「デスノート」考察ノート

  • ¥0

    無料

著者サイト

漫画「DEATH NOTE」についてのストーリーの分析、あるいは考察といったものをしていきます。連載も終わり、単行本も全巻が出揃った今、「DEATH NOTE」全体を通した考察を進めています。

   

メールマガジン最新号

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 「デスノート」考察ノート             ★ ★★ ★★★ ┃
┃                                 ┃
┃                  考察5 2007年4月23日 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
----------------------------------------------------------------------

考察5 魅上による代弁者殺し

----------------------------------------------------------------------

ニアvs夜神月の対決において、夜神月はついに敗れる。その敗因は、魅上照の
行動にあった。その日まで決して出してはならなかった本物のノートを、魅上
が出してしまったことで、夜神月の計画がすべて崩れてしまったからである。
しかし夜神月にとって、計算外とも言える魅上のこの行動は、果たして本当に
予測できないものであったのだろうか。

かつて魅上は、夜神月の命令を待たずに勝手な行動をしたことが1度だけある。

それは、出目川殺しである。当時キラの代弁者でもあった出目川は、キラと連
絡が取れなくなった時点からキラ王国の建設を始めるなど、勝手な行動をしは
じめていた。そのとき魅上は、キラ(神)が出目川に指示を出せない状態である
ことを察し、キラ(神)の命令を待たずに出目川を殺す。

魅上のこの行動は、その時の月の思惑と一致していたために、完全に看過され
ているが、実はこの行動が、魅上が後に起こす行動の伏線にもなっている。

それが、高田誘拐時にとった魅上の行動であった。メロによる高田の誘拐とい
う状況において、魅上は、神(夜神月)ならば高田を始末するだろうと判断する。
この判断自体は間違っていなかったが、問題は、見張られて身動きがとれない
神(夜神月)に代わって、自分が殺さなければならないと考えた点である。現に
魅上が行動を起こしたことで、ニアは偽のノートの可能性に気付き、夜神月の
計画は全て破綻してしまう。

魅上照による高田殺しの行動。それは突発的に見えつつも、実は魅上がかつて
起こした出目川殺しという形において、すでに予告されていた行動でもあった
のだ。

----------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                          ★ ★★ ★★★ ┃
┃【発行者】F                           ┃
┃【E-mail】f_191079@infoseek.jp                  ┃
┃【Home Page】 http://deathnote.kagennotuki.com/          ┃
┃【解除・変更】http://www.mag2.com/m/0000191079.htm        ┃
┃                                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
「デスノート」考察ノート
発行周期
不定期
最終発行日
2007年04月23日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000191079
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > まんが・アニメ > まんが

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ