障害年金を勝ち取ろう!

  • ¥0

    無料

著者サイト

請求のポイントを知らないともらえないのが障害基礎年金、障害厚生年金です。うつ病などの精神病、肝臓の病気などでももらえます。障害年金コンサルタントの社会保険労務士が、初診日、障害認定基準、診断書、不服申立(審査請求)などの注意点を配信します。

   

メールマガジン最新号

★障害年金を勝ち取ろう! ★★ Vol.167
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012/01/25
権利としての障害年金を勝ち取るためのポイントをアドバイスします!

【64歳、人工透析】
Q:64歳。腎不全で人工透析。透析を始めて2年。厚生年金加入40年。現在、老齢厚生年金を受給していますが、障害厚生年金とはどこが、どのように違うのですか。

A:老齢基礎年金の繰上げ請求はしていないことを前提にお話します。している場合は↓を見てください。
http://www.shogai-nenkin.com/rou.html

1 老齢厚生年金と障害厚生年金は、年金の支給根拠が違います。前者は年齢、後者は障害です。
原則として、両方の権利がある場合は、どちらか高い方の選択です。

2 ただし、65歳以降は、国民年金加入期間が480ヶ月未満の方の場合は、以下の選択が可能で、有利になります。
障害基礎年金+老齢厚生年金
あなた様の場合、40年加入ということですので、65歳からの老齢基礎年金+老齢厚生年金と同額ということになります。違う点は、障害年金には税金がかからないということはあります。
ですから、基礎年金にかかる税金をなくすという意味では、65歳になる前に、障害年金の請求をされることはプラスではあります。人工透析の場合は、障害年金は2級です。

3 その他、障害年金の請求をして、プラスになるのは、遡って(障害認定日)請求が可能な場合です。
障害年金でいう初診日から1年半の時点で、障害厚生年金3級以上と認定されれば、その時点まで遡って障害年金の権利が発生します。
腎不全の初診日は、その前に糖尿病の治療歴がある場合は、糖尿病の最初の診察日です。糖尿病がない場合は、最初に腎臓の異常数値を医師に指摘された日です。
その日から1年半経った時期に↓の3級以上の可能性がある場合に、遡って請求をします。
http://www.shogai-nenkin.com/jinshikan.html
初診日から1年半~3ヶ月以内の診察日の状態で診断書を作成してもらいます。
遡って認定された場合、最大5年分支給があります。
ただし、2に書いたとおり、老齢年金との選択(障害年金を選択すれば老齢年金の額との差額が支給)ですから、遡って認定された場合にどのくらいプラスになるかは、老齢厚生年金をこれまでどの程度の額もらっていたか(在職中の支給調整はどの程度あったか、障害年金には在職中の調整はない)、遡って2級になるのか3級になるのか、によって違ってきます。

【お知らせ】
※Facebook でページを作りました。ほぼ毎日更新を目指しています。
↓のトップページ左下の「安部敬太社会保険労務士事務所」をクリックしてくださ
い。
www.shogai-nenkin.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:障害年金受給をサポートする社会保険労務士 安部敬太
安部敬太社会保険労務士事務所
無料メール相談はこちら↓より
障害年金.com  http://www.shogai-nenkin.com
登録解除もこちら↑より
免責事項:記事によって損害が生じても、保証はできません
バックナンバー:上記サイトに随時加えていっていますので、サイトをご覧くださ
い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
障害年金を勝ち取ろう!
発行周期
週刊
最終発行日
2012年01月25日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000214714
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 法律

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ