情報起業で成功する人、しない人。

  • ¥0

    無料

ネットで起業したい、起業している方、多くなりましたね。これから起業する人も、起業している人も、成功には原因と結果の分析が重要です。あなたが成功するためには?宣伝ばかりのメルマガとは違うのが、あなたはすぐに理解出来るでしょう。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
情報起業で成功する人、しない人。
発行周期
週刊
最終発行日
2013年06月18日
 
発行部数
146部
メルマガID
0000204354
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 会社設立・独立準備

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

情報セキュリティ有限会社リッチライフサ
ポート事務局の田中です。


※このメールはバイラルビルダーやその他
弊社のメールアドレス登録フォームから登
録して下さった方にお送りしております。


今日は2点です。

1,動画制作Webセミナーに関して
2,動画の将来性



早速1点目から。


6月17日の夜に動画制作Webセミナー希望者
だけにメールを送りアンケートを取りまし
た。


続々と返信が来て、やっと答えが見つかり
ました^^


返信してくださった方々にこころよりお礼
申し上げます。まだ返信されていらっしゃ
らない方のメールも心待ちにしております^^


一応返信してくださらない方はWebセミナー
に関するご連絡は今後一切致しません。


このメールは通常のメルマガですので、動
画制作Webセミナーフォームより登録され
た方はメールをご確認頂ければ幸いです。


メールが届いてない、という場合は迷惑メ
ールフォルダをご確認下さい。


また、登録時にダブルオプトイン方式を採
用しておりますので、登録後に届いたメー
ルに記載されているURLをクリックしてない
場合も届きません。


すでにURLの有効期限は切れていると思いま
すので再登録は不可能です。



残念ながら登録フォームはすでに閉じてし
まったので、これからご希望される方は通
常の告知までしばらくお待ちください。




2点目です。


とある方から「動画動画って言いますが、
実際の所文字ベースの販売ページでも全然
売れてますし、高い機材を購入してまで動
画を乗せる価値はあるのか?」というメー
ルを頂きました。


なので動画の将来について話して行きたい
と思います。


公共メディアの歴史を考えてみましょう。


ヨハネス・グーテンベルクが世界で最初に
活版印刷機を開発し、印刷革命が起こりま
した。1445年ごろに考案されました。


それまでは今考えたら気が遠くなるような
書き写し作業だったわけです。


この技術によって新聞の「伝播性」が高ま
りました。


書物自体は人類の歴史とともにあると言っ
ても過言ではありません。文字があるから
こそ多くの歴史が語り継がれてきました。


そしてラジオとテレビが出て来ました。

Wikipediaによると発明王エジソンの所で
働いていた技師であるレジナルド・フェッ
センデンが1906年のクリスマスに世界初の
ラジオ放送を行ったそうです。


テレビの初放送は1936年に各国で実験放送
が行われました。ドイツのベルリンオリン
ピックは有名な話しで、映画「コンタクト」
のワンシーンでもベルリンオリンピックの
シーンがありました。



開発から数えてラジオは100年以上、テレ
ビは70年以上の歴史があります。


なかでもテレビは多くの家庭に普及しまし
た。


なぜなら新聞のように文字を読み理解する
労力より、ラジオのように耳で聞いて理解
するほうが簡単で、テレビのように耳だけ
でなく映像として視るほうがより簡単に理
解できるからです。


脳は自動的に「楽な方」を選択します。


これは生存本能と関連していおり、なるべ
く労力を使わず、緊急事態に力を発揮でき
るようにするためだそうです。


さて今は21世紀。


1980年以前に生まれた人にとっては鉄腕ア
トムの世界が来ると信じていた21世紀です
が残念ながら漫画とは違ったようです(笑)


今はもはや第二位の検索エンジンがYoutu
beです。


ジャスティン・ビーバーはYoutubeにアッ
プロードした動画でデビューし世界中にフ
ァンを持っています。


朝のテレビでもやっていましたが、Youtub
eに投稿したビデオがきっかけでメジャー
デビューしたアーティストは多いです。


日本はやっと最近ですが、何年も前から海
外ではビデオアフィリエイトで多くの売上
を作っているアフィリエイターが大勢居ま
す。


販売者側も何年も前からビデオのみのセー
ルスをするのは海外ではもはや当たり前に
なっています。


ただ、海外の場合ネット環境がかなり極端
に分かれているため、つまりビデオを再生
できるほどの高速ネット接続が出来ない顧
客が多いため、ビデオと通常のセールスレ
ターを一つのページに載せているケースが
あります。



私の子供は学校の授業で分からない事があ
るとYoutubeで数学を学びます。


普通のWebと同じようにYoutubeでほとんど
の答えが出てくるのです!



もちろんYoutubeだけでなく、様々な動画
投稿サイトがあります。



「販売」に特化して考えた場合はどうでし
ょうか?



その前に、「誤解」について考えてみまし
ょう。


言葉による表現には誤解がつきものです。


メールの書き方で恋人に誤解され別れてし
まったなんて例は腐るほどあります。


クレームに適切に対応したつもりのメール
でもさらなるクレームに発展することもあ
ります。


特に日本語は。


誰しも口にしたことがあるのは「日本語っ
て難しい」ではないでしょうか?



そして昔からあることわざは「百聞は一見
にしかず」です。


このことわざがすべてを物語ってるのかも
しれません。


私はツール系の商品を多く販売してますが、
やはり文字だけでは質問メールが多く来ま
す。


しかしビデオセールスの場合、しっかり説
明していれば質問メールはほとんど来ませ
ん。



またビデオの場合、顧客に「使用した場合
のイメージ」を明確に伝えることが出来る
ため購入率が高くなります。



ノウハウ系の商品の場合はどうでしょうか?


ノウハウの場合「使用した場合のイメージ」
というより「その商品は信用できるかどう
か?」が重要になってきます。


ですからノウハウ系の商品には販売者が登
場し「販売者を見せる」事で信頼を得ます。


もちろんプレゼン資料のように文字だけ見
せるケースもありますが、話す内容が同じ
なら販売者がビデオ内に出ていたほうが売
上が上がります。



ですから「動画セールスの将来性はある
か?」と聞かれれば、答える必要がないほ
ど明白です。



ただ、動画のシナリオは商品によって異な
ります。



これをわかってないと一人よがりの動画と
なってしまい、公開しても反応がない、売
れないという結果になります。



また高い機材でなくても魅力的な動画を作
ることは可能です。


ただ、高い機材だから出来ることと言うの
はたくさんあります。


高い機材を使うと汎用性も高くなりますし
友人のセミナー撮影を代行してあげる事も
可能です。


Webセミナーに使うことも可能ですし、か
なり質の高いセミナー映像にすることも可
能です。


様々な特性を知ると自分に何が必要か?と
言うのが分かります。


そういう点も含めてセミナーでは解説する
予定です。





■■編集後記

いやいや、ダイエットはどこに行ったのか?
ますます横に成長して来ました(汗)


マッキーこと牧野内 大史さんが監訳した
「ソウル・オブ・マネー 」と「スタンフ
ォードの自分を変える教室」を読んでいま
すが、二冊ともかなり勉強になります。


ぜひ読んでみて下さい。





リストビルディングシステム、バイラルビ
ルダーはこちらから
http://resalerights.jp/mm/235/xE185P8.{trzcd}.html





このメルマガの内容は、完全再販売権利付です。つまり、あ
なたが自分のメルマガとして出す事もできますし、販売する
事も無料で差し上げる事もできます。

ただし、次のように書いてください。

リッチライフサポートの田中氏提供
http://resalerights.jp/



メルマガの登録解除はこちら

http://www.mag2.com/m/0000204354.html
たまに無料で商品を配ることもありますよ^^


情報セキュリティ有限会社
千葉県茂原市清水252-2
0475-34-8488
代表取締役 田中 大輔
http://resalerights.jp/
info@e-isc.jp
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ