ジャイロエクスプレス[大木ヒロシの経営塾]

  • ¥0

    無料

日本全国の商工会議所など年間400回以上の講演やスーパーマーケットのコンサルティングなど多数のコンサルティング実績を誇るジャイロ流通研究所が、元気な街、元気な会社、元気なあなたを作る経営のコツを伝授します!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ジャイロエクスプレス[大木ヒロシの経営塾]
発行周期
週刊
最終発行日
2006年05月24日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000196593
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

┌─┬─┬─┬─┬─┐      2006.05.24 vol.001
│J│A│I│R│O│    
├─┼─┼─┼─┼─┼─┬─┐
│E│X│P│R│E│S│S│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘    http://www.jairo.co.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ジャイロからのメッセージ コンサルティング事業部長 西村伸郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      
「今回から、ジャイロ流通研究所のメルマガは内容を一新して、「営業強化書」
と銘打って、企業の根幹である売上を増やすための営業力を強化するあらゆる
情報を提供します。売上が立たなければ、どんなに元気な企業も立ち行きません。
ぜひ一読し、自社の参考にしていただきたい。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●第1回 「給料は誰がくれますか?」

  「給料は誰がくれるのか?」と問われて、「社長や会社」だというのでは
ちょっとお話にならない。支給の形態ではなく、給料の源泉は何か?という話しである。
会社や社長がどんなにか金を持っていても払う一方ではやがて資金は
底をつくことになってしまう。

少し気の効いた営業員・販売員なら誰でも「給料はお客が支払ってくれる売上の
中から得られる」と考えている。すなわち「給料はお客がくれる」ということになる。  
しかし、この答えも質問の本質から見ると正解とは言い難い。この場合、
お客の立場にたって考えてみると分かる気がする。

例えば、「あなたに給料をあげたくて買う」というお客が1人でもいるだろうか。
あなた自身、「営業員や販売員に給料をあげたくて買い物した!」ということが
いっぺんでもあるだろうか。

お客からすれば「あなたに給料をあげたい」などとは決して思ってはいない。
なのに、営業員・販売員のあなたが「給料はお客がくれる」と考えていたら、
お客と営業員・販売員の考え方はまるで逆ということになってしまう。

お客との意識の違いに気づくことも無いまま営業員・販売員そして経営者までの多くの人が
「給料はお客がくれるはずなに、最近はくれなくなった。それはきっと
お客が不景気のせいではないか」と思っているとしたら打つ手は無くなり、残るのは単なる
景気回復頼みと神頼みしか無いということになる。

お客の思いを無視して一方的に「給料はお客がくれる」などと言う非常識が常識のように
会社に蔓延していれば業績なんか上がるはずも無い。


●給料は自分が自分にくれている

給料や待遇に対する不満をお客のせいにしてもなんら解決はしない。
要は自分がいかにお客に働きかけ、その働きかけがお客をしていかに行動せしめたかの結果が
売上に反映し、それが給与の源泉となるのだとすれば「給料は自分が自分にくれている」と
言う他ないのである。

経営者も含め全社員がこう思えた時に会社も個人も飛躍的に伸びることが
可能になる。これこそが自己責任の時代の個人と会社を支える意識の持ちようであるように思える。
少なくとも成功する営業マンの出発点はここにしかない。

あなた自身が営業マン個人としての高いスキル(知識と技術)と人間力に基づいた営業力があって、
現実に営業成績を上げトップランクの営業員になることができれば収入も含め待遇は間違いなく上がる。

それでも待遇が変わらないとすれば会社にこそ問題があるのだからさっさと見限って、
ほかを探したほうがよい。
一方、あなたが経営者もしくは営業責任者であれば、「給料は自分が自分にくれている」
という自覚のある自己責任意識と営業能力の高い営業マンを養成することが肝要であり、
そうした営業マンを絶対に手離してはならない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ジャイロの個別相談で課題解決を!

トップコンサルタント大木ヒロシを始め、各業界に精通した専門コンサルタントが、
あなたのあらゆる経営上の相談に乗り、適切なアドバイスを行います!

困ったことがあれば、まずはジャイロへ相談下さい。
弊社へお越しの場合は、1時間1万円で承ります。
お申し込み・お問い合わせは下記からどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.jairo.co.jp/jigyo/consulting/kobetu-sodan.htm

●編集後記

ジャイロ流通研究所が全国各地で行っている「創業塾」や「経営革新塾」も、
いよいよ終盤に差しかかりました。受講者の皆様が、講義終了後に、創業や
経営革新を行ったという嬉しい便りが、届き始める時期でもあります。
何らかの事情で、まだこの段階に到達できない人もおられると思います。

電子メールでの相談は、随時受け付けていますので、遠慮せずに申し出て下さい。
もちろん、無料です。」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※購読解除方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■配信停止はこちらからお願いいたします。
   ⇒  http://www.jairo.co.jp/touroku.htm

■バックナンバー  ⇒
  https://www2.e-agency.co.jp/public/backnumber.gku?oid=1014

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

□本メールマガジンは受信者個人の責任においてご利用ください。
  当メールにより生じる損害等について責任は負いません。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ジャイロ流通研究所
東京都中央区日本橋浜町3-43-2 山名ビル2階
TEL:03-3808-2241 FAX:03-3808-2243
http://www.jairo.co.jp/
consult@jairo.co.jp

メルマガ発行担当者:渋谷


●セミナーの問い合わせ等は、ジャイロ流通研究所の常田三枝
   (ときた みえ)が承ります。
  TEL:03-3808-2241  E-mail: tokita@jairo.co.jp  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      Copyright(C) 2005 Jairo Inc. All Rights Reserved
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ