We are ニッポン!!

  • ¥0

    無料

日本人による日本人のための日本人のメルマガ。日々の時事ネタや社会情勢、日本代表のスポーツネタなどをマスコミとは違う視点で切り取る。毎週月曜の定期発行ですが、重大ニュース発生時は臨時増刊号を発行致します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
We are ニッポン!!
発行周期
週刊
最終発行日
2006年05月03日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000186529
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

----------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!【第9号】 不定期発行:2006/05/03号
発行: We are ニッポン!!事務局 http://wearenippon.jugem.jp/
----------------------------------------------------------------------

・・・・★★★◆◆◆◆◆ ニッポンに元気を!! ◆◆◆◆◆★★★・・・・

★★★ケータイの料金って高いと思いませんか?★★★
→ http://shopwalker.jp/ad/d.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■ 米軍移転問題 −最終報告の最終って何?
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■まともな議論が全く、そう全くなされていないのに米軍再編に関する最終報
告が日米で合意された。会談の出席者は日本側・麻生外相、敦賀防衛庁長官と
アメリカ側ライス国務長官、ラムズフェルド国防長官だ。通称「2プラス2」。
合意された”最終”報告は以下の通り。

 (1)米軍普天間基地の移設
 (2)米海兵隊のグアム移転
 (3)米陸軍第1軍団司令部の座間キャンプ移転
 (4)日米防衛協力のガイドライン見直し(内容は一切なし)
 (5)グアム移転費用の60.9億ドルは確定
 (6)計画が全て実現すれば沖縄に返還される土地は約1500ヘクタール

■ざっとこんな所だ。一応、「沖縄の負担軽減」が目的と謳われているが、や
はり軍事的にみてアメリカ政府によるアメリカ軍のための軍組織のフォーメー
ション変更だ。戦略的に”無駄”な駐屯を廃して、機動的に動ける拠点への集
約がその背景にある。私には「沖縄の負担軽減」のいうフレーズは日本からの
資金捻出のための方便にしか思えない。

■疑問なのは発表された合意内容だけではない。日本側は「最終報告」として
いるが、アメリカは「実施計画合意」であると主張している。ただでさえ、ロ
クに議論もしていないし、予算の裏づけもないのだ。最終報告の「最終」とい
う言葉すら違和感があるのに、アメリカは日本に確約しろと言っているのだ。
「最終報告」なら政府への報告に留めることができる。「まだ、確定ではない」
という官僚なりの知恵なのだろう。これって「ジャイアンがのび太に来年のお
年玉は俺に寄こせと約束を迫っている」ようなものだ。どちらがジャイアンで、
のび太が誰かは賢明な読者ならお分かりだろう。こんな様子だったらアメリカ
の50何番目かの州になった方が、余程意見が言えそうな気配すら漂う。

■もう一つのポイント。キャンプ座間ではアメリカ軍司令部と自衛隊が同居す
る。これは物理的な”お隣さん”としてでだけでなく、情報の共有化や一体化
した作戦行動を行える基盤作りが行われるという。いくらなんでも指揮系統を
アメリカに渡すほど日本政府は馬鹿ではないと思うが、力関係や実戦経験から
客観的に判断して、これは自衛隊がアメリカ軍に組み込まれるようなものだ。
憲法9条の制約があるため、同じアメリカの同盟国であるイギリスのように戦
争で完全な共同歩調を取る訳ではないが、後方支援など行えば銃は撃たずとも
戦争の一翼を担うことに変わりは無いのではないだろうか?

■総額3兆円とアメリカ側が発言した日本側費用負担については全く触れられ
ていない。これだけ巨額な出費が発生する可能性がありながら、内訳や予算捻
出が全く不透明という状況。その上、アメリカは”マスト”な実施計画合意と
迫る。なんだかアイフルの無法な取立てより、余程アクドイ気がする。軍需産
業の利権代表者ラムズフェルドに「そんなこたぁ、オマエさんに言われたかね
ぇよ!!」ぐらい麻生外相は言ってくれたんだろうか?

■ここは冷静にならねばならないが、国と国との外交においては屈辱的な内容
だ。本当に我々は主権のある国の国民なのか自問自答する必要がある。この軍
事同盟を対等なものとしなければならないのではないかと。


----------------------------------------------------------------------
■編集後記
敢えて最後はネタで終わらせたい。3兆円あるならガンダムでも開発した方が
マシだ(苦笑)。日本のオタクたちならやりきってしまいそうだ。ガンダムだ
ったらまだ笑えてるだけ幸せである。アメリカが「オマエの国守ってアゲルヨ」
と言ってきても、「あー、ウチはガンダムあるんで間に合ってます。」とか応
酬できる(笑)

----------------------------------------------------------------------
マガジン名: We are ニッポン!!
登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000186529.html
過去の記事: http://wearenippon.jugem.jp/
発行元 : We are ニッポン!!事務局
Powerd by : まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )
----------------------------------------------------------------------

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ