想いの書き記し

  • ¥0

    無料

言葉の旅人こと池田の日々感じたことを詩にしてお送りしてます巧く購読者が増えたら、本にしたいなぁ…夢はおっきく歴史に名を残そう!!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
想いの書き記し
発行周期
不定期
最終発行日
2009年01月15日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000193382
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 詩

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

どうもどうもです
言葉の旅人 池田です

メルマガの登録解除はこちら
http://www.mag2.com/m/0000193382.html

-重要-
無断で転載及び複写は禁止です
詩も写真も著作権対象物となっております
著作権は著作者にあります
------

あなたも詩に触れ合いませんか?
私のホームページでは私が撮影した写真を掲載しています
基本的には携帯サイズです。
URLはこちら
http://ttol.web.fc2.com/index.html
ホームページ名は『言葉の旅人』です
どぞ!よろしくm(__)m

何気に本音や思うことなども書いている私のブログ
URLはこちら
http://travelerlanguage.blog.shinobi.jp/
ブログタイトルは「ほぼ週刊 旅の人」です
小説なども載せていますので
こちらも。どぞ!よろしくm(__)m

では本日の詩をどうぞ〜

-酌み明かす-
友と行き
友と語りし
日々の垢(あか)
語り明かして
未来を憂う
2009/01/01
池田修一

-朝陽に告げて-
日を跨ぎ
朝陽を迎え
願う顔
口にせぬまま
口は微笑む
2009/01/02
池田修一

-イライラ-
言うことを
利かぬ体を
宥めてる
苛立ち消えぬ
隠す空しさ
2009/01/03
池田修一

-故郷-
注して笑み
注されて笑んで
酒通う
通わす言葉
訛り(なまり)懐かし
2009/01/04
池田修一

-胸の穴-
会えたのは
暇(いとま)の間
胸が空く(すく)
それでも送る
穴のままでも
2009/01/05
池田修一

-陽光滴る(したたる)-
集う雲
寄り添いつつも
空を見せ
赤い光を
胸に注いで
2009/01/06
池田修一

-胸を張って-
ささやかな
汚れくらいが調度いい
一点の曇りもない
そんな最期なんて
少し物足りないぐらい

瞳を閉じれば夢の中
生きてたすべては瞼の裏に
記憶が私に語りかける
今の私に昔の私が
向かうはずの場所
たどり着いた場所
迷子のままの今の私に

足りなくて
届かなくて
それでも精一杯
失敗だらけ
少ない感触
それでも
胸を張れればいい

曇りが味に変わる
一点物の私のこの道
二物は無くても
届かなくても
空を仰ぎ見て笑えれば
次に行っても
また思い出せるから
2009/01/07
池田修一

-陽追い人-
笑顔を夜空に注ぎつつ
旅路で渡る雲の島
光りを追って
西へ往く
風に逆らい
雲を渡って
2009/01/08
池田修一

-年が分かつモノ-
あいつらは
何処に行ったのだろう
先も夢も見えなくても
時間に迫られて
慌てふためき
浮き足だって

あいつらは
何処に行ったのだろう
先に明かり見えなくても
期待に迫られて
落ち着けなくて
浮き足だって

私はここにいる
お前らが何処に行こうと
忘れるはずのこの場所で
待つわけでも
追うわけでもなく
ひたすら
今を生きるために
2009/01/09
池田修一

-暇潰し-
空白に
彩り緩く
染め合わせ
時持て余し
嘆き届かず
2009/01/10
池田修一

-十五夜-
夜道往く
肌を刺す風
追いつつも
笑顔照らされ
時を忘れる
2009/01/11
池田修一

-二人-
頬伝う
涙を嫌い
抱きついて
封じた思い
零れる心

受け止めて
素直に語り
手を握る
力無くとも
思いは通う

泣くことも
語り合うのも
二人事
一人でいても
二人でいても

喧嘩をしても
あなたと共に
2009/01/12
池田修一

-言葉を声に-
言葉違えど
意味通じずとも
伝えたい思いは
胸にあって溢れゆく

意味を込めて
思いを込めて
声に表し誰かの耳に
届いて欲しいと願いながら
2009/01/13
池田修一

-思慕の姿-
見えない言葉
言葉の数だけ
迷いを連れて
私を誘う

心を求め迷子の私
手探り続ける心と共に
見えない姿を追い求め
見えないくせに姿を作る

あなたを探す
見えない姿を
あなたを探す
心の姿を

探し疲れても
探し求める
あなたの心
あなたの姿
夢をみつめて
夢を求めて
2009/01/14
池田修一
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ