豊田市自然観察の森メールマガジン

  • ¥0

    無料

豊田市自然観察の森の自然情報やニュースなどをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
豊田市自然観察の森メールマガジン
発行周期
月刊
最終発行日
2018年06月03日
 
発行部数
240部
メルマガID
0000192989
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 東海

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

豊田市自然観察の森メールマガジン
6月 第141号  2018.6.3発行

***◆◇◆***

6月1日に配信しましたメールマガジンに訂正箇所がありましたので、
再度配信いたします。申し訳ございません。 

***◆◇◆***

≪もくじ≫
1.森のイベント情報
2.今月の自然観どころ情報
3.森からのお知らせ
4.あとがき ~レンジャーのつぶやき~

***◆◇◆***

★ 1.森のイベント情報

△▼森先案内人あべまきの会▼△

●あべまきの会と森あるき●
森先案内人あべまきの会のメンバーが皆様を森へご案内いたします。
6月のテーマ「 初夏の森は、生き物たちが大忙し! 」
 
・日時:毎週水曜日 10:00~12:00
    および第3土曜日 13:00~15:00 今月は16日です。
・定員:なし
・申込み:当日ネイチャーセンターにて直接受付
・参加費:無料(保険には加入しません)
 ※小雨決行

----------------------------

△▼とよた自然わくわくクラブ▼△

●森あそび●
とよた自然わくわくクラブは里山での遊びを通じて
自然を愛する子どもたちが育つことを願っています。
7月の森あそび「 竹テッポウ作り 」は、竹でできたテッポウを作ります。
   
・日時:7月1日(日) 10:00~12:00
・定員:30名
・申込み:6月21日から電話にて受付 先着順
・参加費:3歳以上100円

----------------------------

△▼森と本を楽しむ会 ねっこぼっこ▼△

●森のおはなし会●
 森と本を楽しむ会 ねっこぼっこのメンバーが絵本の読み聞かせや工作をします。

6月のテーマ「 ねっこぼっこ5周年記念 」
5周年記念スペシャル、森のコンサートとおはなし会です。
・日時:6月2日(土) 14:00~15:30
・定員:なし
・申込み:当日ネイチャーセンターにて直接受付
・参加費:無料

7月のテーマ「 夏をまつ森 」
 森のおはなし会です。
・日時:7月7日(土) 14:00~15:00
・定員:なし
・申込み:当日ネイチャーセンターにて直接受付
・参加費:無料

----------------------------

☆★観察会のお知らせ★☆
 
●矢並湿地自由観察の日(1)(2) ●
「 (1) 矢並湿地で初夏の草花を観察しよう (2) 矢並湿地でトンボや草花を観察しよう 」 
・日時:6月9日(土)、6月24日(日) 10:00~13:00
6月9日は、10:00~11:00に「豊田植物友の会」による解説があります。
・定員:なし 自由に出入り、観察できます
・申込み:不要
※雨天中止
※豊田植物友の会による解説は、当日先着20名

●上高湿地観察会(1)●
「 小学生の案内で、トウカイコモウセンゴケ等を観察します 」 
・日時:6月20日(水) 9:30~12:00
・講師:上鷹見小学校児童
・定員:25名
・申込み:6月10日から電話にて受付、先着順
・参加費:200円
※雨天6月22日順延

●カメ博士とため池観察●
「 カメ博士とため池の生物多様性を考えよう 」 
・日時:6月23日(土) 9:30~11:30
・講師:矢部 隆氏
・定員:20名
・申込み:6月13日から電話にて受付、先着順
・参加費:100円
※5歳以上対象

●ヘイケボタルを見に行こう● 4回開催します
「 夜の森を歩いてヘイケボタルを探しに行きます 」 
・日時:パート1 6月23日(土) 19:30~20:30
    パート2 6月24日(日) 19:30~20:30
    パート3 6月30日(土) 19:30~20:30
    パート4 7月 1日(日) 19:30~20:30  
・講師:自然観察の森レンジャー
・定員:各日30名
・申込み: 6月8日までに往復はがき必着、抽選 ※希望日を必ずお書きください。
・参加費:100円
※5歳(年長相当)以上対象
※中学生以下は保護者同伴
※雨天中止

☆ハガキでのお申込み方法☆
  往復ハガキの往信裏面に
   ・ご希望の観察会名
   ・代表者の郵便番号、住所、氏名、電話番号
   ・参加者全員の氏名および年齢(学年)
  返信宛名面に
   ・郵便番号、住所、氏名
  をお書きの上、豊田市自然観察の森へお送りください。
   (宛先の住所はメールの末尾をご覧ください)
----------------------------

♪★お知らせ★♪

○第9回田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト
地域交流会in愛知(豊田市)「サシバのすめる水田作り」
・日時:6月17日(日)  
第一部 田んぼめぐり(現地)10:00~12:00
第二部 地域交流会 13:00~17:00
・内容
第一部 田んぼめぐり(現地)
 カエルの谷と矢並湿地で湿地環境と活動内容の実際の解説
 講師:川島 賢治(豊田市自然観察の森 所長)
第二部 地域交流会「田んぼの10年プロジェクトが結ぶサシバと人の未来」
1.基調講演「田んぼの10年プロジェクトの紹介とサシバが冬を越す
フィリピンの水田」 呉地 正行氏(ラムサール・ネットワーク日本 共同代表)
2.地域からの報告
3.パネルディスカッション
・定員:第一部 20名
    第二部 100名
・申込み:6月10日締切 先着順 下記WEB申込みフォームへ
    https://goo.gl/Zrwwi4
・集合:第一部 豊田市自然観察の森ネイチャーセンター前
    第二部 豊田市自然観察の森ネイチャーセンター研修室
・参加費:無料

○上遠恵子氏講演会「今こそセンス・オブ・ワンダーを」
 レイチェル・カーソンの名著『センス・オブ・ワンダー』翻訳者による講演会です。
・日時:6月24日(日) 13:30~15:30
・講師:上遠 恵子氏
・定員:80名
・申込み:6月5日から電話又は直接受付にて、先着順
・参加費:1000円
※高校生以上対象

★ 2.今月の自然観どころ情報
●野鳥●
  森の中ではキビタキやセンダイムシクイなどの夏鳥のさえずりで賑わっています。
 サンコウチョウやホトトギスのさえずりもところどころで聞こえてきます。鳴き声を
 頼りに森を歩いてみてはいかがですか。森の中では巣立った幼鳥もよく見られる時期
 です。見かけたら、そっと見守ってあげてください。

 ●植物●
  森の中ではヤブムラサキやムラサキシキブの紫色の花、ヤブニッケイの淡黄緑色の花
 が見られます。これらの花は、小花ですので、じっくり葉の辺りを観察してみてくだ
 さい。また、クリの花も咲かせ始めます。クリの花は尾状花序(びじょうかじょ)で、
 動物の尾のような形をしています。
  
 ●昆虫●
  森の中の葉をじっと観察してみるとナナフシモドキが木の枝に擬態している姿が見ら
 れることがあります。コクワガタやスジクワガタ、ケシキスイの仲間などのコウチュ
 ウが樹液を求めて集まっています。オオスズメバチなどハチの仲間も見られますので、
 観察する際は十分お気をつけください。

 ●その他●
  コガネグモの仲間を見る機会が多くなり始めます。コガネグモの仲間は、似ています
 ので、図書コーナーで調べてから、森の中の散策へ出かけるのもおもしろいと思いま
 す。また、ヘビの姿をよく見るようになりました。ヤマカガシ、マムシは毒がありま
 す。観察路から外れない、ヘビに出会ったら近づかないで静かに離れてください。

★ 3.森からのお知らせ

○野生動物にご注意ください○
 開館時間中の観察路で、イノシシの目撃情報が複数寄せられました。
 もしも見かけた際は近寄ったりせず、静かにその場を離れてください。

○水筒をお持ちください○
 水分補給のための水筒をお忘れなく。

○ハチやヘビ、ダニなど危険な生き物にご注意ください○
 森の中を歩くときは長袖・長ズボン・帽子を着用してください。
 ハチに襲われやすい黒っぽい服装は避けてください。

○足元にご注意ください○
 雨などで濡れた木道やデッキは滑りやすくなっています。転倒にご注意ください。
 トンボの湿地、シダの谷、ネイチャーセンター周辺では、足元にじゅうぶんご注意の上
で、散策を楽しんでください。

○落枝にご注意ください○
 風がある日の散策は、枯枝の落下にご注意ください。

○通行止めのお知らせ○
 谷の交差点-1から谷の交差点-3を通行止めにしています。
 危険ですので立ち入らないでください。

○通行止め解除のお知らせ○
 サワガニの交差点からウバユリの交差点が通れるようになりました。
 
----------------------------

☆★豊田市自然観察の森 ガイドブック★☆
豊田市自然観察の森ガイドブック「森の仲間に会いに行こう!」
豊田市自然観察の森とその周辺地域の紹介、自然観察の手引き、
生き物図鑑が、A5サイズ、174ページでコンパクトにまとまっています。
オールカラーで、見ているだけで出かけたくなる一冊です。
ネイチャーセンターにて一冊500円で販売しております。
見本もありますのでどうぞお気軽にお声掛けください。

----------------------------

★ 4.あとがき ~レンジャーのつぶやき~

みなさま、はじめまして。4月より豊田市自然観察の森の新人のレンジャーとして勤務
しております石川史佳と申します。今月号からメルマガを担当させていただきます。
北の雪国、北海道から参りました。5月の気温が高い日を経験し、早速北海道の暑さ
との違いを感じました。まだまだ未熟なレンジャーではありますが、月に一度、観察
の森の旬な自然情報をお届けしていきます。これからよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・日本野鳥の会 野鳥を楽しむポータルサイト BIRDFAN
 http://www.birdfan.net/
・公益財団法人 日本野鳥の会
 http://www.wbsj.org/
========================================================
・豊田市自然観察の森ブログ
http://www.wbsj.org/wbsj-blog/toyota/
・豊田市自然観察の森インスタグラム
https://www.instagram.com/toyotakansatu/?hl=ja
・豊田市自然観察の森ツイッター @toyotakansatu
https://twitter.com/toyotakansatu
・豊田市自然観察の森フェイスブック
http://www.facebook.com/pages/豊田市自然観察の森/226205650739439
========================================================
・豊田市自然観察の森
〒471-0005 愛知県豊田市東山町4丁目1206番地1
TEL 0565-88-1310
FAX 0565-88-1311
e-mail toyota@wbsj.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★♪☆♪★

お申し込みいただいた方全員に
日本野鳥の会・会誌「野鳥」をプレゼント!
日本野鳥の会の活動を会員の方に紹介する会誌『野鳥』を
無料で1冊お届けします。
「日本野鳥の会って、どんな団体なの?」とお考えの方に
ぜひ読んでいただきたい会誌です。

詳しくはこちらから
⇒ http://www.wbsj.org/nyukai/personal/campaign.html?ref=mag

★♪☆♪★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【豊田市自然観察の森メールマガジン】
発行:(公財)日本野鳥の会 施設運営支援室 豊田市自然観察の森
編集人:石川 史佳
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

・メールマガジンへのご意見、お問合せはこちら
 toyota@wbsj.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
豊田市自然観察の森メールマガジンに掲載された記事を
許可なく転載することを禁じます。
Copyright:(C) 2018 WBSJ All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎豊田市自然観察の森メールマガジンの
バックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000192989/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ