超初心者の株式投資ココロ構え

  • ¥0

    無料

投資暦20年の経験を活かした株式投資のココロ構え。いまさら聞けない株式投資の基礎・用語。初心者からの質問も随時、受付中♪株初心者向きのメルマガを2名で発信中!バックナンバーは本サイトにあります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
超初心者の株式投資ココロ構え
発行周期
不定期
最終発行日
2016年02月04日
 
発行部数
972部
メルマガID
0000196190
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 初心者向け

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

***********************************************************

「超初心者の株式投資ココロ構え」 其の126

***********************************************************

テーマ:知っておきたいコト

1.マイナス金利とは?

2.編集後記

-----------------------------------------------------------

今回は知っておきたいコトとして

「マイナス金利」

に関するご説明です。

-----------------------------------------------------------


□■□ マイナス金利とは? □■□


通常、銀行にお金を預けると、預金金利によりお金が増えます。
逆に銀行からお金を借りると、金利を上乗せして支払う必要があります。



マイナス金利とは、上記の事が「逆」になります。


つまり、

⇒ 銀行にお金を預けると、金利をとられお金が減ります。
⇒ 銀行からお金を借りると、金利がもらえるようになります。


ちなみに、

今回の日銀が発表したマイナス金利は「日銀にお金を預けている銀行」が対象です。
お金を預けている「個人の預金」が減るわけではありませんので安心して下さい。



□■□ マイナス金利になるとどうなる? □■□


銀行はこれまで、余っているお金を日銀に預けて金利をもらっていました。
(金融機関全体で約250兆円を預けて、年2,000億円の利息をもらっていた)


ところが、マイナス金利になると、上記で説明した通り
お金を日銀に預けても損をしてしまいます。


そこで、余っているお金を積極的に、「企業に融資」したり「投資に回して」
利益を得ようとします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日銀はこのような効果を狙って マイナス金利を導入しています。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


私たち個人への恩恵としては、住宅ローンの金利が低くなることが挙げられます。

ただでさえ、ココ数年は超低金利で住宅ローンを借りられていましたが、
さらに金利が低くなる事が予想されます。

住宅ローンをこれからご利用の方、または数年前に住宅ローンを借りている方は
ローンの見直しをする事により、金利分の支払が安く済むと思いますので、
是非 見直してみて下さい。



□■□ 個人への影響は? □■□


マイナス金利は個人口座は対象になりません。
従って、個人の預金が減る事はありません。


ただし!


銀行の収益が減る可能性が大きいので、
民間銀行では預金金利の引下げを次々に発表しています。(過去 最低水準)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

・りそな銀行

2~4年物 年0.04% ⇒ 0.025%に引き下げ
5年物 年0.05% ⇒ 0.025%に引き下げ。


・ソニー銀行

普通預金金利0.02% ⇒ 0.001%へ引き下げ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


従って、これまでも預金金利では利息が期待出来ませんでしたが、
これからは更に預金金利は期待出来なくなります。


(参考)かんたん計算(複利)
http://kabusyo.com/sikumi/kabu32.html



□■□ 物価は上がり、預金金利は下がる □■□



これからは「物価が上がり、預金金利は下がる」状況になっています。

つまり、お金を銀行に預けているだけでは物価の上昇に資産が対応出来ません。


一昔前の、おじいちゃん世代の銀行の預金金利は高く、お金を銀行にさえ
預けていれば、将来の資産を形成することが出来ました。


が、

残念ながら現代の超低金利時代では、預金だけで将来の資産を形成することは出来ません。

(参考)預金金利は低金利の時代
http://kabusyo.com/sikumi/kourei02_tyokin.html



個人でも資産を運用する必要性(必然性)が高くなっています。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★ 100万円を銀行に預けた際の預金金利

・りそな銀行 ⇒ 預金金利は 250円(預金金利 0.025%)
・ソニー   ⇒ 預金金利は 10円(預金金利 0.001%)


★ 100万円を投資に回した際の複利で得られる利益

・ 複利 2%  ⇒  2万円
・ 複利 5%  ⇒  5万円
・ 複利 10% ⇒ 10万円
・ 複利 20% ⇒ 20万円

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


(参考)株式の複利と銀行預金との比較
http://kabusyo.com/sikumi/kabu31.html



「株が大好き」 管理人 「renbajinharuhi」さんが執筆しているメルマガには
大変参考になる記事が多いので、そちらも参考にしてみて下さい。 

投資暦28年のココロ構え一覧
http://kabusyo.net/renbajin/index.html


------------------------------------------------------------

管理人のメイン証券会社
これからインターネット取引するならマネックス証券

■自動売却システム「逆指値」で下落時によるリスク管理もラクラク
■夜間取引可能のマネックスナイターはサラリーマンの強い味方
■IPOは完全公平抽選で当選しやすい!管理人は過去15度も当選しています。
■口座開設費用は無料。下記にて詳しい情報が見れます。

マネックス証券の詳しい仕組み
http://kabusyo.com/trade/trade2m.html

便利な「逆指値」の仕組み
http://tinyurl.com/eoqxh

------------------------------------------------------------


□■□ 編集後記 □■□


日銀がマイナス金利を導入したことにより、銀行の収益力は低下します。


そこで、銀行に預金をすることで預金を管理する「口座維持手数料」の
導入を検討している銀行があるという記事が日経新聞に出ました。

(新聞で名指しをされた銀行は記事を否定)



あながち、ない事もないのが「口座維持手数料」です。


実際に、ネット専業の銀行である「ジャパンネット銀行」では2012年まで
月額料金180円を徴収していました。
(預け資産等、一定の条件により無料になってました)


銀行にとっても、低下する収益力をどこかで取り戻す必要があります。


個人の預金をマイナス金利にするとなると、預金者はいなくなりそうですが、
口座維持手数料という名目だと、預金者も仕方なく納得しそうです。


銀行の役割は、

一昔前は・・・資産を増やすためにお金を預けていた(預金金利が高かった!)
現在は・・・・資産を預けているだけ(ほとんど預金金利はつかない)
将来は・・・・仕方なく資産を預ける(預金が減る可能性も出てくる)


と、変わりつつあります。


上記でも書きましたが、将来の資産を形成していくためには、
金融商品等への投資により、リスクをとって資産を形成していく必要がありそうです。


------------------------------------------------------------

株式投資の問題集を作成してみました。

ご自身の理解度や知識度のチェックに是非一度チャレンジして
みて下さい (  ̄∇ ̄)
http://kabusyo.com/study/index.php

------------------------------------------------------------

初心者の方の投資に対する質問やメルマガへのご感想は
下記の掲示板にて受けています。お気軽にどうぞ♪


発行者 :パズー
本サイト:初心者の株式投資道場
URL   :http://kabusyo.com/

発行者 :renbajinharuhi
本サイト:株が大好き
URL   :http://renbajin.blog.so-net.ne.jp/

質問・ご感想掲示板 :http://kabusyo.info/

------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ