こっちでも陶器屋が行く

  • ¥0

    無料

やきもの作りに情熱をかける男が、日々の出来事をつづっています。ホームページに掲載した内容を中心に、メルマガ読者様だけのお得な情報を加えて配信していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
こっちでも陶器屋が行く
発行周期
不定期
最終発行日
2018年03月10日
 
発行部数
26部
メルマガID
0000202906
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 工芸

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

※ このメルマガの最初と最後に、送信元の「まぐまぐ」より自動で広告が配信されます。
広告の内容に関して、当店は一切関知しておりません。あらかじめご了承ください。



******************************************************************

食器/花器の窯出し販売 陶芸 陶器屋 がお届けする

メールマガジン
「こっちでも陶器屋が行く」


バックナンバーはこちら
https://www.toukiya.net/free_9_34.html


発行元 陶器屋 https://www.toukiya.net/

******************************************************************

*******************

ホームページ制作 今なら格安!!
https://www.dmacs.net/

月々の更新料も無料!
プチおしゃれなサイトに変えてみませんか

*******************


*******************

陶芸体験やってみませんか
https://tougei.toukiya.net/sub-taiken.html

*******************

『陶芸は科学と考えるのもこれまた楽し』


一般的に陶芸というとどんなイメージを浮かべるだろうか。

完成形をイメージして、土を決める。
赤でいくか白でいくか、ミックスでいくか。
どの産地の土を使うのか、原土を自分で掘ってきて陶土にするのか。
土が決まったら、
土を練ってロクロにすえて、廻し、イメージ通りの形を作っていく。

高台を削って、素焼きし、釉薬を掛けて、焼成雰囲気を決めて本焼きをする。

ここに科学の入る余地があるのだろうか。

何をもって科学というのかにもよるだろうが、
仮説をたてて、様々なデータを収集し、検証していく作業を「科学」だとすれば、
成形前の土決め作業、素焼き後の釉薬掛け、焼成雰囲気などは、ほぼ「陶芸科学」と捉えてよいと思っている。

世にいろんな種類の土があるが、
それらの土を単味でいくか、混ぜ合わせるかによって、数百種類の選択肢ができる。
そこに砂を入るとしたら、砂の粒度、量など、さらにパターンは増えていく。
これらを総称して陶土科学。

削って素焼きした後に、希望の色合いが出るかどうか、考えられるいろいろな釉薬の調合。
長石、灰、粘土をどう組み合わせていくか。
釉薬ができたら、濃度の調整具合。
施釉時の作品に掛かる時間、釉薬量。
ここまでは明らかに釉薬科学。

酸化でいくか、還元をかけるか、炭化にするか、焼成雰囲気を決めて、
温度管理を徹底して、焼成グラフに記入していく。
還元を掛けるのは何度〜何度までかけるのか。
どの程度のかけ具合でいくのか。
酸化、還元を繰り返すのか、中性炎もいれるのか。
ここまでは焼成科学。

これらをまとめて、勝手に「陶芸科学」と呼ばせてもらおう。
そう思って陶芸の制作をしていると、結構な頭脳プレーだなあと思う。
頭の体操にはちょうどいいのではと。

一方、こんな小難しく考えなくて、なるようになる、作りゃあいいのよって考えもこれまた陶芸。
屁理屈こねてないで、手を動かせ〜てな声も聞こえてきそうな。
何も考えずにひたすら目の前の土をロクロで引いていく。
これも陶芸の醍醐味ですな。

えっ、お前はどっちだって。
個人的には実験大好き人間なので、陶芸科学の方が性に合ってるかなあ。
データ取るのも面白いし。

でも、最後は己のカンに従っちゃうんですよね。
直感ってやつに。

「直感」
って、あなどれないですよねえ。



*******************************************************************

食器/花器の窯出し販売  陶芸 陶器屋
https://www.toukiya.net/


メルマガ バックナンバーはこちら
https://www.toukiya.net/free_9_34.html

*******************************************************************



----------------------------------------------------------------------
こっちでも陶器屋が行く
発行システム:『まぐまぐ!』 https://www.mag2.com/
配信中止はこちら https://www.mag2.com/m/0000202906.html
----------------------------------------------------------------------




メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ