メイクアップ人生

  • ¥0

    無料

メイクに関する情報を惜しみなく配信しています。とにかくメイクが上手くなりたい女性の為のメルマガ。【著者/メイクスタジオ経営から芸能人・タレントのヘアメイクなど、幅広く活躍中のメイクアップアーティスト・寺長根愛(てらながねあい)】

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
メイクアップ人生
発行周期
火・木・土 週3回配信
最終発行日
2018年04月22日
 
発行部数
4,292部
メルマガID
0000189780
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ファッション・美容 > コスメ・香水 > メイク・化粧品

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

******************************


 メイクアップ人生  ■STORY#2002


******************************

このメルマガはメイクアップアーティスト寺長根愛が
メイクの情報をいろんな角度からお伝えするメイクマガジンです。

オフィシャルホームページ
http://ai-teranagane.jp

******************************

【12周年記念キャンペーン実施中!(4/30迄)】

年に一度の周年キャンペーン、オンラインストアにて開催中です。
私自身が一生使いたいと思うARAKESHI foundationも特価に。

そして、メルマガ読者様限定の特典も。
ご購入手続きの最後の方に出てくる「備考欄」に
合言葉をご記入ください。

☆忘れずに!→合言葉【祝12周年】

合言葉をご記入くださった方には、ささやかではございますが、
私からプレゼントを同封させて頂きます。
中身は皆違います。お楽しみに!

http://www.ai-teranagane.jp/onlinestore/

******************************

【店内取扱全商品20%オフセールDAY(4/29)】

札幌のスタジオでは、取扱全商品が20%オフにてお買い物ができる
お得なセールを不定期開催しております。

次回開催は、4月29日(日)10:00~17:00です!
ご予約は不要です。上記の時間帯でお越しくださいませ。

在庫限りとなりますので、早めのご来店をオススメ致します。
皆様のお越しをお待ちしております。

******************************





みなさん、こんばんは。

100%企画にお寄せ下さった皆様、誠にありがとうございます。
個別でのご返信もしております。
100%全員にご返信致しますので、
まだ届いていない方は、少々お待ち下さいね。



さて、今日は、そんな100%企画にお寄せくださったご質問を、
取り上げていきたいと思います。

ペンネーム:ヒツジンさんからのご質問です。




***


あい先生!
メルマガ2000号!おめでとうございます!

いつも皆が知りたい内容や、その時話題の内容を
一般peopleが聞いても分かりやすく書いて下さっていて
フムフムと思いながら楽しく読ませて頂いています。

先日の100%企画のメルマガに
「芸能人の方は皆さん肌が綺麗なのでしょうか?」
とありましたが、

メイクをする際、クライアント様に
赤いニキビやニキビ跡などの肌トラブルがあった時、
どのようにメイクされているのでしょうか?

コンシーラー等々で隠すとは思うのですが、何かコツはありますか?

実は、私も肌のトラブルが多く
赤いニキビ様が出来てしまったり。

いつもコンシーラーで部分を隠していますが
隠した境目が上手くいかなかったり
夕方浮いてきてしまったりと
厚塗りファンデーションもイヤですし
プロの方はどのようにされているかと思いまして!

宜しくお願いします。

***




それでは、お答えして参ります。


ヒツジンさん、いつもメルマガをお読みくださり、
誠にありがとうございます!

こうして読んでくださっている方がいるので、
継続できています。心から感謝です。



さて、ご質問にありました、
肌トラブルカバーについて、お話していきたいと思います。

中でも今日は「ニキビ・ニキビ跡」に重点を置いて、
お話していきましょう。


ニキビ・ニキビ跡の状態は様々です。
ですので、その状態に合わせたカバーを行う必要があります。




【白くて固い小さなポツポツニキビ】

これに関しては、コンシーラーを使うことは、ほぼありません。
これをカバーするために、
ファンデーションを厚塗りすることも、しません。

気をつけるべきは、フェイスパウダーをきちんと塗ること。
あまりパールなどが効きすぎたギラギラ系を使わず、
マットに仕上げて、ポツポツの凹凸を目立たせないことです。

もし、このようなポツポツが頬などにあった場合、
フェイスパウダーをきちんと乗せずにチークを塗ると、
このポツポツにチークが濃くついてしまい、
結果、ポツポツが目立つことになります。

フェイスパウダーが肝です。



【赤くて大きく腫れ上がったニキビ】

ジュクジュクしていなければ、メイクでカバーできます。
肌色のコンシーラーを使います。
ファンデーションよりも少し明るめを使いましょう。
当製品の中では「SHIMI make up concealer」が該当します。

リキッドファンデの場合は、リキッドファンデが先。
パウダーファンデの場合は、コンシーラーが先となります。

腫れ上がっているということは、
盛り上がりがあるということなので、
コンシーラーは指などでつけず、ブラシで丁寧につけます。

「丁寧に」です。

盛り上がりがある場合は、
塗ったあとに「馴染ませる」「ぼかす」という行為が難しくなるので、
ブラシで塗る際に、その時点で既に輪郭が目立たないように塗るのがオススメです。

盛り上がりがある場合は、
後から馴染ませる、ぼかす作業をすると、
どうしても隠したい赤みがまた「コンニチハ」しがちです。

やや手間はかかりますが、ここは「丁寧に」。
あとからぼかす作業をしなくても良いように、
ブラシで丁寧にカバーリングしていきましょう。



【赤みはあるけど、腫れていないニキビ】

盛り上がりのないニキビであれば、
シミカバーと同様の手法でカバーできます。

まずは、カバーしたい部分にコンシーラーをブラシで塗ります。
この時、カバーしたい部分よりも、
不必要に広げすぎないように気をつけて下さい。

カバーしたい部分だけに、乗せます。
量は多めに。つまり厚めに。

そして馴染ませるのですが、
コンシーラーを塗った輪郭をぼかすのではなく、
リキッドファンデーションを染み込ませたスポンジで、
ポンポン抑えながら、馴染ませていきます。

絶対にこすらない。
そして、叩かない。

おさえこんでいくような意識です。

「ぼかそう」という意識が働くと、
どうしてもこすってしまいがちですが、
こすらない。これ、大事です。



【色素だけが残ったニキビ跡】

赤っぽいニキビ跡、茶色っぽいニキビ跡、
どちらも上記と同じ方法でカバーできます。



【へこみが残ったニキビ跡】

これも基本的には上記と同じ方法で、
へこみによる影を目立たなくしていきます。

追加して気をつけるべき点は、
パール入りのフェイスパウダーを使わず、
マットタイプのフェイスパウダーを使うという点です。
(パール入りではなく、ラメ入りならOKです。)

♯パールとラメの違いはこちらをご参照下さい。
「フェイスパウダーの質感・ラメとパールの違い」
http://www.ai-teranagane.jp/logic/?p=2077



【じゅくじゅくしたニキビ】

問題は、これです。
ツユがでてしまっているような、
まだ乾いていないニキビや、
かさぶたを剥がしてしまった直後のような状態。

この状態だと、ファンデーションもコンシーラーも乗りません。
なので、乾くまで待たなければなりません。
状態が落ち着くことを優先するべきです。

それでも、なんとか、せめて今日だけはある程度カバーしたい!
今日は人生の大事な日なの!
そんな時は、以下の方法を試してみて下さい。


下地、ファンデーション・・・と、
いつもどおりベースメイクをしていったとしても、
そのジュクジュクした部分にだけは乗ってくれなくて、
そこだけポカッと穴があいてしまったかのごとく、
目立ってしまう状態になります。
その部分以外の周りの肌が綺麗になるから余計に。

でも、とりあえず、そのまま進めて下さい。

そして、フェイスパウダーの段階にきたら、
フェイスパウダーは、そのジュクジュクしたところにも、
しっかりと乗せて下さい。

粉分は、ジュクジュクした部分にも付着してくれます。

ただし、数分経つと、
その粉分にもジュクジュクが染み渡ってしまうので、
ポイントメイクをしている最中でも、
途中途中でそのジュクジュク部分に、
繰り返しフェイスパウダーを重ねて、蓋を閉めて下さい。

それを何度か繰り返しているうちに、
フルメイクが仕上がった頃には、
ジュクジュク感が落ち着き、
フェイスパウダーも密着してくれていると思います。
(人工的にかさぶたを形成したような感じです。)

ここで、ある程度、赤みがカバーされていれば良いのですが、
それでもまだカバーしたい!となったら、
その上からパウダーファンデーションを乗せましょう。
優しく、ブラシで。ちょん、ちょん、と。

ジュクジュクした部分には、
パウダー状のものをうまく使って、
ジュクジュク感を乾燥させながらカバーリングするという手法です。

ただし、先にも述べた通り、
「どうしても今日だけは!」という時の最終手段です。
あくまでも、このような状態の時は治癒を優先して下さい。







普段さほどニキビに悩まない方であっても、
「なぜ今日に限って・・・!!」
という経験がある方は多いと思います。

そんな時のためにも、ぜひ覚えておいて下さいね!




今日はここまで。



******************************

【 ビギナーズメイクレッスン2day’s 受講者募集中・札幌限定】

このレッスンでは私、寺長根愛も一緒にすっぴんになり、
基本の「き」からメイクレッスンを行います。
1名様でも受講可能です。(最大2名様まで)

・今まで一度もメイクをしたことが無いという方。
・子育てや仕事に追われ、メイクをしない期間が長くなり、
メイクの仕方を忘れてしまったという方。
・今しているメイクに納得がいかず、
もう一度、基本から習い直したいという方。

大事な大事な基礎の部分をレッスンしていきます。
必要なアイテムは教材として、
それぞれ皆さんに合った色を選んでお渡し致します。

「教材内容」(フルメイクに必要なセット)
ビギナーズメイクアップレッスン 教材一覧

□メイクアップベース 3780円
□ARAKESHIファンデーション 5400円
□コンシーラー1色 2160円
□フェイスパウダー 4320円
□アイライナーペンシル 2376円
□ビューラー 1080円
□マスカラ 3672円
□アイブロウペンシル 2808円
□アイカラー2色 3456円
□リップ1色 3024円
□チーク1色 1728円
□KAGEKESHI powder 2160円
□スポンジ 648円
□パフ 432円

受講料 69444円
※教材費(37044円)含む

■お申し込み方法
メール ai@ai-teranagane.jp 迄

お名前(1名様もしくは2名様)ご連絡先お電話番号
受講希望日を複数ご記入をお願いします。
※受講希望日は、4~5日程の候補を挙げて頂けるとスムーズです。
その中からスケジュールを合わせて、2日程を決定致します。
※所要時間 1名様でご受講の場合は1回約2時間半、
2名様でご受講の場合は1回約3時間となります。

・お支払いは初回受講日となります。(現金orクレジット)
・開催場所は Ai Teranagane make up studio となります。
 (札幌市中央区南2西6 大友ビル4階)


******************************

【 札幌にスタジオがございます 】

ご自分のお化粧品をご持参してのマンツーマンメイクレッスンや、
お出かけ前のヘアメイクも承っております。
詳しくはホームページをご覧ください。
http://ai-teranagane.jp

******************************

【 メイクアップアーティスト育成アカデミー随時開講中 】

当アカデミーは寺長根愛によるマンツーマン徹底指導。
短期集中型なので、転職を目指す社会人の方にもお勧めです。
初心者も経験者もOK。お問い合わせ、資料請求は下記まで。

ai@ai-teranagane.jp
011-251-2566

******************************
 ☆メイクで人生は変わる 女性としてうまれたことに誇りを☆
******************************

『 メイクアップ人生 』
発行元 Ai TERANAGANE make up studio
発行責任者 寺長根 愛

■オフィシャルホームページ
http://ai-teranagane.jp
■オンラインストア
http://www.ai-teranagane.jp/onlinestore/
■メッセージ・ご感想・メイクのお悩み・セミナー・出張依頼
info@ai-teranagane.jp
■Facebook page
https://www.facebook.com/AiTeranagane
https://www.facebook.com/ailogic.makeuplife/

****************************







































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ