日本玩具博物館ニューズレター

  • ¥0

    無料

日本玩具博物館(兵庫県姫路市)は、日本を中心に世界150ヶ国9万点の多彩な玩具や人形を収蔵しています。6棟の建物内では、常設展のほか年7~8回の企画展・特別展を開催しています。わが国を代表する玩具博物館の資料の中から、興味深い資料を毎月1点取り上げ、ご紹介しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日本玩具博物館ニューズレター
発行周期
月刊
最終発行日
2017年08月01日
 
発行部数
218部
メルマガID
0000196092
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 美術館・ギャラリー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

       日本玩具博物館ニューズレター136号
                    (2017年8月号)

 暑中御見舞い申し上げます。
 厳しい暑さが続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。
 現在、当館1号館では、全国各地の日本の祭りにちなんだおもちゃを一堂に
会した展示を開催中です。展示品の中には、既に廃絶して今では地元でも見ら
れない昭和初期の貴重な資料もあり、見どころたっぷりです。
 なお、1号館の一部のコーナーは、現在は「夏の祭りのおもちゃと灯籠玩具」
の展示ですが、9月21日(木)からは「獅子頭のおもちゃ」に入れ替わります。
 館外展示の「TOY&DOLL COLLECTION」(神戸市・KIITO)でも、夏休み期間中、
「夏休みおもしろおもちゃづくり」を実施しています。小学生を対象に5日(土)
「牛乳パックの水車ボート」、12日(土)「牛乳パックの風車小屋」、26日(土)
「御来迎」を身近な材料で作ります。お申込みは当館まで。
 夏休みには子どもたちと一緒に時を忘れ、いろんな玩具と触れ合い、お楽し
みください。
                           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 目 次


 今月のおもちゃ…カエルとセミ
         (インドネシア/1990年代・中国/1980年代) 

 館長室から…企画展「日本の祭りのおもちゃ」が好評です         
       http://www.japan-toy-museum.org/new_director.htm   


 学芸室から…楽器の音・おもちゃの音
       http://www.japan-toy-museum.org/new_gakugeisitu.htm    

 
 KIITO便り…7月の「TOY & DOLL COLLECTION」 
       http://www.japan-toy-museum.org/kiitoletter2017.html


 夏休みおもしろおもちゃづくり…会場:KIITO(神戸市)
 http://www.japan-toy-museum.org/kiitoworkshop201707_08.html


 館外展のお知らせ…姫路市立水族館 企画展「金魚始めました」
          <7月15日(土)~9月3日(日)>
          青森県弘前市の「金魚ねぷた」など金魚をモチーフにし
          た地域のおもちゃも展示。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
             カエルとセミ
     (インドネシア/1990年代・中国/1980年代)
        
     http://www.japan-toy-museum.org/news.html


  「カエル」や「セミ」は、棒を手にセミやカエルを振り回すと、ゲロゲロゲ
ロ…♪、ジィージィージィー…♪とそれぞれに本物そっくりの音が響く発音玩具
(鳴り物)です。棒先に塗られた松脂(まつやに)に紐がこすれて発する小さな音
が「糸電話」のごとく紐を伝わり、セミやカエル型に作られた共鳴器によって拡
声される仕組みです。
 欧米においては19世紀の発明玩具とされ、ダン・ビアード著『アメリカ少年の
ための手引き』には、ローカスト・シンガー(Locust singer/セミ鳴き)の名で
この玩具の作り方が紹介されています。缶の底に開けた穴に馬の毛を1本通し、
振りまわして音を立てるもので、1800年代末には、アメリカ合衆国の子どもた
ちにこれが知られていたことがわかります。
 ブラジルでは、ウィーンウィーン…♪と鳴る音を「機械」になぞらえるとい
い、同じ仕組みの鳴り物の聞きなし方や呼び名には、民族性や地域性が表れるよ
うです。
 現在、6号館で開催中の夏・秋の特別展『世界の民族楽器と音の出るおもちゃ』
の“振りまわす玩具”のコーナーでは、世界各地の同属玩具をご紹介しています。
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本玩具博物館利用案内

開館  午前10時~午後5時

休館  水曜日(祝日は開館)、年末年始(12月28日~1月2日)

入館料 大人600円 学生400円 こども200円
    (団体20名以上は2割引となります)

交通  JR播但線香呂駅から徒歩15分
     播但連絡道路船津ランプから車で西へ約5分

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元のホームページ: http://www.japan-toy-museum.org
メール配信解除:http://www.japan-toy-museum.org/news.html
発行: 日本玩具博物館 
 
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
発行しています。 http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000196092)
まぐまぐメールマガジン解除 http://www.kaijo.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ