恋と仕事をスマートに!1分間頭のエステ

  • ¥0

    無料

会話が続かない、異性と話せない、恋人が出来ない、苦手な人がいる、職場の人間関係にストレスを感じる、誤解されやすい・・・このような悩みお持ちではありませんか? 日常のちょっとした場面で、誰もが感じる仕事・恋愛・コミュニケーションのお悩み解決方法を専門の心理カウンセラーが心理テストと共に分かり易くアドバイスします。 ささっと読めて今日から使えるワンポイント心理学!。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
恋と仕事をスマートに!1分間頭のエステ
発行周期
不定期
最終発行日
2017年03月31日
 
発行部数
328部
メルマガID
0000210367
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 恋愛 > 心理・テクニック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■

『恋と仕事をスマートに!1分間頭のエステ』VOL-071

2017/03/31 071
■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■
会話が続かない、異性と話せない、恋人が出来ない、苦手な人がいる、職場の
人間関係にストレスを感じる、誤解されやすい・・・このような悩み、お持ち
ではありませんか?
日常のちょっとした場面で、誰もが感じる仕事・恋愛・コミュニケーションの
お悩み解決方法を専門の心理カウンセラーが心理テストと共に分かり易くアド
バイスします。ささっと読めて今日から使えるワンポイント心理学!。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★今週のテーマ★★ 
 
「あなたの社畜度チェックテスト!」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今日の心理チェック!



最近あなたの会社や所属する組織で、ある大きな決定がなされました。

でも、それは常識的に考えると、


「ちょっとおかしいんじゃないかな・・・」

という内容です。



そんな時あなたらどうしますか?

次の4つの中からあなたの考えに近いものを選んでください。



1.上層部の決定には黙って従う(または特に気にならない)

2.「あれはおかしいよね。。。」と仲の良い人などに愚痴るけど従う

3.直属の上司などに「ちょっとおかしい気がするんですけど・・・」とやんわり言う

4.「それはおかしい!」とはっきり指摘する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●診断結果


1.上層部の決定には黙って従う(または特に気にならない)

を選んだあなた!  ⇒社畜度80%


どんな会社・組織、場合によっては無茶苦茶な職場の中でもやっていけるタイプ☆



 
2.「あれはおかしいよね。。。」と仲の良い人などに愚痴るけど従う

を選んだあなた!  ⇒社畜度60%


飲み屋で職場や上司への愚痴・不満は絶えませんが、理不尽な職場でも

ブツブツ言いながらやっていけるタイプ☆




3.直属の上司などに「ちょっとおかしい気がするんですけど・・・」とやんわり言う

を選んだあなた!  ⇒社畜度40%


間違ったこと、おかしなことを見て見ぬふりは出来ません。争いやトラブルは好まない

タイプですが、あまり理不尽な会社だと耐えられなくなってしまうかもしれません☆。




4.「それはおかしい!」とはっきり指摘する

を選んだあなた!  ⇒社畜度20%


正義感が強く間違ったことが嫌いなあなた。


場合によっては上司に煙たがられ会社や組織の中で過ごすのは辛くなってしまうかも

しれません。納得いかないことが多いと感じる時は独立するのも一つかもしれません☆。






※結果は参考までにご活用ください☆




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




解説:



皆さんは「社畜」という言葉、ご存じでしたか?


私は恥ずかしながら^^;この言葉を比較的最近知ったのですが(汗)、


言葉の意味はWikipediaさんから引用させていただくと



「社畜(しゃちく)とは、社員として勤めている会社に飼いならされてしまい

自分の意思と良心を放棄し奴隷と化したサラリーマン、OLの状態を揶揄したもの」


だそうです。(Wikipediaから引用)



なんだかあまり良い意味で使われる言葉ではありませんね^^;





さて、話をもとに戻しまして・・・


皆さんは職場や組織の中で常識的に考えるとちょっとおかしいんじゃない?!

という決定がなされた時どうしていますか?



そんな時、心の中では「ちょっとおかしいんじゃないかな・・・」と思っても、

「自分の意思と良心を放棄した訳ではない」けれど・・・


実際のところ、多くの人は自分の身を守るため、何も言えず決定に従ってしまう

ことも少なくないのではないでしょうか。



日頃カウンセリングをしていると、こういった場面で異を唱えたことによって、

パワハラを受けてしまったり、左遷されたり、場合によっては辞めさせられたり、、、

という経験をされた方も少なくないように思います。



こんな風に見ていくと、会社や組織の中で生きていくためには

おかしな決定がなされた時も、異を唱えない方がなんだか良いことのように思えますね。。。




勿論、おかしいことを「おかしい」と言えたり、そういった意見をしっかり聞いて

もらえる、話合える職場・組織であることが一番に違いありません。


上に立つ人はそういう職場・組織作りに努めるべきだと思います。




しかし現実問題としては、なかなか意見を言いづらいことも多く、

ある程度は仕方がないという意見は否定できないと思いますし、

「組織人とはそういうもの」という意見も否定できないと思いますが、

もしこんなことが頻繁にあるとしたら、一つ気をつけないと

いけないことがあるように思います。



それは、特定の集団や組織の中に長くいることで「黙って従う」

ことが一番安全でそしてそれが当たり前になってしまい(飼いならされる)、

本当に「自分の意思と良心」がなくなってしまこと、

つまり、真の「社畜」になってしまうことです。



黙って従うことも時にはやむを得ないこともあると思います。


しかし、私たち一人一人が間違ったことに対して、それをそうと感じ、

しっかりと考える良心・意思というものは持ち合わせていたいものですね。




☆道徳・モラル教育のための心理学講座
 http://n-sk-c.info/moral-education.html

☆組織はなぜおかしな方向に進むのか? 
 http://n-sk-c.info/leadership-1.html

☆言い方上手を目指そう! 言い方上手検定
 http://hm-sk.com/assertion-skill.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガ名    『恋と仕事をスマートに!1分間頭のエステ』
●発行者名      日本心理教育コンサルティング  櫻井勝彦
●発行者サイト    http://cem-support.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright Nihonshinrikyouiku Consulting All Right reserved

----------------------------------------------------------------------
『恋と仕事をスマートに!1分間頭のエステ』
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
登録・解除はこちらから  http://www.mag2.com/m/0000210367.html
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 www.mag2.com を利用して発行していま
す。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ