公民連携メールマガジン

  • ¥0

    無料

地域を変える世界のキーワード“パブリック・プライベート・パートナーシップ”(PPP)。PFI、指定管理者、市場化テスト、民営化、都市再生、地域再生、商店街活性化、企業誘致、まちづくりに必須の情報です。パートナーシップ・コーディネーターを目指しませんか?

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
公民連携メールマガジン
発行周期
週刊
最終発行日
2018年01月09日
 
発行部数
204部
メルマガID
0000219662
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 関東

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

**************************************************

公民連携メールマガジンvol.172 2018.1.9

~地域を変える世界のキーワード~

”Public/Private Partnership”に関連する情報源

発行者:東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻
http://www.pppschool.jp/

ml-ppp@toyo.jp

**************************************************

今日の見出し

●入試情報

●学校統廃合シミュレーション

●1月のイベントの案内

**************************************************

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

**************************************************

==============================================

●入試情報

==============================================

4月入学のための3月入試の個別相談会を実施中です。

最後のチャンスになりますので、日頃気になっていると

いう方、是非、相談会に参加してみてください。

特に、大卒資格のない方も、事前審査により受験可能に

なる制度があります。大学院で専門的な知識を身に付け

たいけれども、学部から入りなおすには時間がかかると

お悩みの方、遠慮なくご相談ください。

事前審査書類の提出締め切りは、出願期間の約1か月の

1月31日ですので、お忘れなきようお願いします。

出願期間 2018年2月19日(月)~2月23日(金)

試験日  2018年3月3日(土)

合格発表 2018年3月7日(水)

個別相談会日程

◆大手町サテライト開催 

1/11(木)1/15(月)1/16(火)1/22(月)1/25(木)

各1730~1800、1800~1830、1830~1900、1900~1930、1930~2000

◆白山キャンパス開催 

1/20(土)1/27(土)

各1300~1330、1330~1400、1400~1430

ご希望の日時を指定してml-ppp@toyo.jpにお送りください。

遠隔地の方は、インターネット通学制度に用いるテレビ会議

システムを利用した面談も可能です。 

上記以外でも対応可能な時間がありますので、お気軽に

お問い合わせください。

**************************************************

=================================================

●学校統廃合シミュレーション

=================================================

学校は、公共施設の中でももっとも施設の必要性や規模の目安

が明確な施設です。今回、国が示している標準的な目安を用い

て将来にわたって維持するべき学校の抽出を行いました。

少子化の中で、子どもたちに適正な規模での教育環境を確保

してあげるには統廃合は避けて通れません。統廃合しつつ、

逆に、残す施設はしっかりと地域の拠点として残すというのが

シミュレーションの思想です。

シミュレーションでは、市区町村の境界を取っ払い、日本全体で

何校の小中学校を残すのが適切かをまず算出し、現状の児童生徒

数ランキング上位から順に割り振っていくという方式を採用しま

した。

学校数はおおむね7割減、首都圏でも都心は大幅減、地方圏で

は単独では維持できない自治体が続出する反面、地方都市でも

中心部ではしっかりと残っており、すでにコンパクト化が一定

程度進んでいるという結果になりました。


こうした検討を経ずに、とりあえず更新や長寿命化すると

そのつけはそのまま次世代に先送りされます。


このまま思い切って都市部にコンパクト化するのか、地方圏

でも拠点を維持するため小規模校同士を統廃合するのか、

はたまた小規模校を容認して追加費用のための国民負担を

増やすのか、国民として選択すべきタイミングにあると言えます。


詳細は、1月18日の連続トークでお聞きください。

**************************************************

=================================================

●1月のイベントの案内

=================================================

恒例の連続トークと成果発表会を開催します。

場所はいずれも大手町サテライトです。

参加ご希望の方は、ml-ppp@toyo.jpに所属、お名前をご連絡

ください。開催日、テーマもお忘れなく。

先着順となります。入場無料。

----------------------------------------------------

連続トーク 

テーマ 全国学校統廃合シミュレーション結果

日時 1月18日(木)1700~1800

講師 根本祐二 東洋大学教授

人口減少時代にどこを地域の拠点として残すか、学校統廃合

シミュレーションを用いた新しいアプローチにより、全国全

市区町村で残すべき拠点が明らかになりました。

----------------------------------------------------

連続トーク兼アジアPPP研究所公開セミナー

テーマ 中国が国連を活用してどのように「一帯一路」政策

を推進しているか

日時 1月23日(火)1600~1800

講師 サム田渕 東洋大学教授


国を挙げてPPPを進める中国。一帯一路の狙いとは、そして中国PPPの

決定的な欠陥と日本企業の可能性を探ります。

----------------------------------------------------

連続トーク

テーマ 進化する「民間が運営する都市」

    ~サンディスプリングス市と周辺自治体への影響~

日時 1月24日(水)1700~1800

講師 難波 悠 東洋大学准教授


職員わずか4人で始まった民間運営都市サンディスプリングス市

の近況、また、周辺自治体でも同じ方式が次々に拡大している

事実をレポートします。

「金持ちが集まった町」は単なる誤解で、住民が責任を全うする

ことで必然的に選ばれた形態であることを明らかにします。


----------------------------------------------------

PPP成果発表会

日時 1月30日(火)1800~2000

今年度のPPPスクールの活動成果を実際に活動に携わった

院生、修了生が報告します。

**************************************************

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

公民連携メールマガジン

vol.172 2018.1.9

発行人 東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻

責任者 根本祐二

http://www.pppschool.jp

ml-ppp@toyo.jp

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本マガジンはまぐまぐを利用しています。
http://www.mag2.com/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ