毎朝5分で資金を2倍にする超シンプルFX投資術

  • ¥0

    無料

毎朝5分!簡単なルールのFX投資で年利100%。シンちゃんが相場観、投資手法、FXの基礎知識、業者ランキングをお伝えしていきます。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
毎朝5分で資金を2倍にする超シンプルFX投資術
発行周期
不定期(週に数回!?)
最終発行日
2009年06月13日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000192669
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > FX・外国為替

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

申し訳ございません。

リンク表示が間違っていました。


お世話になります。

簡単FX投資研究会代表山本伸介です。



本日は投資で結果を出すために重要なポイントをご案内したいと思います。


あなたは投資の手法を考える時、何をポイントに選びますか?

「え、そんなのどれだけの結果(利益)を出してきたのかじゃないの?」

そんな声が聞こえてきそうです。


もちろん、結果の出ないトレードなどやる意味がないので、ごもっともなご
意見だと思います。

では、単に多くの利益が出ていればいいのでしょうか?

これは残念ながら違います。


トレードの手法を考える場合、当然利益が出る可能性が高いことは最低条件
となりますが、その他にも多くの要素を考えなければいけません。


・最大ドローダウン
・投資を行う時間
・資金量に見合った手法なのか
・自分の知識・分析力で対応できるか


様々な要素があると思います。

こういった条件を満たして、初めて、あなたにとって有効な投資手法と言え
るのではないでしょうか。


今日は、一つのご提案があります。

朝5分の時間で行え、
最大ドローダウンも限定的であり、
20万円程度から始められる。
そして、ある人がこれほど簡単なシステムトレードは見たことがないという
ほどシンプルなシステムトレードで

過去2年間の実績で6000pips以上の利益を生み出した手法のご案内です。
http://kantanfx.com/03/

やっと完成しました。
インスタントFX[ポンド円版」です。
http://kantanfx.com/03/

ある方にご指摘されました。

ドル円の3倍の利益を出していても、損が大きかったら意味がないと・・

このご指摘ごもっともです。

確かに、値動きの大きいポンド円です。
最大ドローダウンの値は「ドル円」より大きいです。

しかし、もし利益が3倍取れているのに、最大ドローダウンは2倍以下だっ
としたならば・・・・

その答えはこちらに書いてあります。
http://kantanfx.com/03/
ぜひ一度ご確認ください。


もし、ご不明な点等ございましたら下記までお尋ねください。
info@kantanfx.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【サイト】 http://kantanfx.com/01/

【発 行】 株式会社SYコンサルティング
          代表取締役 山本 伸介

【連 絡】 info@kantanfx.com

【住 所】 美濃加茂市太田町441−23


【ブログ】http://kantanfx.livedoor.biz/


【解除はこちら】 http://www.mag2.com/m/0000192669.html

     ※ 解除は上記URLからご自身でお願いします ※


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ