文章作成が下手な人ほどすぐ書けるセールスレターの会

  • ¥0

    無料

「セールスレターが書けない」すべての方へ。一般の本やセミナー、DVDは今すぐ捨ててください。このメルマガが、あなたをちゃんと「セールスレターで稼げる達人」に導きます。さらに情報交換の場も。さあ、みんなで成長していきましょう!

   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
文章作成が下手な人ほどすぐ書けるセールスレターの会
発行周期
不定期
最終発行日
2007年03月05日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000185093
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > ネットマーケティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

春は卒業の季節よねー…
もうこのメルマガとも卒業ねって方は↓こちらへ
http://www.mag2.com/m/0000185093.html

あなたの新しい旅立ちを応援します(笑)。





こんにちは、山口です。


お約束どおり、配信頻度が落ちてきました(笑)。

たぶん、今回の配信後、
またしばらく雲隠れすることと思います。
続きは編集後記をどうぞー。




では、いってみましょうー。


----------------------------------------------------------------
●ICCスタート後1ヶ月経過!

早いもので、もう1ヶ月経過しました。


僕のほうは、まだそんなに忙しいわけではありませんが、
和佐さんは大変なようです。


でも、メンバーは和佐さんを使い倒すために入ったわけですから
どうぞご遠慮なく(笑)。


体が1つしかないんで、
スケジュール調整がままならない、などの
物理的に無理なことは勘弁してあげてほしいですが、

それ以外はあなた自身の成功のためにどうぞ活用してください。


まるで他人事のようですが(笑)、
僕がかかわる段階(=セールスレターのアドバイス)になったら
僕のほうもご活用くださいませ。




●前回の「世論調査」の結果発表!


前回お願いした「世論調査」。

もう一度ここで内容を復習してみましょう。

前回書いたものをそのまま載せまーす。


<番号1:レターアドバイス業務>

これは、今回のICCでやっている業務そのものです。

あなたが書いたセールスレターについて
僕がアドバイスしていくサポートです。

メールとか、音声ファイルを作ってアドバイスする予定。

ギャラについては、1サイトにつき20万くらいでしょうか。

そのかわり、その1サイトについては無期限サポートです。
無期限とは、その商材を販売終了するまで面倒見るということです。


成約率3%を1つのゴールとします。

ただ、これはロングスパンで売っていく場合のことであって、
メルマガ読者に短期間に売っていく場合は
クリアラインは5%にしようかと思ってます。

 ↑ この場合、メルマガをどうやって戦略的に配信するかも
   成約率を決める重要な要素ですが、
   そこは無視します。

   いや、そこまで面倒見てよーっていうのでしたら
   プラス10万くらいいただきましょうか(笑)。
   



<番号2:セールスレターライター>

僕が書くという、そのまんまです(笑)。

ギャラは最初に100万いただきます。

返金しません(笑)。

そのかわり、最低でも販売利益が1000万円超えるまで
手直しをします。

1000万円超えたらお仕事終了です。

つまり、僕のギャラが利益の1割以下、イコール
あなたの利益配分が9割以上になるまでやりつくすということです。

成約率なんかは、状況によって変化していく要素だし
証拠として資料を見せてもらってもわかりづらいんで
利益額でいくことにしました。

もちろん、どんな商材かははじめにお聞きします。

この段階で、よく

「秘匿性の高い内容なんで、
 信頼できると思えるまで言えません」

という方がいますが、そんな方は僕的には論外です。

僕は守秘義務は守りますし、
第一、基本がライター業なんで、
あなたのそのノウハウを実行している時間がありません。


天下の電通だって、たとえば
自動車メーカーの新車のCMを受けるときは
ライバルの自動車メーカーに
その新車情報はひた隠しにします。

CM撮影の際、ロケ地に車を運ぶときも
それはそれは隠密裏に行なわれるのです。

あたりまえです。

僕もこれと同じですので。




<番号3:貴社のネットライティング担当>


僕の場合、

セールスレターなどの文章スキルはありますが、
それに比べると情報販売とか、
アフィリエイトのスキルはありません。


一方、僕の真逆である方がいます。


すなわち、

情報販売やアフィリエイトの
すばらしいノウハウを持っているのに、
文章作成が苦手な人。


じゃあ、2人でタッグを組みましょう、というものです。

わかりやすくするために「貴社の」と
ビジネスチックに言いましたが、もちろん個人事業でもOKです。



実は、

僕がレターなどのアドバイスをした人で、
そのアドバイスのもとに書いたという文章が
何度書き直しさせてもひどいという人。

そういう人のほうが多いです。


で、僕は思うわけです。


「どうしてわかんないんだよー」(笑)。

もしくは、

「この人、モノにするのに時間がかかりそうだなー」とか。


でもね、これって当たり前の話なんですよね。

僕にスキルがあるのに対して、
相手はスキルがないんですから。

しかも、僕は過去に何年もかけて
スキルを積み上げてきたわけで。


それを短期間で僕レベルにしようというのが
そもそも間違いなわけです。
(もちろん、ICCではそこまでやりますけどもね。^^)


それに、

その人が文章作成に向いてないんじゃないか、とか
そもそも文章を書くなんて面倒くさくていやなんだろうとか、

そういうことも文章から読み取れたりします。

だから、この人は教えてもちょっと厳しいんじゃないか。

そういう考えがよぎる場合も多々あります。



これ、無理もない話なんですよ。


同時に、もったいないなーと。


せっかくいいノウハウ持ってるのに、
文章が悪いために、売れていかない。

その文章をよくしようと努力してるんだけども、
いかんせん、なかなかよくならない。

これじゃ、その努力してる時間までもがもったいないよ、と。




では、攻守ところを変えて、

僕が仮にSEOのことやらサイト量産やらを
やろうとしたら、

はっきり言って、それを指導してくれる方の
足手まといになる自信があります(笑)。

だって、そんな作業、つまんないから(あっさり)。

いやいややっても実力がつかないのは当たり前ですよね。



だったら、
短所を補うのに無駄な時間を費やすより、

お互いの長所を伸ばして
ビジネスにレバレッジをきかせたほうがいいじゃない?

というのがこのサービスを考えた理由です。


ギャラは、あなたが利益の6割。僕は4割。

理由は、

●あなたのノウハウがあるからできるプロジェクトではあるが、
 僕のライティングなしにはできないプロジェクトでもあるから

●サポートやクレーム対応に関しても、
 文章に関してはすべて僕が書くから
 (あなたはどう対応するかだけ僕に教えてくれればいいです。
  ただし、差出人はあなたの名前なんで、矢面には立ってもらいます。
  その分だけ、僕の割合が低いのです。)


着手金として、まず100万入金してください。

利益が出たときの分配の際、この100万は差し引いてもらって
もちろん結構です。


これは、僕の居住地域と同じ、首都圏在住の方限定です。

1つの目的を果たすための一心同体プロジェクトなんで、
やっぱり何かあったらすぐ会いに行ける距離のほうがいいです。

また、当然、お互いに業務提携してよいと思えるかどうかを
確認するための面談も必要です。

オファーさえあれば2つ返事でうけるものではないですからね。





以上3つです。
(4,5は忘れてください・笑)




では、結果。



あ、その前に、ご回答いただいたみなさん、
心からありがとうございました。

時間を割いてご回答くださったそのお気持ち、
ほんとうれしかったです。

1件1件お返事が出せなくて、
申し訳ありません。

この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。







いちばん多かったのは、

<番号1:レターアドバイス業務>

です。

理由としては、


「強いレターが欲しいのであれば、もちろん

<番号2:山口さんが直接レター書く>
 
 の方が結果は早いのでしょうけれども、

 最終的に自分でビジネスを運営していくにあたっては

 いつまでも山口さんに依存したままでいるよりは
 やはり『自分で』レターを書けるようになりたいと
 私は考えています。

 というわけで希望は1番。」


というSさんや


「私は1番のサービスが受けたいと思います。

 理由は簡単で、コピーライティングを全て山口さんにやってもらっていたら、

 自分はいつまで経ってもコピーが書けないし、

 セールス、ビジネスの基本も身に付かず、成長しない気がしましたので、

 自分なら、1番のサービスを希望すると思います。


 価格に関しては、20万円(もしくはもう少し高額)でも

 私はお願いすると思います。

 自分のスキルとして『モノ』にさえ出来れば、将来的には20万円どころでは

 済まないほどの利益を享受できるはずですので、お支払いすると思います。」


というOさんのご意見に代表されるような


「任せてしまうと自分にスキルがつかないから」


というものが多かったです。


「3つの中で一番安かったから」

という意見はなかったです(笑)。





その次に多かったのは

<番号2:セールスレターライター>

です。


これは、すでにビジネスを立ち上げておられて
レター部分をアウトソーシングしたい、という方が
多かったです。


その一例として、、

「個人的には、<番号1:レターアドバイス業務>に興味があります。

 しかし、会社として考えた場合は、<番号2:セールスレターライター>で
 支払う金額を経費として、考えたほうが売上の計算などが簡単になりますね。
 
 商品の販売計画が立てやすいです。」

というNさんのご意見がありました。


また、100万というギャラに関しては、

「こういうビジネスって、
 ライターさんとのギャラ交渉って難しいとこありますよね。

 売り上げの○%を
 ギャラとしてとり続ける場合も聞きますので
 100万というと一見高いように思えますが
 やはり、良心的なのではないかと。

 やっぱり、山口さんだからってのが大きいですね^^
 信頼度高いですし。

 でも、山口さんだからっての抜きにしても、
 どちらも妥当(安い寄りの)な金額ではないでしょうか?

 請け負う側として当たり前かもしれませんが、

 『これだけ稼げるようになるまで面倒みてやる!』

 というのは、
 他力本願な自分にはほんっとうに嬉しいです(笑)」


というTさんのご意見のように「妥当である」という意見が多かったです。


ん?「他力本願な自分」…?

まあ、いただけるものをいただけたらいいんですけど。やりますけど(笑)。




<番号3:貴社のネットライティング担当>については、

ほとんどありませんでした。

1件だけ、

「<番号3:貴社のネットライティング担当>は、情報商材で個人でやっている
 なら、いいかもしれません。

 でも、物販なら無理ですね。
 
 4割も払うと事務所の経費や人件費が払えるのか。

 まぁ、必要経費を引いた純利益で分配することになるでしょうが
 他の社員が納得するのかなどの問題があるかもしれません。」

というNさんの意見がありました。


確かに。


物販までは想定してませんでした(汗)。


物販ですと、規模にもよると思いますが、
たぶん、僕1人で対処できる量ではありません。

基本、1to1でないと
僕のオファーは成立しないと思います。




個別にはこんな結果でしたが、

全体的には


「この3つは、今の私のスキルにはないものばかりなので、
『欲しい!』と思ってしまうサービスです(^^ゞ

 きっと、私のような方は沢山いると思うので、
 是非、次のお仕事としてがんばってください^^」


というYさんの意見に代表される

「ホンネはどれもほしい」というものがいくつかありました。


だからこそ、僕はやろうかなとしてるんですけども。




ああ、あと、お礼。


これ、書いてくれた方はほとんどいませんでした。


その一方で、

“一緒にビジネスしてください!” ^^

というお礼を求めたNさん。

ごめん、それは無理(笑)。




でも、ご回答くださったみなさん!

今すぐは無理ですが、
忘れた頃に、なんらかお礼しますので。


お楽しみに^^



調査のご協力、ありがとうございましたー。




<では、編集後記です>


いま、ICCのほかに、
集中的に取り組むべきお仕事があります。


そのために、おそらく今月〜4月までは
極端に配信頻度が下がると思います。


まあ、間に1回くらいは
状況報告はしたいなーと思っていますけれども。


報告できるとしたら、
たぶんあなたにとってもよい報告になるかもしれません。


どうぞお楽しみにー。




では、またその時期が来たら…。

最後までお読みいただきありがとうございましたー。





----------------------------------------------------------------------
 ■発行者 : 山口 貴志
 ■ご感想    : atsuize2005@ybb.ne.jp
 ■登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000185093.html
 ■発行システム : まぐまぐ http://www.mag2.com    ID:0000185093
 ●ご友人・知人の方への転送大歓迎です!!
  ただし各種コンテンツに転載する場合は事前にご連絡下さい。
 ●本メールマガジンは読者様それぞれの責任においてご利用ください。
  当メールにより生じる損害等について責任は負いません。
----------------------------------------------------------------------
     Copyright(C)2007 「atsuize2005」 All rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ