欧州小国の知恵

  • ¥0

    無料

欧州の小国で世界一豊かな国の謎に迫るブログ。欧州の小国ルクセンブルグが、なぜ世界一豊かな国になったのか。その秘密を探るとともに、ルクスとベルギーなど近隣国の観光案内特に最新のイベント案内、割引切符、 一味違った旅行先についても取り上げてみます。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
欧州小国の知恵
発行周期
不定期
最終発行日
2018年01月13日
 
発行部数
242部
メルマガID
0000194376
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

第437回 バカンス博

ルクセンブルクは、新年を迎えて、洪水で始まりましたが、中旬になって、
曇り空が続いています。最近は日本への往復航空券が値下がりして500ユー
ロほどで里帰りできるようになり、外国居住者にとっては、日本に行きやす
くなりました。年末年始の繁忙期でも、日にちによっては、550ユーロほど
で購入できるようになったのには驚きです。
ところで、ルクセンブルクでは、1月は夏のバカンスを計画する時期で、1月
12日から14日まで、市内の博覧会場でバカンス博が開催されています。入場
料は5ユーロですが、ほかの博覧会のように無料入場券が大量に配布されてい
ますので、有料で入場する人は限らています。旅行代理店で手に入るほか、
ネットでもルクスツアーサイトで手に入ります。
https://www.luxairtours.lu/sites/default/files/LEXPO_Entree-Gratuite_Caisse_Vakanz_2018_Luxair_FR.PDF

2017年の日本への訪日客が過去最高の2869万人を記録しましたが、最近は、日
本国内のどこの観光地に行っても外国人を目にするようになりました。海外の
サイトでもインスタばえする風景やベスト観光地に日本が選ばれることが増え
ています。次のサイトでは東京ディズニーランドが取り上げられています。
http://www.lessentiel.lu/fr/hi_tech/story/Voici-les-lieux-les-plus-instagrames-en-2017-12501091

CNNが選んだ2018年に訪れるべき18の場所には、日本から唯一、長野県が
選ばれています。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180113-OYT1T50023.html?from=ytop_main2

また、ルクセンブルクの無料紙サイトでのバカンス博紹介記事では、夢のバカン
ス先として、シベリア横断鉄道、ニュージーランド、ペルー、ハワイとともに日
本が挙げられています。バカンス博では、日本人経営の旅行代理店が出展してい
て、日本を紹介しています。
http://www.lessentiel.lu/fr/luxembourg/story/Les-destinations-de-voyage-2018-a-decouvrir-17066082

さらに、1月号の無料女性誌Femmesでは、例年1月号は結婚特集で、夢のハネムーン
先トップ5にモルディブ、ケニア、スリランカ、カナダ北部ともに日本が取り上げ
られています。
欧州の小国ルクセンブルクでも、日本がバカンス先して、取り上げられ機会が増え
てきています。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ