お客様をつくる

  • ¥0

    無料

どんな会社でも、どんな仕事でも、いちばん大切なことは「お客様をつくる」こと。でもそれが、いちばん難しいことです。どうやったらお客様をつくれるのだろう。お客様に喜んで頂けるのだろう。隔週の木曜日、じっくり考えようというメールマガジンです。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
お客様をつくる
発行周期
隔週刊
最終発行日
2010年03月11日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000209572
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─【vol.15】
   お 客 様 を つ く る     2010年3月11日号
★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★─☆─★

┃今∥【1.はじめに】  両親の生年月日を答えられなくて不採用
┃日∥【2.今日の特集】 伝えたかではなく、伝わったかを大切にしたい
┃の∥【3.オススメ情報】 第82回アカデミー賞は?
┃内∥【4.編集後記】 予想もできないことが一杯!は当たり前
┃容∥         発行者:メディア・プロデューサー 藤田智
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

【このメルマガは・・・】
どんな会社でも、どんな仕事でも、いちばん大切なことは「お客様をつくる」こと。
でもそれが、いちばん難しいことでもあります。
どうやったらお客様をつくれるのだろう。お客様に喜んで頂けるのだろう。
隔週の木曜日、じっくり考えていこうというのが、このメールマガジンです。

【1.はじめに】 両親の生年月日を答えられなくて不採用
………………………………………………………………………………………

 中国での話ですが、両親の生年月日を答えられなくて
不採用になった青年がいたそうです。
採用の面接は何度も担当したことがありますが、
両親の生年月日を聞くとは、考えたこともありませんでした。
想像してみるとこの質問、意外に意外、悪くない気もします。
親の誕生日を知らない人って、信頼できない気もします。
そこまで言うと、ちょっと言い過ぎでしょうか。

 中国の青年の場合、生まれ育った村に誕生日という概念が薄く、
自分自身も一度も誕生日を祝ったことが無かったそうなので、
ちょっと可哀想でもあるのですが、
今の日本では、そんなこともないでしょう。
親を大切にしない人間が、会社を大切にするだろうか。
そんな疑念はあながち間違っていないようにも思いますが、
いかがでしょう。


【2.今日の特集】 伝えたかではなく、伝わったかを大切にしたい~クロマグロの禁輸に思う
………………………………………………………………………………………

 大西洋と地中海のクロマグロの国際取引禁止について、
アメリカに続きEUも禁輸を支持しました。
日本の立場は非常に苦しくなっています。
クロマグロを消費する8割は日本ということで、
欧米には影響が少ないこともあるのかも知れません。
ただ、事情、背景がどのようなものであれ、
日本がクロマグロの国際取引を継続したいと願うならば、
「絶滅の恐れがある」という理由で国際取引を禁じようとするモナコの提案に対し、
どのような根拠と方策によって保護を進めながら取引を継続しても大丈夫なのか、
青写真を明確に見せる必要があるでしょう。

 クジラの問題についても同様です。本音と建前もあるでしょう。
しかし、建前であっても理屈は理屈、
建前と建前をぶつけ合って議論しなければなりません。
甘えのない強固な考え方にまとめ、相手に伝わるように、
交渉を進める必要があります。マスコミを通じた情報では、
その部分がほとんど抜け落ち、ただただ困ったというニュースだけが、
断片的に伝わってきます。
現場では、根拠も方策もきちんと示しやっていると言われるかも知れません。
マスコミが報じないだけだと言われるかも知れません。
しかし、世論はそこから作られます。
マスコミが悪いのではなく、伝え方が悪いのではないか。
報じて貰える伝え方をしなければいけない。
交渉できる伝え方をしなければいけない。そんな視点が必要に思います。

 小国のモナコに、これほどまで振り回されてしまうのは、
伝えるためのパフォーマンスに差をつけられていることが問題です。
これでは「欧米では余り食べていないのだから、
ムキにならなくてもいいじゃないか」というような本音の甘えではなく、
「絶滅の恐れがあるのか無いのか」という建前の部分で
勝てない状況があると思われます。
さまざまな国際舞台で日本が主導権を握れないのは、
伝えるためのパフォーマンスをどのようにしているのか、
この辺りに大きな課題があると思います。

 ビジネスにおいても同様なことは言えるでしょう。
商品が売れないのは、消費者に良さが理解されないからだと、
知らず知らずに思っていないでしょうか。
伝え方が悪いから「理解されない」、伝え方を工夫すれば「理解される」。
そんな考え方も大切なのだと思います。


【3.オススメ情報】 第82回アカデミー賞は?
………………………………………………………………………………………

 第82回アカデミー賞は、大方の予想を裏切って、と言っていいのでは?
作品賞、監督賞など6部門を受賞した「ハート・ロッカー」の圧勝となりました。

 前評判の高かった3D映画「アバター」は視覚効果賞など3部門にとどまりました。
立体映像の迫力、表現が圧倒的だと「アバター」の評価が高かった一方、
「ハート・ロッカー」は、アカデミー賞の規定に違反するメールをアカデミー会員に
送ったとして、プロデューサーの一人が授賞式への出席を禁止されたり、
実在モデルだと主張する軍の曹長が、配給会社を提訴するなど、
ゴタゴタが続きました。しかし蓋を開けてみれば作品、監督、脚本など
主要6部門での受賞。元夫婦対決は、元妻の圧勝で終わりました。
今でも二人は仲が良いとも言われていますが、さすがに授賞式の夜は、
元妻は嬉しくて、元夫は悔しくて、眠れないのではないでしょうか。

→続きはコチラ http://www.ichi-ban.co.jp/article/13654028.html


【4.編集後記】 予想もできないことが一杯!は当たり前
………………………………………………………………………………………

 起きてみると、事前に何とか予防策をとれなかったものかと思いますが、
果たして予測することができたのだろうかという出来事が続けて起こりました。
一つは飼育中のトキが襲われ9羽が死んだ事件。
もう一つは鶴岡八幡宮の推定樹齢1000年のご神木・大銀杏が
横倒しになった事件です。
世の中には、まだまだ想像も出来ないことがいくらでも起こるものだと
驚かされました。

→続きはコチラ http://www.ichi-ban.co.jp/article/13656580.html

 最後までお読み頂きありがとうございました。


フジタからのPR=ビデオ制作なら映像制作会社いちばん http://www.ichi-ban.co.jp/
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆ 発行人:メディア・プロデューサー 藤田 智
 ☆ 株式会社いちばん:< http://www.ichi-ban.co.jp/ >
 ☆ E-MAIL:< info@ichi-ban.co.jp >
 仕事仲間に・取引先に・友達に・恋人に、転送はご自由です。
 どんどん転送してください。どんどん口コミで広げてください!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ☆藤田智って誰?(プロフィールはこちら)
  http://www.ichi-ban.co.jp/category/1158539.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ■購読・解除はご自身でお願いします。こちらから出来ます!
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000209572.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ