Japan-Africa Youth Letters

  • ¥0

    無料

『Japan-Africa Youth Letters』は、2006年1月に発足した日本アフリカユースネットワーク(ジャイン:JAYN)が発行するメルマガです。日本とアフリカのユースの発信するアフリカ体験談やイベント情報などを発信していきます。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
Japan-Africa Youth Letters
発行周期
月2回
最終発行日
2006年10月02日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000195165
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > アフリカ・中東

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■   2006/10/02 ■□■□□■□□■
□■                             ■□■
□■ 【Japan-Afica Youth Letters 創刊号 】      ■□■
■□                
□■□
□■□            
□■□
■□■□■ JAYN:http://jayn.client.jp/   ■□■□■


☆---☆ 目次 ☆----------☆----------☆----------☆----------☆----------☆


1.日本アフリカユース新聞 創刊号発行(10月中旬)
2.アフリカのおはなし@大阪
3.日本ケニア会議 報告会案内
4.アフリカを知ろうブログの紹介 ケニアを知るブログ「Twende Kenya」
☆----------☆----------☆----------☆----------☆----------☆----------☆

【1.日本アフリカユース新聞 創刊号発行(10月中旬)】

・アフリカ関連ユース6団体の紹介
・アフリカの方からのインタビュー
・アフリカ関連ユースイベントの紹介
などなど盛りだくさんの内容です。

配布先などは、次号のメルマガでお知らせします。 
        *  *  *  *  *  *  *


【2.アフリカのおはなし@大阪】

〜音楽あり!体験談あり!アフリカを感じよう!〜


日時:10月21日(土)・10月29日(日)
    いずれも14時から16時頃まで

場所:箕面市国際交流協会(21日)
地図→ http://www.mafga.or.jp/
    森之宮大阪市立中央青年センター(29日)
地図→ http://www.itac.gr.jp/juku/map9.html

この夏アフリカに行ってきた学生団体がアフリカのお話を繰り広げます!
「アフリカって、遠いっていうイメージがあるけどどんなところ?」
「支援が必要とされているって聞くけど身近に感じられない…」
まずは知るところから、音楽と一緒に、アフリカを感じてみませんか?

****************************
第一部  リンガ・ザ・ンビラバンド
http://www.geocities.jp/mbira_band_ringa/index/index.htm
 Ringa the Mbira Bandは2005年、に結成されました。
その目的は、一番に自分たちがmbiraの音楽を楽しむこと。
第二にジンバブエの文化と現状を理解すること。
第三に貧困に苦しむジンバブエの人々を援助すること。です。 
“Ringa”というのは、このバンドの松平勇二が
2005年2月から3月にかけて滞在した村の名前です。 

第二部  トゥマイニ・ニュンバーニ
http://www.geocities.jp/tumaini_gaidai/
  TUMAINI NYUMBANI(トゥマイニ.ニュンバーニ)、スワヒリ語で
      “希望を我が家に”
という意味です。HIVに感染してしまった、ケニアの女性、子供達の、
「希望をもって生きたい!」という願いから、この活動は2003年に
生まれました。アクセサリーや工芸品作りを通して、精神的なケアを
するとともに、製作品の販売を通して、経済的な自立を支援するのが目的です。

第三部 日本ケニア学生会議
http://www.geocities.jp/jkscjp/index.htm
私達、日本ケニア学生会議(Japan Kenya Student Conference)は
日本とアフリカの架け橋を目指し、日本及びケニア中の大学からメンバーが
集まる学生団体です。社会的な利害関係から比較的自由な大学生
という立場を生かし、両国そして各学生の知識を持ち寄った上で、
各期のテーマに基づいた諸問題について討論し、その成果を社会に
還元する事を目的としています。

*****************************

参加資格:中学生以上なら誰でも参加可能です

参加費無料:無料!!

主催:Tumaini Nyumbaniイベント部門
共催:日本ケニア学生会議、リンガ・ザ・ンビラバンド、JAYN


<お問い合わせ・参加申し込み>
以下のメールアドレスに名前とご希望の日にちをご記入の上、参加申し込みの旨をお伝えください。お願いいたします。
tumaini-nyumbani@hotmail.co.jp 
(責任者:角川千鶴) 代表:長谷川尚美



【3.日本ケニア会議 報告会案内】

『学生が見た、感じた、議論した ケニアの姿、伝えます』(10/15 東京)


関西・関東合わせて10名がこの夏、ケニアに行って、
ケニアの学生と2週間の対話と交流を行ってきました。
そこで、見たこと、感じたこと、議論したきたことなど
学生の目線で「ケニアの姿」を伝えます。


●開催日時;10月15日(日)18時-21時
●場所;国立オリンピック記念青少年総合センター (センター練)409
●内容;スライドやパワーポイントを見ながら、ケニアで感じたこと、見たもの、
議論したことを話します。
●主催団体;日本ケニア学生会議
●受付・問い合わせ先;日本ケニア学生会議 (責任者:野々瀬 香織)
090-7582-3696 / jkscjp@yahoo.co.jp
● 参加費;無料
●URL;http://www.japan-kenya.org



『ケニア写真展 〜ケニアに心奪われて〜』(仮)(11月、大阪)
●開催日時&場所:11月4日(土)、5日(日)@大阪女学院大学

            11月24日(金)-26日(日)@大阪外国語大学

●内容:ケニアの人、風景、動物・・・心に残るケニアの写真展

●主催団体:日本ケニア学生会議

●受付・問い合わせ先:日本ケニア学生会議 (責任者:小山郷)080-5342-2834/
jkscjp@yahoo.co.jp

●参加費:無料

●URL:http://www.japan-kenya.org




 
        *  *  *  *  *  *  *

【4.アフリカを知ろうブログの紹介 ケニアを知るブログ「Twende Kenya」】

今年6月に始まったブログ「Twende Kenya」もとうとう2巡目になり、今回は「アフリ

カを感じた日本人が見る日本、アフリカ人から見る日本」というテーマで展開中です。



 → http://blog.goo.ne.jp/kenya_japan



**【Japan-Afica Youth Letters:発行元】****************
□ JAYN(日本アフリカユースネットワーク) http://jayn.client.jp/
□ 発行者:JAYN関西代表   小山 郷(大阪外国語大学)
□ 編集者:JAYN関西広報担当 腰田裕子(大阪女学院大学)
□ 問い合わせ:jaynkns@yahoo.co.jp
□ 発行頻度:月2回〔毎月第1、3月曜日〕 

【変更・配信停止 希望の方はこちらから】
http://jayn.client.jp/   

************************************

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ