彼女がネットストーカーになった理由(わけ)

  • ¥0

    無料

最近見つけた素敵なメル友。彼女はアメリカ在住の日本人。「英会話の勉強ができるかも」とワクワク。ところが彼女は世にも厄介なネットストーカーに大変身。被害者は他にもいた。メル友に気を付けろ!実話を基にした警鐘セミドキュメンタリー。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
彼女がネットストーカーになった理由(わけ)
発行周期
不定期
最終発行日
2008年03月03日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000192734
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
インターネット・パソコン > インターネット > セキュリティ・ネットワーク

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テレビ霊能者を斬る メディアとスピリチュアルの蜜月
(ソフトバンク新書 57)小池 靖
価格:¥ 735(定価:¥ 735)
http://www.amazon.co.jp/dp/4797344598/ref=nosim/?tag=netstoker-22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
      彼女がネットストーカーになった理由(わけ)
    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
           NO.8 2008/ 3/ 3

 ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
  メル友募集で見つけた、素敵なメル友。
 彼女はアメリカ在住の日本人。「英会話の勉強もできるかも」なんてワクワク。
ところがちょっとした感情の行き違いから、彼女は世にも厄介なネットストー
カーに変身。なんと、彼女の被害に遭ったのは一人だけじゃなかった?!
 実際に起こった話を元にしたセミドキュメンタリー。
 メル友に気をつけろ! ネット時代の警鐘メルマガ。
 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 ちょっと情緒不安定気味だった2月を抜けて、3月に入った途端に気分的にも
 なんとなく春めいて良いことがありそうな予感。
 予感が当たってくれればいいんですが(笑)
 
 ところで、今回は「ネットストーカーCal 関連HP」内にアップした新しい
 ページのお知らせです。

 『国内の主なネットトラブル・名誉毀損事件など一覧』
   http://ok-curry.hp.infoseek.co.jp/net-jiken1.htm

 上記をアップしました。

 改めて過去の事件を整理してみようと思ったきっかけは、2月29日の
 『らあめん花月・日本平和神軍事件』の無罪判決の報道でした。

 『らあめん花月・日本平和神軍事件』というのは、ラーメン店などをチェーン展開
 している会社「グロービート・ジャパン」が「日本平和神軍」と密接な関係がある
 としてネット告発している「平和神軍観察会」というウェブサイトを運営する個人
 を、同社が名誉毀損と営業妨害で訴えた事件です。

(以下「東京新聞」記事より)
 名誉棄損の罪に問われた会社員橋爪研吾被告(36)の判決公判が二十九日、
 東京地裁で開かれた。波床昌則裁判長は「ネットの個人利用者に要求される
 程度の情報収集をした上で書き込んだ。直ちに名誉棄損罪に問うことは相当
 でない」として、無罪(求刑罰金三十万円)を言い渡した。
 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008030190070727.html

(以下「弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS−BLOG版」より)
 市民はマスコミのようにお金も力もありません。当然そこで発信される表現は、
 マスコミのように金をかけた取材力とは到底異なるものです。従来の名誉毀損
 基準では、市民の批判的表現は、ことごとく名誉毀損となりかねません。
 それでは表現の自由は死滅してしまいます。

 判決は、この市民の置かれた現状に真摯に向き合い、そして表現の自由の重要性
 に理解を示したもので、画期的な判決です。
 http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/

 それらの記事を読みながら、「ネットストーカーCal 関連HP」のことを考えて
 いました。
 果たして、訴えられる可能性はないのか?と。

 「ネットストーカーCal 関連HP」に記載されていることは、Calが実際作った
 サイトや実際に書き込んだ文章などを整理して、転記しています(虚偽や偽造で
 はありません)

 被害状況に関しては、Calが書き込んだ内容を確認するために、実際に相手に会い、
 直接聞いた事を記載。

 改めてCalにも話を聞きに行きましたが(LAまでも)、最初の電話では本人である
 ことを認めながら、2回目以降の電話では偽名を使い、あげく「警察を呼ぶ」
 などと取材依頼から逃げまくりました。(いつも「真実を自分で調べろ」と書き
 まくっているのに、なぜ逃げるのでしょう?)

 直接会って話を聞いた被害者以外にも、いろいろとCalのせいで人生を狂わされた
 被害者の話は聞いていますが、伝聞だけの話は「ネットストーカーCal 関連HP」
 には掲載しないようにしています。

 個人情報に関してはある程度分かっていますが、それも特定できないように、
 それなりに気を遣って書いています。

 訴えられる心配はない、とは思うものの、厳密に言えば、もしかしたら、
 「ネットストーカーCal 関連HP」にいくつかの問題点はあるかもしれません。

 しかし、訴えられたら、それはその時・・・受けて立つ覚悟ですから。
 Calの件に詳しい弁護士氏がいらっしゃるので、大丈夫でしょう(笑)

 数年前、初めてお目にかかって、被害者達の状況を話した時、弁護士氏は
 「“田中三郎”のような人物ですね」とおっしゃられた。

 “田中三郎”って?
 帰宅してすぐ、ネットで調べたら口座を作るのを断られたことを根に持って
 「反富士銀行の会」というのを作り異常と思えるような抗議サイトを運営している
 人でした。
 “田中三郎”は2006年に「悪徳商法?マニアックス」管理人beyond氏から
 個人情報を公開しプライバシーを侵害したとして提訴され、2007年beyond氏が
 勝訴。“田中三郎には880万円の損害賠償が求められました。

 ━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
良心をもたない人たち―25人に1人という恐怖  マーサ スタウト
              価格:¥ 1,470(定価:¥ 1,470)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4794214723/ref=nosim/?tag=netstoker-22
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

 今回、ネット事件をまとめてみて、改めて思いました。
 多くの人が名誉毀損やプライバシーの侵害と闘ってきている。
 なのに、Calの被害者達は私生活も社会生活も掻き回されながら、なぜ提訴しな
 かったんだろう?と。

 誰もが警察や弁護士に相談しながら、結局は「相手は異常者だから、相手にする
 な」と言われて、ネット上で何を書かれても、仕事関連にどんな誹謗中傷文書を
 撒かれても「見ざる、聞かざる、反論せざる」でじっと我慢してきたのです。

 その頃のCalは、まるで横暴な狂犬と同じ。なんでそんなに他人に吠えまくるのか、
 その理由を静かに穏やかに聞こうと思っても、自分が一方的に敵とみなした人間
 には見境なく噛み付く。

 その頃から数年経ち、今、彼女は特定の小さな檻(掲示板)の中で半分妄想に
 浸りながら(以前と比べると)静かにしています。
 時々、檻を抜け出してはネット上のルールを無視して他人を不愉快にさせることも
 ある。
 その掲示板の管理人が、全てを知った上でそんなCalをそこに常駐させているので
 あれば、私は別に何も言う気はないし、必要以上に妄想を突付いて刺激する気も
 ない。

 しかし、だからといって「ネットストーカーCal 関連HP」を閉ざすつもりは
 ありません。
 ネット社会では第二、第三のCalが出現して来る可能性は十分あります。
 Calが過去に行った違法行為の数々を読んで「ネット上には、こんなひどい人間が
 いるのか」そして「もし、こんな人間に攻撃されたら、自分はどうするか?」を
 考えていただくだけでも、存在意味はあると思うからです。

 もし、私の個人情報がCalに知られて、ネット上で一方的な誹謗中傷、プライバシー
 の侵害をされたら?

 もちろん、法に訴え、徹底的に闘います。

 前述のCalに関して相談した弁護士氏によると、相手が国外にいたとしても訴える
 ことは可能だとのこと。

 皆さんも、被害者の立場に立たされたら、どうか泣き寝入りしないで・・・(了)



 最後になりましたが、なかなか、当メルマガの本来のテーマである
 セミドキュメンタリーが再開できずに恐縮ですが、メルマガのテーマだけは
 脱線していないつもりですので、このままお付き合いのほど、
 どうぞよろしくお願いいたします。

  □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    ■発行者 小谷 極美(こたき きわみ)
    ■発行日 不定期
    ■ご意見・情報などは下記へ
     メール kiwami_kotaki@yahoo.co.jp
 HP:http://ok-curry.hp.infoseek.co.jp/kanojyo_wake1.htm
  Copyright(C) 2006 Kiwami Kotaki All Rights Reserved.
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  ━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ炎上 ~Web2.0時代のリスクとチャンス  伊地知 晋一
価格:¥ 1,260(定価:¥ 1,260)
http://www.amazon.co.jp/dp/4756149014/ref=nosim/?tag=netstoker-22
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ