新・失敗のルール!

  • ¥0

    無料

成功事例満載のメルマガたくさんあります。確かに成功事例から学ぶことも多いけど、実は失敗から学ぶことの方が多いと思います。なぜなら、失敗事例は身近に感じ、グサッと来るものがあるからです。コンサルタントが語りたがらない、失敗を1人の現役コンサルが語ります。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
新・失敗のルール!
発行周期
毎週水・金午前8時発行
最終発行日
2011年10月14日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000200812
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号



注意)上記及び文末にある広告は、「まぐまぐ」さんからの提供によるものです。
余計なお世話ですが、〔PR〕ではなく〔○○〕が本来は正しい表記ですね。
では、○○には何が入るでしょう?(中久保)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■新・失敗のルール!


VOL.349【ツイッターで集客しようは失敗する】


            発行者:中久保 浩平

            ▼プロフィール
            http://ner-rap.com/profi.html



-----------------------------------------------

 ┌─『目次』────────────────
 │
 │【今回のテーマ】ツイッターで集客しようは失敗する
 │【無料進呈】真実践
 │【編集後記】
 │ 
 └───────────────────   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■東北・関東大震災復興支援プロジェクト

「顔晴ろニッポン!プロジェクト」
みなさまからの熱いメッセージ、ご支援お待ちしています。
http://ner-rap.com/fightjapan/



────────────────────────────


【注意】ご覧頂く前にお読み下さい。


このメルマガは、私自身が、これまでに実体験から
学んだこと、直接見たり、聞いたりしたこと、肌で感じた事、
クライアントとの中で得たもの、などを中心にお送りし、
それらをあなたのお仕事において役立て欲しいと思い
発行しています。
ですので、簡単にこうすれば儲かる、片手間で稼ぐ、不労所得が
どうのこうの、などという情報は一切配信しておりません。
また今後も配信する気は全くありませんので、あしからず。



※姉妹メルマガ「ビジネス真実践」でお届けしたものを
新・失敗のルール流の切り口でお届けします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のテーマ

【ツイッターで集客しようは失敗する】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ そもそも発想や思考が違う


ツイッターをやっている人は多いと思います。

mixiやブログが流行りだしたときもそうでしたが、

こうしたツールが流行りだすと決まって、

「商売に活用して儲けましょう。」

的なものが出回ってきます。

ツイッターを活用して集客アップだなのなんだのって。


こうしたことを提唱している人達というのは
ほんとに商売の本質が分かっているのか?
ってことをとても疑問に感じます。



たとえば、

ツイッターで当店自慢のメニューに関して
つぶやいてくれたらドリンク1杯サービスだの、
当店のフォロワーになって下されば
優待券プレゼントだの、

あるいは、

ツイッターはリアルタイムで情報を発信できるというところを
活かして、
「タイムセールなう。」
みたいなことをつぶやいて集客しましょう、だの、


浅はか過ぎます。



シンプルに考えれば分かるはず。


ツイッターに頼らないと集客できないようなお店に
行きたいと思うか?ってこと。

ツイッターで呼び掛けないとお客様が来てくれないような
お店に魅力を感じますか?ってこと。


もうその時点でボタンを掛け違えていることにすら
気がつかないでいるから、
ツイッター集客ノウハウみたいなものについついより
そって行ってしまうのです。

ツイッターが流行っているから、そこに乗っかれば、
うちもまだまだやっていける、みたいな。


ツイッターを必死にマスターして商売に活かそうと考える時間が
あったら、もっと他に考えることはあるはずなのです。
つぶやいている暇があったら、店内の掃除をする方が
お客様のためであり、お店の為です。


ツイッターは集客するためのものではありません。

ツイッターは「つぶやく」ためのものです。


活用しようと考えるのではなく、

うちのお店のことを勝手にお客様が
「つぶやいてくれる。」ようになるくらいにまで
サービスや商品の質を上げよう、とか、

「ほらっ、ツイッターでみなさんこのお店のことを
つぶやいているので気になって来ちゃいました。」

というようなお客様が来てくれるくらい
魅力あるお店にしよう、

と考えるのがまともな商売人の考えることです。



何度も言いますが、

ツイッターは集客するためのものではありません。

人が好き好きにつぶやくものです。


活用しようと考えるのではなく、
お客様が「当店のことをほうっておいてもつぶやいてくれる。」
くらい評判が広がるお店にしていこう、
と考えるのが正しいのです。



■新・失敗のルール


『ツイッターで集客なんて考えでは失敗する。』


「解説」

ツイッターは集客ツールではない
お客様が勝手にツイッターで「つぶやいてくれる」
くらいのお店になるには何が必要か?
その為に出来る工夫や取り組めることは何か?
を考えるのがまともな商売人の考えである。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■無料進呈


『真実践 ~ 真のビジネス力を身に付ける』
http://xam.jp/get.php?R=8635&PR=1095





姉妹メールマガジン、
「ビジネス真実践」をご購読くださっている
読者さんから・・・


「いつもプリントアウトして読み返しています。」

とか、

「専用のメールフォルダを作ってストックしています。」

などという意見を多くお寄せいただいています。

それならば!

ということで、バックナンバーを再編集し1つのレポート(小冊子)
としてまとめなおしました。



▼無料購読はこちら
http://xam.jp/get.php?R=8635&PR=1095




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【編集後記】


前々から1度、このテーマで発行しようと考えていました。
というのも、冒頭でも書きましたが、
こうしたツールが流行りだすと、
小手先だけのテクニック論を唱える人が出てきて、
それに追随する人が出てくるからです。


もしツイッターが集客ツールだとして、
それで効果があったします。

ではこの先、ツイッターがある日突然無くなったら、
どうするの?ってこと。

なくならなくとも、ツイッターをやる時間に追われて
業務に支障をきたすようになってくれば
どうするの?ってこと。

この先またツイッターのような新しいサービスが生まれて、
みんながツイッターから離れていったときどうするの?
ってこと。

もっと、単純に・・・

みんなツイッターに飽きたとき、どうするの?ってこと。


そういうことです。

ツイッター自体が悪いとか良いとかは分かりませんが、
集客しようというものではない、
ということは自信を持って言えます。


いつも最後の最後までお読み下さりありがとうございます!

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■このメールマガジンのファンだ!

という方、毎回楽しみにしておられる方、 

あと、1分間だけお時間下さい。

下記アドレスで、このメールマガジンのレヴューを
書いて見て下さい。


応援よろしくお願いします!!

http://www.mag2.com/wmag/osusume/form


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


営業戦略・マーケティング戦略
コンサルティング・プランニングサポート
ner-rap(ネアラップ)
http://ner-rap.com/


〒663-8141
西宮市高須町1-1-1-524
TEL&FAX 0798-49-5353

発行責任者:中久保 浩平

マガジンID:0000200812

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※以下は、まぐまぐさんからの情報です。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ