海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継

  • ¥0

    無料

アメリカをはじめとする海外の理系大学院で教育を受けた、次世代を担う27人の科学者の卵が、最新のサイエンス分野を分かりやすく紹介。社会に貢献するトップ科学者の姿とは?また、最先端のサイエンティスト教育と研究環境を誇る、米国での留学生活の成功秘訣を語る。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継
発行周期
隔週
最終発行日
2018年01月28日
 
発行部数
1,570部
メルマガID
0000220966
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/
_/ 『海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継』
_/ January 2018, Vol. 100, No. 2
_/ カガクシャ・ネットワーク → http://kagakusha.net/
_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

- From editors --

今月から「アカデミアでの就職体験談」をテーマに、カガクシャネット・
メルマガの新しい連載がはじまります。大学院留学後の進路として多くの
方が一度は考えるアカデミアでの就職。今回の連載では、日米両国のアカ
デミアでの就職経験をもつ石井聡さんに、両国のアカデミア事情について
対比的に語って頂きます。

前半の今回は「アメリカでのPh.D.取得~日本のアカデミアでの就職」です。
-----------------------------------------------------------------

私はミネソタ大学でPh.D.を取得したのち、日本国内でポスドク、助教を経
験したあと、再びミネソタ大学に戻り、現在はAssistant Professorとし
て教育・研究に従事しています。アメリカ大学院留学→日本のアカデミア(
ポスドク・助教)→アメリカのアカデミアというキャリアパスは、どちらか
というと珍しいと思います。なぜ、こういうキャリアパスを経ることになっ
たのか、また日米両国のアカデミアの職場環境の違いなどについて私見を交
えて紹介したいと思います。

もともと日本のことが好きな私は、ゆくゆくは日本で研究職に就きたいと考
えていました。学部卒業後すぐに渡米しましたが、アメリカでの大学院留学
は武者修行のような感覚でした。Ph.D.取得にメドがついた頃に、幸運なこ
とに日米両方からポスドクオファーをいただきましたが、研究内容および将
来的なことを考え、日本に戻ることにしました。

ポスドクで所属したラボは、私が学部のときに卒論研究を行った研究室でし
たが、私が卒論時にお世話になった教授、准教授は退任・異動されていまし
た。一時帰国の際や国際学会等を利用して、新しく着任された教授と意見交
換しておいたのが、ポスドクオファーにつながったのかもしれません。ポス
ドクでは自由に研究をさせていただき、新しいスキルを身につけることがで
きました。また、国内の学会に参加・発表する機会に恵まれたので、日本の
先生方とのネットワークを構築することができました。日本でもアメリカで
も、アカデミアに就職する場合は、研究者とのネットワークは大切です。そ
の分野で目立つ存在になることによって、応募書類に目を留めてもらいやす
くなりますし、紹介してもらえるチャンスも増えると思います。

ポスドク生活を楽しみつつ、その後の身の振り方を考え始めたとき、北海道
大学(北大)大学院工学研究院で環境微生物の助教を募集しているという公
募をみつけたので、応募してみることにしました。私はもともと農学系です
が、工学部でも水処理等で環境微生物研究が盛んです。多くのエキサイティ
ングな発見が工学系ラボから報告されていたので、私自身も工学系に移動し
て新たな分野を開拓したいと思いました。公募先の研究室の教授とは、学会
でお話したことがありました。特にお声をかけていただいたわけではなく、
分野違いの私が応募するとも思っていなかったようですが、無事採用してい
ただけることになりました。

北大で助教として所属した研究室は講座制を取っていて、教授、准教授、助
教(私)の3人の教員がいました。それぞれに専門分野が若干異なるので、
各自で自分の研究テーマを持ちつつも共同研究も行うという、講座制のメリ
ットが生かされている研究室だったと思います。講座制での助教の立場は、
研究室によって大きく異なると思います。私の場合は幸運なことに、自由に
研究できる環境にありました。ときどき教授の研究テーマを手伝うこともあ
りましたが、それにより研究の幅を広げられたので、いまから思えばよかっ
たと思います。札幌も快適な街でとても気に入っていました。

そんな恵まれた環境にいた私ですが、再びアメリカのアカデミアを目指すこ
とになります。次回はその経緯および日米両国のアカデミアの職場環境の違
いの詳細をご紹介します。

○ 次回は2月下旬の発行予定です。お楽しみに!
○ 石井さんにご質問がありましたら、カガクシャ・ネット宛にお気軽にご連
絡ください。
-----------------------------------------------------------------
著者略歴:

 石井 聡(いしい さとし)

 2001年3月 東京大学にて学士号を取得。
 2003年8月 Iowa State UniversityにてM.S.取得。
 2007年8月 University of Minnesota - Twin CitiesにてPh.D.を取得。
    9月 東京大学大学院農学生命科学研究科にてポスドクおよび特任助教。
 2011年4月 北海道大学大学院工学研究院にて助教。
 2015年4月 University of Minnesota - Twin CitiesにてAssistant Professor。

 専門は環境微生物学。微生物を利用した環境浄化研究に従事。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
カガクシャ・ネットワーク http://kagakusha.net/
(上記サイトでバックナンバー閲覧可)
発行責任者: 武田 祐史
編集責任者: 向日 勇介
メールマガジンの登録と解除:
http://www.mag2.com/m/0000220966.html
ご連絡はこのメルマガに「返信」または以下のページから:
http://www.kagakusha.net/contact
友人・お知り合いへの転送は自由ですが、無断転載は禁じます。
転載ご希望の際は必ずご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ