秋葉原特許バトル(特許の世界の歩き方)

  • ¥0

    無料

著者サイト

特許、商標登録等の知的財産に関する情報提供メルマガです。商標登録のポイント、発明を巡る特許権侵害訴訟、ライセンス交渉、特許戦略、特許マップ等の最新の考え方を提供していきます。知財の勝ち組に入りたい方はご一緒にどうぞ。  

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

★ 秋葉原特許バトル(特許の世界の歩き方)[81号]★

 独立開業してからの苦労話をあれこれ伝えます

                2015年1月4日(月)発行


■ 新春のお喜びを申し上げます

こんにちは。ひろぽんです。
金なし、コネなし、顧客なしで知的財産の世界で独立してから、
かれこれ12年目に入ります。

今年も、気になる情報を本音モードであなたにこれから伝えていきます。


■ 東京五輪ロゴ疑惑は何が問題だったか?(1)

昨年、東京五輪ロゴの盗作疑惑問題が世間を賑わせました。

東京五輪のために作成され、お披露目されたロゴマークが、
他のデザイナーの作品に似ている点が問題になったわけです。

最終的には東京五輪ロゴは撤回される結果になりましたが、
そもそも法律上、何が問題であったか整理したいと思います。

「他人のロゴマークを無断でパクってはダメだろう」、
というのが多くの方々の素直な気持でしょう。

ただ、何をもってパクったと言えるのか、
法律的にどこまでがセーフで、どこからがアウトなのか、
いまいち分かりにくい、というのが実情であると思います。

今回はデザイン関係の仕事に携わる方々に向けて、
法律がどうなっているか、何回かに分けて解説していきます。


■ 法律に触れなければよいか?

東京五輪ロゴの盗作疑惑問題に入る前に、法律の前提事項について説明します。

ここで「ある行為」が問題になったとします。

その行為は、法律に違反しなければ、特に問題なくセーフになるのでしょうか。

この点については・・・

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

そんなことはないです(きっぱり!)。


法律が適用される前に、
社会的な規範の適用があります。


例えば、A君がある行為をしようとしていたことに
B君が気づいた、とします。

B君がA君に対して、
「そんなことしちゃ、ダメだよ。」、と、
言ったとします。

その時点でA君が、
「・・・ああ、その通りだよね。私はどうかしていた。」、
といってその行為を中止すれば、
そもそもA君の行動が問題となることはありません。

結果として、
A君がするかもしれなかった問題行動は
実際には生じなかったわけですから、
法律論まで話が進むことはありません。


上記の場合のB君の声が、社会的規範である、と思ってください。

B君は、親しい友人の場合もありますし、
第三者の場合もあります。

B君は実在の人物の場合もありますし、
逆に実在の人物ではなく、内なるご自身の心の声の場合だってあります。

私たちの行動は、

法律によって直接制御されているのではなく、
「B君の声」によって間接的に制御されています。

「B君の声」が聞こえなかったり、
「B君の声」は聞こえているのだけれども、
その声を振り切って行動したりしたときに、
その行動が法律に違反することになる場合がある、ということです。

通常はいきなり法律の罰則規定が適用されることはないです。

我々の行動が直接、法律によって制御されていたとしたら、
例えば、銭湯で世間話をしていただけで、
警察に身柄を拘束される、ということが実際に起こり得ます。

こういうことが21世紀の日本で実際にあったら困ります。

こういうことが起こらないように、
通常我々は、「B君の声」に耳を傾けます。

ところが「B君の声」を介さずに、
直接法律が我々の行動を制御する場合があります。

それは・・・

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓


・・・そんな法律があるとは知らなかった場合、です。

本当にそんな法律があるとは知らなかった。
そんな法律があると知っていたなら、そんな行為はしなかった、
と、いくら言い訳したとしても、
お巡りさんが全く聞いてくれない場合があります。

だ・か・ら、我々は法律を勉強しておく必要があります。

我々が行動できる内側と、我々が行動できない外側との境界を
はっきりと認識して、

より自由に今後我々が行動できるようにするためです。



=======================

★ ダイヤモンド社から、好評発売中です。
『社長、商標登録はお済みですか?』
  ↓   ↓
http://tinyurl.com/cq63vu5


=======================
■ まぐまぐで殿堂入りしました♪

特許、商標などの知的財産のメルマガ「秋葉原特許バトル」が
まぐまぐで殿堂入りとなりました。

こちらから確認してみてくださいね♪
 ↓   ↓
http://www.mag2.com/m/0000193650.html

=================================

■ 編集:ひろぽん

■ 発行:平野 泰弘

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-14-2
第2カワイビル3階
電話03-6667-0247

■ 商標登録
http://riskzero.fareastpatent.com/
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
秋葉原特許バトル(特許の世界の歩き方)
発行周期
隔週刊
最終発行日
2016年01月04日
 
発行部数
8,154部
メルマガID
0000193650
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 法務・特許

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ