競馬【特選情報局】ホースレター

  • ¥0

    無料

プロ馬券師「スズカ」の競馬コラムと、怖いくらい的中する穴馬候補の無料公開。競馬歴23年でサイレンススズカの大ファン。独自の予想理論を確立した2001年から2014年までの14年間中、13年間で年間勝率220%超えを達成。予想スタイルは、2項目だけの絞り込んだデータに着目した基礎データをベースに、競馬関係者から入手する新聞には載らない情報を加えて、馬券対象馬を8頭~10頭に絞りこみ、馬連、馬単、3連複、3連単の中から馬券を選択。中穴~大穴狙いながら、「馬連の的中率41%、馬単の的中率32%、3連複の的中率30%、3連単の的中率22%」というアベレージを維持する事から多くのファンに支持されている。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
競馬【特選情報局】ホースレター
発行周期
不定期
最終発行日
2018年06月19日
 
発行部数
5,597部
メルマガID
0000212896
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > 情報(ギャンブル・スポーツ)

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  競馬【特選情報局】ホースレター   「まぐまぐ」殿堂入りメルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■■■ 的中率約80%【無料】ボム指数DE競馬予想 ■■■
-----------------------------------------------------------------
※当無料メルマガは、平日に競馬関連ニュースや「ボム指数DE競馬予想」
 関連のニュースをお届けし、競馬前日の23:00~25:00頃に、的中率
 約80%の「無料・ドル箱馬」や年間プラス回収の「ボム爺の弟子・
 山口のプライベート予想」をお届けします。
-----------------------------------------------------------------
   ★「ボム指数DE競馬予想」 http://mite-yo.com/lp/bomb



ボム爺の競馬担当の山口です!

本日もスズカさんのメルマガで失礼します<(_ _)>


直近2週間が少しおとなし目の成績でしたが、
先週は復調気配です。

万馬券も10本的中し、最高配当金額も10万馬券には届かないものの
8万馬券とおいしい的中になっています。

この上昇気流に乗って、いよいよ今週は【宝塚記念(G1)】ですね!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【A】先週の万馬券・的中本数【10本】 … 歴代最高記録「21本/週」

   ■万馬券の的中詳細 ⇒ http://keiba-bonbjii.com/archives/2136

【B】今年の万馬券・的中本数 [合計 274本] … 昨年「合計702本」

【C】今週の募集人数は【30名】です。
   ⇒ http://mite-yo.com/lp/bomb 「ボム指数DE競馬予想」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


今週は春のグランプリ!【宝塚記念(G1)】ですね^^

正直なところ、メンバー的には絶対的な馬がいない上に

各有力馬に不安要素があるという・・・



  “競馬のドラマは楽しめないが、

     馬券はトコトン楽しめる”


そんなレースだと断言できますm(_ _)m。


考えてもみて下さい。

おそらく1番人気のサトノダイヤモンドは、昨年からの不調を引きずったまま
調子も絶好調からはほど遠い状態。

最終追切りが仮に良かったとしても絶好調時からみて80%の出来にもって
いくのがやっとの筈。


次に、昨年の覇者サトノクランも有力馬ですが、昨年との違いは
海外遠征帰りで、ここまでのプロセスに若干の不安を残すところ。


ヴィブロスにしても前走のドバイターフ(G1)で2着と力を示すも
海外遠征帰りはマイナス要素にこそなれどプラス要素にはならず。


キセキも直近2走は9着と惨敗で、未だ良馬場適性は疑問符がついたまま。


2015年、2016年の香港年度代表馬のワーザーも、日本の競馬で力を
出せるか未知数な上に、力は衰えていないとの見解も年度代表馬の
時期より能力が低下はあれど維持、向上は無理。


このように実績上位の有力馬が揃って不安を抱える状況ですが、
そうかと言って「それ以下」の馬に絶対的な輝きを感じる存在も
いない。


つまり【どの馬が馬券に絡んでも何ら不思議ではない】レースなのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こんな時こそ、馬の能力をあらゆる角度から分析して数値化した
「ボム指数」が威力を発揮することを、過去に数えきれないくらい
証明してきました。


まさに今年の「宝塚記念(G1)」も絶好の舞台だと
スタッフ一同、鼻息を荒くしている次第です。


実際に、現時点で出走全馬のボム指数は算出できていませんが、
「おそらく人気薄の馬で、やたらボム指数が高い馬」が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2頭も確認できています。


そうです!
いわゆる【ボム指数的穴馬】が2頭もいるのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ボム指数ファン歴の長い方ならご存知だと思いますが、
【ボム指数的穴馬】が「大穴」や「超大穴」馬券を演出して
きた事例は数えきれません。


10万馬券どころか、30万~60万馬券を
何度も的中させているのです。


今週の募集人数は【30名】です。

今すぐご検討くださいね^^

⇒ http://mite-yo.com/lp/bomb




山口



=====================================================================


それでは、また!




●発行者:「スズカ」(鈴鹿嘉人)プロフィール
=============================================
競馬歴23年。苗字との関連性もあり、サイレンススズカの大ファン。1992年から
2000年までは勝率に波があり目立った成績はないが、独自の予想理論を確立した
2001年から2016年までの15年間で、2006年を除いた13年間で年間回収率220%超え
を達成。予想スタイルは、わずか2項目だけの絞り込んだデータに着目した基礎
データをベースに、競馬関係者から入手する新聞には載らない情報を加えて、
馬券対象馬を8頭~10頭に絞りこみ、いくつかのルールに則り、馬連、馬単、3連複、
3連単の中から1~2種類の馬券を選択。中穴~大穴狙いながら、「馬連の的中率41%」
「馬単の的中率32%」「3連複の的中率30%」「3連単の的中率22%」というアベ
レージを維持する事から多くのファンに支持されている。万馬券が代名詞。
「本命馬券を買うくらいなら、そのレースの馬券は買わない。根拠ある穴馬を
絡めて万馬券を狙い撃つのがプロフェッショナル」が口癖。プロ馬券師だが、
同時に競馬関連のコピーライターとしても活躍中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

競馬【特選情報局】ホースレター

★ 発行システム:『まぐまぐ!』
★ 配信中止はこちら ⇒  http://www.mag2.com/m/0000212896.html


-------------------------------------------------------------------------
【広告に関する免責事項】

広告内容に起因して発生した広告主様と第三者のいかなる損害(第三者から
広告主様に対してなされたクレーム、損害賠償請求等に基づく損害を含む)
について当メルマガ発行者は一切の責任を負わないものとします。
-------------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ