西宮市大谷記念美術館ニュース

  • ¥0

    無料

著者サイト

西宮市大谷記念美術館で開催される展覧会情報のほか、イベントなどの最新情報をお届けします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

================================
西宮市大谷記念美術館ニュース 2017/3/28 第68 号  
================================

桜もそろそろ開花しそうですね。
当館でも春の企画展がこの週末から始まります。
お花見散策と美術館で是非休日を楽しんでください。

************************************************************************************
展覧会名: 西宮の狩野派 勝部如春斎
 会期: 2017年4月1日(土)〜5月7日(日)
 会場: 西宮市大谷記念美術館
 開館時間: 午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 休館日: 水曜日、ただし5/3は開館いたします
 入館料: 一般800(600)円、高大生600(400)円、
小中生400(200)円
*( )内は前売・20名以上の団体料金(いずれも税込価格)
*西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書)
*ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
*心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
*ちらし割引券持参の方は一般800円を700円に割引
************************************************************************************

勝部如春斎(かつべ・じょしゅんさい)は 1721(享保 6)年、西宮の裕福な醸造家の家に生まれました。大坂で 狩野派を学ぶ一方、
兄に酒株を譲られて家業の収入もあったようですが、前半生の詳しい経歴は分かっていません。
三十代後半から数年の間に、妻や子どもを相次いで失うという不幸に見舞われた如春斎はその後、亡妻の追善のために東福寺にある
明兆作の「三十三観音図」を模写するなど、精力的に画業に専念した様子が伺えます。
そして 1764(明和元)年 12 月、時の左大臣九条尚実に「如春斎」の号を賜わり、以降如春斎は作品に「台賜如春斎」 の落款を
入れるようになりました。現在知られている如春斎の作品の殆どは、如春斎と号するようになった後に、描かれたものです。
残された作品にみる如春斎の画風は、ときに豪華であっても繊細で可憐、上質な雰囲気の滲み出たものです。
目を引くような派手な個性はありませんが、狩野派の手法に則った手堅い技量が発揮されており、当時は大変人気が高かったようです。
このたびの展覧会では、これまで ”山本 ” 如春斎として知られてきた郷土の画人の、主要な作品 50 点余りを一堂に会し、
その画業を美術館で初めて紹介いたします。
また弟子といわれている森狙仙をはじめ、大岡春卜、吉村周山など摂津を中心に活躍した同時代の画人の作品も併せて展観いたします。如春斎の生きた18世紀の、豊かな文化的 雰囲気を味わっていただけることでしょう

関連イベント

記念講演会
4 月 1 日(土)午後 2 時より 木村重圭氏(元甲南女子大学教授 美術史家)
「勝部如春斎と大坂画壇について」
定員:100 名(申し込み不要)
料金:無料(ただし入館料が必要)
会場:当館講堂

連続講座(4 回)
4 月 9 日(日)午後 2 時より
土井久美子氏(元大阪市立美術館 学芸員)
「勝部如春斎について」
4 月 16 日(日)午後 2 時より
高野弥和子氏(池田市立歴史民俗資料館 学芸員)「
18 世紀の池田文化と担い手たち―画人を中心に―」
4月 23 日(日)午後 2 時より
衛藤彩子氏(西宮市立郷土資料館 学芸員)
「18 世紀の西宮〜勝部如春斎を生んだ社会〜」
4 月 30 日(日)午後 2 時より
杉本欣久氏(黒川古文化研究所 研究員)
「天下の台所」における大坂画壇ー江戸中期の大坂絵画史ー」

いずれも 定員:50 名(申し込み不要)
料金:無料(ただし入館料が必要)
会場:当館講堂


ギャラリートーク
4 月 8 日(土)、4 月 22 日(土) 午後 2 時より
担当学芸員が作品の解説をします。

第 162 回オータニミュージアムコンサート
4 月 29 日(土・祝)午後 2 時より
内田美苗ピアノコンサート 
定員 100 名(小学生以上、要申込、先着順)
申し込み方法 電話:0798-33-0164
3 月 30 日(木)午前 9 時より 受付開始

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
西宮市大谷記念美術館
〒662-0952 西宮市中浜町4-38  Tel:0798-33-0164
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:水曜日(ただし、水曜日が祝日の場合は開館し、翌日が休館)
    年末年始、展示入れ替え期間
■交通機関ご利用の場合
○ 阪神電鉄「香櫨園」駅下車、南西へ徒歩6分
○ JR「さくら夙川」駅下車、南西へ徒歩15分
○ 阪急電鉄「夙川」駅下車、南西へ徒歩18分
http://otanimuseum.jp/home/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
西宮市大谷記念美術館ニュース
発行周期
月刊
最終発行日
2017年03月28日
 
発行部数
1,239部
メルマガID
0000204965
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 美術館・ギャラリー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ