ひまのない会計人のために情報を集めます

  • ¥0

    無料

忙しくて会計士協会やASBJの情報をチェックするひまのない会計人のためのメルマガです。無駄な広告等はありません。ご購読者の方は、常識的な範囲で、ウェブサイトへの転載等を行っていただいても結構です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ひまのない会計人のために情報を集めます
発行周期
新たなニュースがある都度発行します。
最終発行日
2017年06月15日
 
発行部数
1,326部
メルマガID
0000194776
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ひまのない会計人のために情報を集めます 2017/6/15

 サイト http://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/

━━━━━ 注目情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正(案)」等の公表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ:税効果

企業会計基準委員会は、
「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正(案)」と
「税効果会計に係る会計基準の適用指針(案)」を、
2017年6月6日に公表しました。

会計基準一部改正案は、
企業会計審議会による現行会計基準を一部改正するもので、
基準自体は移管しません。

適用指針案は、日本公認会計士協会の実務指針を見直しして移管するものです。

「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(案)」
(適用指針第26号の改正案)と
「中間財務諸表等における税効果会計に関する適用指針(案)」
(協会実務指針を移管して新設)も
併せて公表されています。

<ニュースソース>

企業会計基準委員会ホームページ
https://www.asb.or.jp/jp/accounting_standards/exposure_draft/y2017/2017-0606.html

<コメント>

会計基準一部改正案は、表示と注記事項の見直しです。

1.表示

○繰延税金資産は投資その他の資産の区分に、
繰延税金負債は固定負債の区分に表示することに変更

2.注記事項(繰越欠損金の税効果に関する開示の追加が多い)

○評価性引当額の合計額を、
税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額と
将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額に区分して記載
(税務上の繰越欠損金の額が重要であるとき)

○評価性引当額(合計額)に重要な変動が生じている場合、
当該変動の主な内容を記載

○税務上の繰越欠損金に関する数値情報として、繰越期限別に次の数値を記載

・税務上の繰越欠損金の額に税率を乗じた額
(発生原因別の注記に記載されている額)
・税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額
・税務上の繰越欠損金に係る繰延税金資産の額

○税務上の繰越欠損金に係る重要な繰延税金資産を
回収可能と判断した主な理由を記載

○連結財務諸表を作成している場合、
個別財務諸表における税効果会計に関する注記事項については、
評価性引当額の内訳に関する数値情報のみを追加

税効果適用指針案と回収可能性適用指針案における見直しは以下のとおり。

1.個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い

○親会社又は投資会社がその投資の売却等を当該会社自身で決めることができ、
かつ、予測可能な将来の期間に、その売却等を行う意思がない場合を除き、
繰延税金負債を計上する取扱いに見直す

2.(分類 1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い

○「(分類 1)に該当する企業においては、原則として、繰延税金資産の全額
について回収可能性があるものとする。」と「原則として、」を追加

そのほか、未実現損益の消去に係る税効果会計については、
繰延法継続を提案しており、その可否を意見募集の質問で問うています。

2018年(平成30年) 4 月1日以後開始する年度の期首から適用です。
表示と注記に関する改正は、早期適用可です。

また、表示と注記の改正に関しては、表示方法の変更として扱われ、
過年度分は組替となります。

会計処理の改正に関しては、会計基準等の改正に伴う会計方針の変更
として扱われ、新たな会計方針を過去のすべての期間に遡及適用します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会計ニュース・コレクターの関連記事

「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正(案)」等の公表
http://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/10875.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:小石川経理研究所(公認会計士が作る企業会計のページ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ