脱!ダメ女

  • ¥0

    無料

仕事のダメ女、恋愛のダメ女…ダメ女の心理にせまります。

   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
脱!ダメ女
発行周期
不定期
最終発行日
2006年10月25日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000212193
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 心理学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

今回は別れ際がヘタなダメ女をご紹介します。

男女のつきあい、必ず別れは訪れます。
多くの人が経験をしたことはあるでしょう。


しかし、今回お話するT美さんは、
キレイに別れたことがないのです。


結論からいうと、T美さんの元彼は
4人中2人が“ストーカー”になったのです。

50%の確率です(笑)


さてさて、ではこの二人との別れに共通するものは
なんだったのでしょうか。
なにが彼らをストーカーにしてしまったのでしょう。

ポイントは、

●別れの根本的な原因が、彼の素行にある

●別れを切り出したのはT美さん

●別れ話のときに、別れたい本当の理由を言わなかった



まず1つ目のポイント
「別れの根本的原因が、彼の素行にある」
ですが。

B君とDさんのT美さんに対する執着は相当なものでした。
束縛、暴力、借金、ウソなど、
普通の女性ならガマンしないことを、
T美さんは耐えてしまいました。

「いつか変わってくれるだろう、変えれるのは自分だけだ」
と美化しながら、自分を傷つけながら
ガマンしてしまいました。

T美さんのような女性は、
一旦夢中になると、そういったことを客観視できません。

しかし、あるときふと、
客観視できるときが来るのです。

それは、“彼以外にすきな人ができたとき”なのです。

このときを境に、T美さんは、
それまで彼氏にそそいでいたエネルギーを、
新しい男性を振り向かせるために使うようになります。

すると当然・・・・・
彼氏がジャマになるのです。

しかし、新しい男性が自分を好きになるとは限りません。
そこでT美さんは、彼氏に悪いと思いつつも、
ナイショで、しかも猛烈に、新しい男性にアプローチをし、
交際までこぎつけます。
そのときのT美さんの魅力は、女性からみてもとてもパワフルなものです。
と同時にとてもしたたかです。

さて、新しい男性を手にいれたT美さん、やっと彼氏に別れ話をします。

そこで2つ目のポイント
「別れを切り出したのはT美さん」
です。

T美さんは、基本的に彼氏に一筋タイプです。
彼氏に尽くし、愛情深いがゆえに、彼氏側はT美さんから
ふられることはナイだろうと思ってしまうほどです。

しかし、次の男性をみつけたT美さんにとって、
この彼氏はもう用無しの状態。
さっさと別れるため、自分から勝手に別れ話を切り出します。

なんとなく自然消滅させるということはありません。

しかも、次の男性とうまく行くという確信がとれるまでは、
現在の彼氏に対してもそれまでどおりやさしく接するので、
かなり不意打ちな別れ話になります。

しかし、T美さんにとっては、
すべて計画的な別れ。
シナリオもすでに用意してあるのです。

そこで3つ目のポイント
「別れたい本当の理由を言わなかった」

T美さんは、自分を悪者にしたくないため、
また手っ取り早く円満に別れるために、
別れたい本当の理由は決していいません。

「他に好きな人ができた」

などとは・・・・


そこでT美さんが作った別れの理由とは
「もう自由になりたい」
「あなたを信用できない自分がイヤ」
なのです。

決して相手を傷つけることは言いません。
そして泣いて謝り、別れてくれるように言うのです。


しかし、突発的な別れ話と、この具体性のない理由で
相手の男性は困惑します。(当然でしょうが)

T美さんにとっては、男性を傷つけないように、
そして円滑に別れられるようにと作り上げたシナリオが
逆効果を生んだのです。

そして、今まですべての素行を
許してくれていた彼女T美さんを失うという恐怖が訪れるのです。

別れの恐怖というのは、誰にでもあるものですが、
この彼氏たちように、暴力や借金など、受け止めてくれる人が
いない人ほど、その恐怖度は増します。

今後は誰が受け止めてくれるのか、
誰が自分を慰めてくれるのか、

行き所を失った愛情は、憎しみにかわり、
まがった愛を生み出すのです。
それがストーカーなのです。


皆さんの別れ方、大丈夫ですか?
うまく別れることなんてむずかしいですけど、
でも最後くらい、自分に正直に、でも相手を思いやって終わりたいですね。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ