FPが語る!ハッピー☆リタイア達成まで7300日の道のり

  • ¥0

    無料

著者サイト

ハッピー☆リタイヤに向けて今何をすべきか実務家FPが実際の例をまじえながらわかりやすく語ります。生命保険・住宅ローン・資産運用・この3つのお金の使い方をマスターすると完璧!楽しい老後をめざし、ともにがんばりましょう!

   

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
FPが語る!ハッピー☆リタイアまであと7300日(20年)達成への道のり 

<難しい言葉はありません。ズバリ、簡単かつ明瞭な言葉で本音トーク!
自分のリタイア後の人生をより豊かに、安心して過ごすには
少しばかりの知恵と行動力さえあれば、OKです。
7300日後があなたと私のゴールです。
自分自身が描く豊かな老後をめざしてともに、がんばりましょう!>


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  
〇 初めてこのメルマガをお読みになられる方へ

このメルマガは、
今から約20年後に間違いなくやってくる老後の生活を豊かに送りたい
(ハッピー☆リタイアといいます)方のために
今から、なにを考えておくべきなのか、どうしたらよいのか・・・

 資産運用・保険・住宅ローンなどに対し、今やるべきことは何か?

お金を賢く使い、いかに資産を増やしていくかが

実務家FPが日ごろの経験を通してお伝えしていきます。


難しいことはありません。「なるほど・・・そうか!」と気づいていただき、
ゆっくりと行動していただければOKです。



ご相談のご依頼も気軽にお声をかけていただき
FPを上手に利用していただければと思います。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
本日のテーマ

○ 年金にあのとき入っておけばよかった・・・個人年金  パート2
〇 編集後記
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 
  
〇 初めてこのメルマガをお読みになられる方へ

このメルマガは、
今から約20年後に間違いなくやってくる老後の生活を豊かに送りたい
(ハッピー☆リタイアといいます)方のために
今から、なにを考えておくべきなのか、どうしたらよいのか・・・

 資産運用・保険・住宅ローンなどに対し、今やるべきことは何か?

お金を賢く使い、いかに資産を増やしていくかが

実務家FPが日ごろの経験を通してお伝えしていきます。


難しいことはありません。「なるほど・・・そうか!」と気づいていただき、
ゆっくりと行動していただければOKです。



ご相談のご依頼も気軽にお声をかけていただき
FPを上手に利用していただければと思います。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サラリーマンの節税対策というと、
「所得控除」があげられます。


住宅ローン控除と同じ扱いでは?
と勘違いされますが、

住宅ローン控除は、
年末の住宅ローン残高の1%分について、
1月~12月までに給料天引きから差し引かれた
所得税、住民税が、還付されます。


だから、3000万円の住宅ローン残高に対し1%の30万円が
税金の戻りということで、還付対象


※当然、その年に30万円の所得税や住民税を払っていなければいけません。
払ってもいないのに、30万円戻りません。ご注意を。




一方、所得控除ですが・・・・


サラリーマンの税金の計算方法は、

年収から、給与所得控除や扶養控除などその家族構成より

ひかれる控除は様々ですが、
それらの使える控除を引き倒した後に、

最後に税率をかけ、所得税を計算します。(課税所得)


つかえる控除が多ければ、課税所得は、少なくなり
それが、節税につながるということです。


で、今回は、控除のひとつである「年金保険料控除」

を使って年金にはいると、どれぐらい節税効果があるのか?
考えてみましょう・・・というオハナシ。






定額個人年金で節税と老後資金の一挙両得!仕組み作りとは?






まず、個人年金控除としては、
いくら課税所得から引くことができるのか?
といいますと、




個人年金保険料控除・・・・個人年金保険料8万円(年間)超~
⇒4万円の所得控除

個人年金保険料5.6万円(年間)超~
⇒2.8万円の住民税控除


所得税と住民税合わせて、6.8万円の控除です。





課税所得によって、税率は異なりますが・・・・






<A>課税所得金額が330万円超~695万円以下  税率20%
<B>課税所得金額が695万円超~900万円以下  税率23%

住民税は、課税所得にかかわらず、10%


高額所得者サラリーマンのほうが、たくさん税金も払っているから、
控除金額が多ければ、効果が高いということですよね・・・。




さて、具体的に試算しますと

仮に、A社の保険会社で
月払い、11,325円の個人年金に40歳~60歳まで
20年加入した場合・・・




11,325万円×12カ月×(60歳-40歳)=2,718,000円 (支払う総保険料)





<A> の所得の方の実質保険料は

4万円×0.2×(60歳-40歳)=16万円
2.8万円×0.1(60歳-40歳)=5.6万円     合計216,000円

                          ※1年間で10,800円の節税



2,718,000円-216,000円=2,502,000円       実質保険料2,502,000円



年金保険料控除を考えないで
単純に受け取る年金÷支払った保険料×100= 110.3%に対し、

年金保険料控除を考慮した場合、
3,000,000÷2,502,000円×100=119.9%      実質の戻り率 約120%







<B> の所得の方の実質保険料は

4万円×0.23×(60歳-40歳)=18.4万円
2.8万円×0.1(60歳-40歳)=5.6万円     合計240,000円
                           ※1年間で20,000円の節税


2,718,000円-240,000円=2,478,000円       実質保険料2,478,000円



控除前の戻り率は 110.3%に対し、
控除後の戻り率は、
3,000,000÷2,478,000円×100=121.0%       実質の戻り率 約121%




公的年金がもらえる、もらえない、
というブラックボックスの中で、
将来を悲観しても仕方がないことです。


まずは、自分の年金は自分で作る!という仕組みとして

個人年金で強制天引きされるのは、必ずもらえるため

安心ではないでしょうか?




将来の老後に対して、自分で仕送りをするイメージです。


人はなかなかお金を貯められない生き物です。

あると、あるだけ使ってしまいます・・・


そうならないには、強制天引き!


いちばんシンプルでかつ間違いがない方法だと思います。


けして、これだけで老後資金が賄えるわけではありませんが、


節税を計りながら・・・というのが、美味しいです!





チリツモですが、20年で24万、1年で2万の節約
をしながら、将来の自分に仕送りを考えてはいかがでしょうか?



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
編集後記
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ひさしぶりのマルマガ発行です。(ごめんなさい!)

今年1年は、子供が受験モードに突入!

オニ母になってしまうかもと心配しています~(笑)

まずは、体調管理!しっかり栄養のあるものをバランス良く食べさせないと!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
住宅ローンや教育費、老後の資金が心配な方・・・・・
これを機会に、ライフプランの見直し・点検をしませんか?

初めての方限定!FP相談1980円~というサービスを開始しました。
詳しくはこちら
http://www.yy-hoken.com/?page_id=864

生命保険診断・ライフプラン・住宅ローン相談のお申し込み受付中。
 お申し込み先 0798-36-4877(非通知・携帯ご利用できません。)  
AM9時~PM18時  土日・祝日対応しています。
または、メール  でお気軽にお問い合わせください。
山下FP企画HP・・・・http://www.yy-hoken.com/もご参考に。
※ スカイプでのFP相談始めました。お気軽にお問い合わせくださいね。
※ メールのお問い合わせ・お申し込みはいつでもどうぞ!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
FPが語る!ハッピー☆リタイア達成まで7300日の道のり
発行周期
月2回
最終発行日
2012年02月17日
 
発行部数
62部
メルマガID
0000219474
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 家計 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ