結婚・出産・キャリアのキラ星

  • ¥0

    無料

3年後の超ハッピーをゲットするためのメールマガジン。ステキな人と結婚して、子どもも産んでみたい。仕事でも輝きたい。そんな将来の幸せを実現するためのヒントを紹介します!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
結婚・出産・キャリアのキラ星
発行周期
不定期ですが本気で
最終発行日
2010年05月31日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000188100
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

*※*※*※*※*※*※*※**※*※*※2010年5月31日 No.42※*※
             COMO+(コモプラス)http://como-p.com
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
    子どもと一緒のキャリアを応援するメールマガジン   
   《結婚・出産・キャリアのキラ星》第42号 

   結婚して、子どもも産んでみたい。
   ママになっても、仕事で輝きたい。
   そんな将来の幸せを実現するためのヒントを紹介します!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
<目次>
【1】 ご挨拶
【2】 アラサー&アラフォー女子のバランス感覚
【3】 編集後記

━━━━━━☆★ご挨拶★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
男の子って本当に…バカです。
でも4歳児クラスに通う息子にそう言うと「バカって言った人がバカなんだ
から!」とマジギレします。
で、マジギレ含めて面白くってしょうがないのです。
この余裕(?)オーラみたいなものって、1人目のときはなかったし、数年
前も、自然に醸し出せなかったかも。「大変だぁ~」って育児していました。
でも振り返ってみると、しんどい時期すら、あっという間だったわけで…。

今の本当に子育てが楽しい時期、この人生の貴重であろう時間、ちゃんと満
喫しなくちゃですよね。まあ、今仕事が「大変だぁ~」すぎるので、子育て
がマシという比較のハナシかもしれませんが…。
とにかく、グレたて、「ババァ、飯!」とか言われるまで、必死で向き合い
ます。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

大人になって(自分では35歳以上だと思っている)好きになった、という
か意識するようになった言葉に、「中庸」というのがあります。

広辞苑には「過大と過小との両極の正しい中間の知見によって定めることで、
その結果、徳として卓越する」とあります。

よく分からんですね。

勝手に解釈しているのは、偏らないとか、全体を見回してバランスを考える
とか、中ぐらいという感覚に否定的にならないということでしょうか。

30代、40代の女性は、本当に幅が広いと思います。働いていたり、子ど
もがいたり、都会に住んでいたりっていうことで、どうしても情報や環境が
違ってきます。
そしていろんなグループになっている。
そんな風にどうしてもバラバラだから、「現代の男性社会に対抗できない」
というのが、私の考えです(なんかこう書くと、怖いオンナみたいですが、
やっぱりやっぱり男性社会すぎるもんね、日本)。

つまり、今後いろいろな女性支援を進めていくのであれば、「バラバラにな
らないこと、さらにいうと対立しないこと」も重要なことだと思っています。

ところで、私はいろいろな世界に首だけはつっ込ませてもらえる(仕事とかで
接するって意味を含む!)環境にいるのですが、その世界ごとに本当に素敵な
方々がいます。

○日本を動かすメディアで働くエリートな女性たち
○億単位の家に住む、セレブな専業ミセスたち
○教育熱心で家庭を守るサラリーマンの奥様たち
○のびのびと子どもを育てる明るいママ友達
○フルタイムで育児と仕事の両立の能率よくこなすデキル母軍団
○独身や子なしで仕事をバリバリこなすカッコいい女性
…とか。
みんな、とってもいい人なんです。

でも、それぞれが激しく「誤解しているなあ」感じる部分があるんです。

たとえば昨年。
とっても性格の良い専業ミセスのママたちと会話していて、あるキャリア女性
(子どもあり)の話題になりました。
その方、ちょっと(かなり)仕事に厳しい人で、ある事例を話したときでした。
以下、二人の専業ミセスの反応。

「怖い~。でも、そんな方でも結婚して子どもがいるのよねえ」
「なんでかしら? 結婚しているってことは、まともな方ってことよねえ」
「不思議よね。でもやっぱり働いている方って、怖いわ」
※ちなみに私は当時働いていませんでした

違いますよね。
結婚してなくても、とっても素敵な女性はいっぱいいます。
でも彼女たちの中では、結婚してない女性がまともじゃなく、働いている女
性は怖いってことなんです。

しつこいですが、この二人、とっても素敵な方々です。

そう、この感覚、悪意もなく結構フツーに蔓延しているのかもしれません。

一方で、仕事の現場では「専業主婦なんて、なんの役にも立たない」みたいな
発言をよく女性から聞き、よく気絶しています(注:脳内気絶)。

うーん。
子どもがいる、いないという関係も、子ども手当てがさらに関係悪化に追い込
むのでしょうか?

とにかく、いろんな区別(というより、差別に感じる)が、特にこの先のポジ
ションが確定しているアラフォーの女性の周りには顕著に存在しているんだな
あと感じるのでした。アラサーも予備軍です。

つまり日本女子社会にはこの村八分みたいな感覚があって、女性が一丸になれ
ないってこと?
そういえば女性は復職が難しかったり、賃金が低かったりするのは、「どうせ
責任持って仕事しないんでしょう」と思っているのは、女性のほうが多かった
りする?
または管理職や役員が圧倒的に少ないのも「子どもを産んで一人前」「子育て
もろくにしてないなんて女性失格」と思っている女性の意見がじつは多かった
りする?

そう、どちらも男性じゃなく、それ以上に女性から、そんな思いがひしめいて
いるような気が…、するかも(涙)。

そういえば男性同士って、そんなにグループ化しませんよね。
小学校4年生の娘の友人関係は、すでにガチッリグループになってますがね。

さて、そんな日本社会。
特に女性はマジョリティーに属すれば、楽に生きられるってことですよね。

楽に生きたいかどうかは別として、現在は共働き家庭がマジョリティーで、今
後も増加傾向にあります(ちなみに東京都は専業主婦が多かったはず。ガッチ
リ(?)稼げる夫が多いという理由から?)。

逆にいえば、その生き方が楽だから、みんなが選択しているのでしょうか?

ただ、どの世界に属しても、バランス感覚を失わなわず、相手の世界を理解す
る能力を大事にしたいと思っています。

━━━★☆編集後記☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

じつは「若い女性の将来を不安にさせ過ぎている」さんざん、ダメだしをこの
メルマガでしていたかもしれないAERAという雑誌で、月1ぐらいのペースで保
育園問題について連載しています。「お前がめっちゃ不安あおってるやんけ!」
と一人ツッコミ状態です。ちなみに次号は7月かな。
また「こんな人いないよねえ~」と突っ込んでいたファッション&美容に命を
かけるSTORYという女性誌でもライターを始めてみました。

ライター&エディター復帰として戦略的に視野を広げよう作戦だったのですが…。

脳の切り替えができず、ちょっと苦戦中です。中庸とかバランスとは、ちょっと
意味が違った? 慣れるのか、私?
待機児童問題について意見のあるの方、ファッション大好きのアラフォーママ、
情報ください(汗)。

*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※
≪発行元≫ メールマガジン発行サイト『コモプラス』
                         http://como-p.com 
サイト運営者および発行責任者:三宮千賀子
≪メールアドレス≫  san@como-p.com
≪メールマガジン購読の登録・変更・解除≫
 http://www.mag2.com/m/0000188100.html
≪無断転載について≫ 
このメルマガの内容の一部または全部を無断で複製、転載することを禁じます。
Copyright 2006 Chikako Sannomiya All rights reserved.

◆このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています◆
*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ