇◆

さて、稼ぎの状況については、まだまだ発展途上ではありますが、
こちらも人との出会いで、ずい分幅が広がってきましたよ。

私と同じ福岡在住で、起業家の辻正明さんという方と
1年ほど前に知り合いになりました。
全国的に有名になった飲食店のプロデュースも数々手がけるなど、
経営コンサルタントとしてもかなりの実力をお持ちの方です。

時々お会いしてうかがう辻さんのお話は、私にとっては
「へ〜〜」の連続でした。
インターネット・ビジネスについては少しずつ知識が増えつつありましたが、
何せ、「物事をビジネスとして考える」ということとは
無縁のままここまで生きてきてしまった私。

でも辻さんはインターネットビジネスも、リアルビジネスの視点を持って、
両方を融合させていかないとダメなんだというお考え。
そしてリアルビジネスでたたき上げて成功をおさめられてきた辻さんは、
インターネットビジネスでもあっという間に実力を発揮。
半年前には、ご自身が身につけたノウハウを、
私塾「虎の穴」で伝授なさるまでになられたんです。

辻さんとかかわることで、私の脳みそもずい分と転換をはかられました(笑)。
いかに自分が狭いものの見方しかしてできていなかったか、
思い知らされたこともたくさん!

1回だけのご予定の塾でしたが、定員をはるかにオーバーする申し込みがあり、
その後の問い合わせも多々あって、
このたびもう一度塾生を募ることになさいました。

インターネットでの稼ぎ方を教える方は他にもいらっしゃいますが、
そういう方との違いは、リアルビジネスでのご苦労と実績をもとに、
両者の融合という視点で
インターネットビジネスをとらえていらっしゃるということです。

インターネットの世界だけを見ていてはダメだとおっしゃいます。
そしてどうやってその両方を結び付けていくかを、明確に教えて下さいます。

私と同じような立場の方には、絶対おすすめできる内容だと思いますし、
辻さんとつながりを持つということも、大きなプラスになると思います。

興味がおありの方は、こちらに詳しいお知らせがあります。
      ↓    ↓
http://www.toranoana-juku.com/2kisei.html

いきなり決められることでもないと思いますし、
誰にでも向く塾というわけでもありませんので、
ちょっと気になった方は、どうぞ私にメールして、何でも聞いてくださいね♪

sherry◆ochamehaha.com ←◆を@にかえて、メールしてくださいまし。

もし、「即決!申し込みします!!」という方がいらっしゃいましたら、
入塾に際しては紹介者が必要になっておりますので、
申し込みフォームの紹介者欄に半角英数で、
THo86A (ティーエッチーオー86エーです。)とご記入くださいませ。

募集期間は11月30日(木)までです。
(定員に達した時点で締め切りとなるそうです。)


     ◇◆ ++ ◇◆ ++ ◇◆ ++ ◇◆

しばらく発行していなかったので、書きたいことも沢山ありますが、
ちょうど辻さんの私塾「虎の穴」の募集期間になっていますので、
お知らせをさせていただきました。

みなさん、体調に気をつけてすごしましょうねっ!!


☆★=================☆★=================☆★=================☆★

【働かない亭主に代わって稼ぐ主婦の物語】

  発行者:Si-no
  Mail:sherry◆ochamehaha.com ←◆を@にかえてくださいね。
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000184890.html

☆★=================☆★=================☆★=================☆★


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ