M&Mジャーナル

  • ¥0

    無料

音楽販売業における業績向上のヒント。最新ショップ情報や音楽トレンド情報を現場マーケターの視点から船井総合研究所(船井総研)コンサルタントが発信。レコード・CD・DVD販売店オーナー・店長向け。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
M&Mジャーナル
発行周期
毎週月・水・金曜日
最終発行日
2006年07月19日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000196098
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 レコード・CD・DVDショップ経営者向け 
 『M&M(ミュージック&マーケティング)ジャーナル』 
                   
                   vol.0022
                                
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちわ。船井総合研究所の山口貴史(タカフミ)で
 す。提供内容はスグに実践できる、誰でもできるをモットーに、
 店舗活性化に役立つネタ(すぐに実践できる)を配信します。
 
 今回はブランディングについての発信をします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 『ブランディングの大きな間違い』【マーケティング】


 
 イメージがヒト・モノ・カネ・情報の次の企業資産とされる流
 れが定着しつつあります。イメージだけでは売上を伸ばすこと
 はできませんが、これがないと売上が附いて来ないことも事実
 です。
 
 ではイメージを醸成する手法はどの様なものでしょうか?それ
 が今回発信するブランディングです。一般的にブランディング
 はイメージの作成、つまりロゴマークやメディア露出と直結す
 るような認識を持たれがちですが、これは大きな間違いです。

 ロゴ等は企業の表現を収束したツールでしかありません。ブラ
 ンディングの根幹にあるものは事業のドメインをどう醸成する
 か?どうシフトするか?にあります。

 ブランディングの成功例としてベネッセがよく取り上げられる
 ことがあります。ベネッセといえば教育、特に受験というテー
 マに強みを置いている企業です。でもそのテーマに強みを置い
 ていたのは、あくまで全身の福武書店時代までです。

 彼らは受験というテーマから裾野を広げるように『教育』とい
 う大きなテーマへドメインをシフトしていったのです。そこで
 生まれた商品が「たまごクラブ」、「ひよこクラブ」等です。

 このようなドメインの変更に従って、企業のイメージ表現ツー
 ルとしてベネッセと商号を変更したのです。以下、ベネッセに
 ついよりウイキペディアより抜粋。
 
 <社名の「ベネッセ」(Benesse)は、ラテン語の bene (よい、
 <正しい)と esse (生きる、暮らす)を組み合わせた造語で
 <ある。1991年4月、第2次 CI 計画のなかで、企業理念として
 <発表され、1995年4月には社名として制定された。 「一人ひと
 <りが主体的に人生を切り開いていくことを「教育・語学・生活・
 <福祉」の分野でお手伝いする会社になろうという決意」を表し
 <たものと説明される。

 イメージの醸成は、先ずドメインの醸成やシフトから、本メルマ
 ガで度々言っていますが、「○○に強い店」を作るということは
 ドメインの醸成を行っていることと同義です。売上を伸ばすこと
 は勿論のこと、それと一貫したブランディングの手始めになるの
 です。

 ブランディングのはじめの第一歩。提案コーナーを充実させてく
 ださい。



 ベネッセコーポレーション http://www.benesse.co.jp/
 
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【無料経営相談のご案内】

 1 レコード店の運営に関するご相談
 2 レコード店の新規開業に関するご相談
 3 レコード店のリニューアル、改装に関するご相談
 4 MD構成変更に関するご相談
 5 組織、人事についてのご相談
 6 会員組織等のCRMに関するご相談
 7 新規CI計画等ブランディングに関するご相談

   メディア販売にまつわる事を中心に経営相談を随時受付中
   です。必ず、御社名、担当者を明記の下記アドレスまでご
   連絡下さい。
   
   山口 貴史 yamaguchi-takafumi@funaisoken.co.jp

   船井総合研究所 第一経営支援部
   直通 06−6377−4146

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【筆者プロフィール】

  山口 貴史(ヤマグチ タカフミ)
 
  同志社大学卒業後、大日本印刷株式会社に入社。同社にてブ
  ランド戦略やFSP等のCRM戦略の企画を担当した後、株
  式会社船井総合研究所に入社。

  小売業における広告宣伝、販売促進戦略策定に強みを置く。
  情報メディアが多くなった現在だからこそ、デジタルとアナ
  ログ、マスとパーソナルの有機的な融合こそが広告宣伝、販
  売促進戦略成功の秘訣と提言。

  即時業績向上と永年企業作りのミクスチャーをモットーに、
  直に使える販売促進計画からブランディング計画までを手掛
  ける。
 
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  発 行 元 株式会社船井総合研究所 
        (http://www.funaisoken.co.jp/)
        
        大阪市北区豊崎4−12−10

  Copyright (C) 2006 Funai Consulting Co., Ltd.
  All Rights Reserved

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  配信先情報(含個人情報)は、情報を適切に更新し使用して
  おります。 今後、本メールの購読を希望されない場合は、大
  変お手数ながら下記 ページにて配信停止の手続きを行なって
  ください。
  
  ↓↓↓
  
  http://www.funaisoken.co.jp/magazine/magazine_distribut_del/MG230.html

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ★このメールマガジン転送はOKですが、掲載された記事の内
  容を許可なく転載することはご遠慮ください。問い合わせく
  ださい。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ