FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント

  • ¥0

    無料

生活に関するお金の相談やセミナーを数多く手がけるファイナンシャルプランナーの栗本大介が、豊かで幸せな生活を送るために、身につけておきたいお金周りの知識をお伝えします。自分自身で判断できる賢い消費者となり、世の中にあふれる情報に振り回されないようにしましょう!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年07月21日
 
発行部数
1,623部
メルマガID
0000216963
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 家計 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□■────────────────────────────────
■  FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント(2017.7.21 第361号)
http://fpoasis.jp/                 
────────────────────────────────□■

------------------------------------------------------
▼講演のご依頼はこちらから
 https://www.fpi-j.biz/app/fpoasis/cgi/entry.cgi 
------------------------------------------------------


みなさん、こんにちは。
エフピーオアシスの栗本です。



週刊ダイヤモンドが、
「金融庁 VS 銀行 あなたのお金の味方はどっち?」という、
刺激的な特集を組んでいました。


「消費者の真の利益を顧みない、生産者の論理が横行している。」
として、現在の金融機関の在り方に公然と疑問を呈し、

世間からの注目度の高い森信親長官が、
3期目に入ったとして話題になった金融庁。


この特集の中では、
「あなたが資産を殖やしたり守ったりするための味方となる異例の長官」
と表現されています。



適切な資産形成はもちろん、
お金周りのトラブルを無くすためには、

消費者が正しい知識を身につけることと、
金融機関の適正なサービスは欠かせません。


こうした議論が、
「どちらが勝つか」という話ではなく
「みんなが幸せになるための協力」
に繋がればいいなと思う次第です。





***




今週号からお読みくださっている皆様、
ご登録頂きましてありがとうございます!

お時間があるときにバックナンバーにも目を通してみてください。

▼バックナンバーはこちらから
 http://archives.mag2.com/0000216963/



------------------------------------------------------
■ セミナーのご案内
------------------------------------------------------


こちらでは、私共が講師を務めたり開催に関係している中で、
どなたでもご参加いただけるセミナー情報をお伝えしています。


また、私が所属している生活経済研究所長野が主宰する、
家計の見直しセミナーのご案内も行っています。



■「家計の見直しセミナー」WEBサイトをご活用ください!


家計の見直しセミナーは、
生活経済研究所長野が提供するWEBセミナーです。


1テーマは2時間~2時間半。
テキストはその場でPDFデータをダウンロードできます。


実際に受講された方の90.9%が「とても満足」と回答され、
まあまあ満足と合わせると、98.2%の受講者にご満足いただいてる、
業界内でも注目のコンテンツです。


現在「確定拠出年金導入セミナー」を
丸ごと1本、無料視聴していただけます。


WEBサイトにアクセスしてご自身の目でお確かめください。


▼家計の見直しセミナー
 https://fpi-j.tv




--------------------




さて、今回は3つの話題をお伝えいたします。


1.ビットコインの基礎の基礎
2.最近の相場の動き
3.栗本FPスクールのお知らせ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.ビットコインの基礎の基礎
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■ビットコインとは?


「ビットコイン(以下、BTC)」は、
仮想通貨や暗号通貨などと呼ばれます。


私たちが普段使っている「円」や「ドル」などの現実の通貨は、
その国の中央銀行が発行、管理していることで価値が守られています。


それに対してBTCは、
中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在していないのですが、

インターネットを通じて
不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用できるほか、
支払い手段として使える実店舗も増えています。



記憶に新しいところでは、
家電量販店のビックカメラが、決済手段に試験的に導入しており、
1会計につき最大10万円相当までの支払いに使用できます。


このほか、
中小規模の小売店に多く導入されている
リクルートの決済サービス「Airレジ」も、
2017年中に全国26万の採用店舗でBTC決済に対応すると発表しています。



日本で名が知られるようになったのは、
2014年に発生した、
BTCの交換所である「マウントゴックス」の破たんのニュースでしたから、
なんとなく怪しいもの、という認識が強いのかもしれませんが、

世の中では「決済手段」としての地位が、
着々と築かれているというわけです。


これまで曖昧だった法的な位置づけも、
2017年4月1日施行の「改正資金決済法」によって、
支払手段の一つとしてきちんと認められるに至ってます。



ちなみに、仮想通貨はBTCだけではなく、
現在流通している仮想通貨は500種類程度あるとされています。


その中で時価総額が一番多いのがBTCであり、
20017年5月時点で約300億ドル。
日本円で約3兆4,000億円ほどです。


2位のイーサリアム(ETH)が約82億ドル(約9,200億円)、
3位のリップル(XRP)が約68億ドル(約7,600億円)なので、
現在のところは圧倒的にBTCの存在感が大きいわけです。




■投資としてみたBTC


さて、このBTC、
私たちが普段使っているお金のように「決済手段」として利用できるほか、
株や為替の取引のように、
BTCそのものの取引で儲けが出たり損が出たりします。


ちなみに、
2009年に運用が開始されたビットコイン(BTC)は、
最初に取引が行われた時に、1BTC=約7円だったそうです。

2017年7月21日時点の水準は、
1BTC=約30万円ほどになっているので、実に42,857倍。

仮に取引が始まった時に1万円分のBTCを購入していたら、
現時点で4億2,800万円ほどに増えている計算になります。


多くの人が興味を持つ理由でもあります。



また、株式等の金融商品に投資している資金の場合、
そのままの状態で決済に使うことはできません。

例えば
「○○会社の株を100万円分もっている」からといって、
どこかのお店で100万円分の買い物ができるわけはなく、
「現実のお金」への換金が必要です。


しかしBTCは、取り扱っているお店において、
そのままの形で支払い手段として利用できます。


これだけを見ると、
「貯まったポイントでそのまま支払ができる」
というサービスに似ていますが、

こうしたポイントサービスの場合、
1ポイント=1円といった交換比率が決まっていますし、
知らない間にポイントが増えたり減ったりすることはありません。
(キャンペーンなどは別です)


保有している1,000ポイントが、
常に「1,000円」として取り扱われるより、

その時の相場状況によって、
「2,000円」として取り扱われる可能性のある方が、
なんとなく夢があると思うわけです。


もちろん「500円」にしか取り扱われないリスクもあります。



■BTCの入手方法



このコインを手に入れるには主に4つの方法があります。


1.ネット上で発掘する
2.取引所で通貨と交換する
3.BTCのATMで交換する
4.ゲームで得たり、ポイント交換で得る


この中で一番わかりにくいのが
「1」の発掘ではないでしょうか。


ここでいう「発掘」というのは、
「お札を新規に発行する」と考えればいいでしょう。


もちろん、
誰もが自由に発行できるわけではありません。


そもそもBTCは、予め発行量の上限が
2,100万BTCと決められています。

発行量が決まっているので需要が高まるほど価格が上がるわけです。


そして、このBTCの新規発行のことを
「マイニング(採掘)」と呼ぶので、
先ほどの「ネット上で発掘する」という表現になるわけです。


ただ、マイニングといっても、
ダイヤモンドの発掘のように、
何もないところからそれを掘り出す(=見つける)のではなく、

「ある作業を行うことに対して報酬として支払われる」

というものです。


BTCは、取引が発生した際に、
その取引が信頼できるものであるかどうかの
確認・記録のための計算作業が行われており、
この作業が「マイニング」というわけです。


今回は「基礎の基礎」なので、
詳細については触れませんが、
今では個人でのマイニングはほぼ不可能なのだそうです。

ちなみに、これまでに1,600万BTCが採掘されており、
2140年に2,100万BTCに到達するようにコントロールされています。



以上、今回はBTCの基礎について取り上げました。


なお、現在BTCには「分裂騒動」が持ち上がっています。

様々な問題が生じているBTCの性能を改善するために、
複数の解決策が提案されているのですが、
この提案内容をめぐり「分裂」する可能性がでているのです。


分裂が起こった場合、
BTCによる決済の一時的な停止を公表している店舗もあり、
行方が注目されています。


このように、まだまだ不明なことも多いBTCですが、
「次世代の決済手段」の1つとして、
今後も情報を追いかけていきます。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2.最近の相場の動き
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


7月10日⇒7月20日の主な相場指標の動きです。


●株価

日経平均株価:20,080円98銭 ⇒ 20,144円59銭
TOPIX:1,615.48 ⇒ 1,633.01
NYダウ:21,408.52ドル ⇒ 21,611.78ドル
上海総合指数:3,211.85 ⇒ 3,245.33




●為替

米ドル円:114円06銭 ⇒ 111円84銭
ユーロ円:129円99銭 ⇒ 130円10銭
ポンド円:146円91銭 ⇒ 145円10銭
豪ドル円: 86円75銭 ⇒  88円36銭



●その他

原油(NY):44.53ドル ⇒ 46.73ドル
金(NY):1,213.70ドル ⇒ 1,244.10ドル



長期金利:0.090% ⇒ 0.070%



***


日銀は、20日の金融政策決定会合において、
従来から掲げてきた「2%の物価目標」の達成時期を、
2019年度ごろに先送りしました。

これによって、
大規模な金融緩和政策が長引くと考えられ、
株価の上昇につながっています。


日銀が目標達成時期を先送りするのはこれで6度目。
黒田総裁も「残念だ」と発言されたようです。


通常、景気の回復は物価の上昇をもたらします。


数字上では景気が回復傾向にある日本において、
物価上昇が鈍い理由として、
長年のデフレ期に染み付いた慎重姿勢(=デフレ心理)があるそうです。


確かに、将来に対する不確定要素があり、
必要なものは概ね手に入れている現在の日本では、
少しぐらいお給料が上がっても、
消費を増やさない状況はよくわかります。


以前、国の豊かさを図る指標として
「国民幸福度」を取り入れる動きがありましたが、

人々の心理が及ぼす影響は
これからますます大きくなるのかもしれません。




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.栗本FPスクールのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6月に実施されたCFP試験の結果が、
7月19日に日本FP協会から発送されています。

もうお手元に届いているころではないでしょうか。


各課目の合格ラインは、

金融資産運用:29点
不動産:27点
ライフプランニング・リタイアメントプランニング:29点
リスクと保険:32点
タックスプランニング:31点
相続・事業承継設計:28点


となっています。

すべて50点満点なので、
およそ6割で合格、7割取れば確実、
という従来通りの結果となっています。


次回の11月試験まで、あと3ヶ月半ほど。

願書受付期間は9月7日からですが、
1日も早く過去問を解き始めるようにしてください。



そして、9月10日にはFP技能士の本試験があります。
(1級・2級・3級すべて)


こちらの受検申請期間は、
7月5日~7月25日となっていますので、

受検予定の方は
願書の提出を忘れないようにしてお気をつけください。



なお、9月の本試験を受けられる方を対象に、
今回の試験の出題傾向を踏まえ、
これからどのように学習すればよいのかを話してますので、
受検予定の方はぜひご覧ください。


▼2級FP技能検定 本試験検証会
 https://fpi-j.tv/con/58



2級試験対策の直前総まとめ講座も
ご用意しています。


こちらの講座は、
各課目を40~50分の動画にまとめているものの、
5月試験の学科問題のうち37問をカバーしていました。

学科は36問の正解で合格ですから、
講座で触れている内容をしっかり押さえていれば、
合格水準に達するというわけです。

課目別での受講も可能なので、
是非お試しください。


▼2級FP技能士「直前総まとめ講座」
 http://fpi-j.tv/category/2ch_kurimoto_fp



------------------------------------------------------
■編集後記
------------------------------------------------------


先日、20年前に、
私の講義を受講してFPに受かったという方とお会いしました。


試験対策講座の講師デビューが1997年ですから、
まさにデビュー当時の講義を受けてくださった方です。


今は不動産関連の事業をされているとのことで、
仕事上の接点はないのですが、
20年も前のご縁が、ちょっとしたきっかけでつながるのは、
うれしいものです。




▼講演のご依頼はこちら
 https://www.fpi-j.biz/app/fpoasis/cgi/entry.cgi 



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の配信は2017年8月1日を予定しています。



日々の活動は、下記のブログやツイッター、
Facebookでもご覧いただけます。

コメントやお友達申請は、お気軽にどうぞ!

お友達申請の際には、
ひと言でもメッセージを頂けると嬉しいです。


(株)エフピーオアシスのFacebookページにおいても、
活動の様子などをお伝えしています。

 https://www.facebook.com/fpoasis.jp/



▼ FP栗本の幸せ日記
 http://blog.livedoor.jp/kurisuke701/


▼株式会社エフピーオアシス
 http://fpoasis.jp/


------------------------------------------------------
▼講演のご依頼はこちら
 https://www.fpi-j.biz/app/fpoasis/cgi/entry.cgi 
------------------------------------------------------


▼解除/バックナンバーはこちら
 http://archive.mag2.com/0000216963/index.html


====================================================
本メールの内容の複製・転載、および本メールの転送を禁じます。
著作権は株式会社エフピーオアシスに帰属します。
●発行者:株式会社エフピーオアシス
●執筆者:栗本大介
日本FP協会認定CFP、1級FP技能士
====================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ