アメリカで育つ我が子との会話から学ぶ子育てヒント

  • ¥0

    無料

「パジャマを着て学校に行く?!」「キャサリンがお弁当にお寿司を持ってきた?!」日本生まれ、日本育ちの私たち夫婦は、アメリカ生まれ、アメリカ育ちの我が子との会話に驚きの連続。日本の子育てと一味違う子育てのヒントをアメリカからお届けします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
アメリカで育つ我が子との会話から学ぶ子育てヒント
発行周期
不定期
最終発行日
2009年04月13日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000208633
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

********************************
「へぇー!」「本当?」「なるほどね!」 2009.4.13(第36号)
アメリカで育つ我が子との会話から学ぶ子育てヒント
子供を本当の国際人に育てる会 http://www.sekainihabatake.com
********************************

私たち日本人夫婦の子供たちは、アメリカ生まれ、アメリカ育ち。
ただ今、12才。そして、男女の双子です! 
子供たちがプレスクールに通い始めて以来、
日本生まれ、日本育ちの私たち夫婦は、子供たちが話してくれる
学校での出来事や友達の話、体験したこと、聞いてきたことには
ビックリの連続です。
 

*  *  *  *  *  *  *


こんにちは。
4月、春ですね。
日本では、新学年、新学期が始まったところですね。

こちら、秋に新学期が始まるアメリカの学校は、
6月の年度末に向かって
勉強も、いろいろなイベントも佳境に入ってきました。



早速、今年最後の子供たちがもっと生き生きと
ハッピーに生きていけるヒントをご紹介しましょう。


* ***********************
子供との会話 (No.36)
「コミュニティサービスをやらないといけないの!」
************************


昨年秋から、我が家の子供たちはmiddle schoolの6年生、
日本でいう中学1年生です。

学校生活も小学校の時と比べると大きく変わりました。

小学校までは、ホームルームがあり、
その教室で担任の先生が全教科を教えていたのが、
middle schoolでは、
自分のホームルームのクラスは無くなり、
各教科の先生の部屋に
時間割に従って移動するようになりました。

時間割も、選択教科が各人違うので、
全員が個別の時間割を持っています。

子供たちは、朝、登校すると、
一人一人に与えられた鍵付きロッカーに
バックパックやお弁当をしまって、
バインダーとコンピュータを持って
一時限目の教室へと向かいます。

成績表も、今までの5、4、3というような
どれだけ目標を達成したかというものから、
A、B、C、D、F(落第)という評価に変わりました。


ある日、娘と成績表の話をしていた時のことです。


娘 「成績がオールAでも、コミュニティサービスをやらないと
   評価が悪くなっちゃうのよ。だからコミュニティサービスを
   しっかりやらないといけないの」

私 「コミュニティサービスって何?」

娘 「ボランティアとして活動することで、
   今年は6時間しなくてはいけないのよ」


ボランティアの活動をしないと
学校の成績だけでは良い評価をもらえないというのです。

学校教育のシステムの一環として
ボランティア活動が位置づけされているのです。

実際のボランティア活動の内容は、
学校や地域、教会などでのイベントのヘルプや作業、
学校の先生たちの手伝いなど、様々です。

ポイントは、子供たち自身でボランティアの機会を見つけて
交渉して実行するところです。

決して学校の先生がアレンジしてくれる訳ではありません。
自分で探さなければいけないのです。

このプロセスを子供たちが実践することで、
子供たちがサポートを受けるだけの立場から
社会の一員として自分がどんな貢献ができるかを
学んでいくことは素晴らしいと思いました。



*********************
子育てヒント(No.36)         
「どんなボランティアだったらできるかな?」
*********************



最後まで読んでいただき、
どうもありがとうございました。


<編集後記>
今は、息子のベースボールシーズンまっただ中。
試合や練習でほぼ毎日出かけています。
娘は、陸上やサッカーの練習でこちらも大忙し。
どこに行くにも親の送り迎えが必要なここアメリカでは、
親は子供たちのお抱え運転手です。
時には、分刻みのスケジュールで移動します。
とにかく時間が経つのが早いこの頃です。
この生活、いつまで続くのでしょうか?!


最後に、息子の友達のお父さんが話してくれた
おもしろい体験談を一つ。
アメリカ人の彼が仕事で初めて日本へ行った時、
日本では「お土産」を持っていく習慣があると聞いて、
「OMIYAGE」を買いにあるデパートへ。
でも、デパートの店員さんに聞いても、
「OMIYAGE」というものはないと言われ、
その後、「OMIYAGE」を求めて東京中のデパートを探しまわったとか。
金髪の大男の彼が、「OMIYAGE」と叫んで走りまわっている姿を想像して
思わず笑ってしまいましたが、
知らない国の習慣を実践するのは難しいことですよね。



ご意見やご感想がありましたら、
mailm@sekainihabatake.com
までお願いします。


---------------------------------------------------------------
発行者:    Morio & Sanae Itozu
発行者サイト: http://www.sekainihabatake.com
メールマガジンバックナンバー:
http://www.sekainihabatake.com/Mail_Magazine_backnumber.html

メールマガジンの登録・解除は下記からお願いします。
http://www.mag2.com/m/0000208633.html
---------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ