海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継

  • ¥0

    無料

アメリカをはじめとする海外の理系大学院で教育を受けた、次世代を担う27人の科学者の卵が、最新のサイエンス分野を分かりやすく紹介。社会に貢献するトップ科学者の姿とは?また、最先端のサイエンティスト教育と研究環境を誇る、米国での留学生活の成功秘訣を語る。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継
発行周期
隔週
最終発行日
2017年07月20日
 
発行部数
1,628部
メルマガID
0000220966
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/
_/ 『海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継』
_/ July 2017, Vol. 97, No. 3
_/ カガクシャ・ネットワーク → http://kagakusha.net/
_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

- From editors --

今回で、「新留学生リレー日記」は最終回となります。長期にわたり
ご愛読いただきありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------
今回のリレー日記では、UC Davisの村瀬さんにアメリカの、Oxford大学の江口
さんにイギリスの、Tübingen大学の川口さんにドイツの高等教育の学位制度、
学費、入学制度について16回にわたりご紹介していただきました。実際に
インタビューを受けていただいたのは、3か国に留学中の方だけでしたが、
カガクシャネットで独自に北アメリカ、ヨーロッパに加え、東アジア、南アジアの
10カ国・地域の留学制度についてアンケートを行った結果、理系の大学院留学では、
博士の学位制度、研究室又は政府による奨学金、入学時期などについてある程度
共通している部分があることが分かりました。

多くの国において、日本における修士の学位、博士の学位に相当する学位が
ありますが、博士課程が比較的画一的である一方、修士課程については多様な
制度があることが特徴的でした。博士課程(修士号相当取得後)の期間は、
個人の能力や研究室の事情によってある程度変動しますが、世界的にみて3-4年
程度が目安です。その反面、修士課程は国によって制度が大きく異なり、
アメリカやイギリス、香港には日本より短期間のうちに修士の学位が取得できる
コースが存在します。講義のみ・学位論文なしで早ければ1年ほどで修了できますので、
将来的に企業就職を考えている方には向いているかもしれません。ただし、博士課程
への進学を考えている場合やアカデミアへの就職を希望する場合、こうした
短期コースでの学位は学位論文を有する学位と同等に扱われない可能性があるので、
注意が必要です。

学費に関しては、アメリカ・イギリスでは非常に高額に設定されている一方、
ヨーロッパ大陸側では、ほぼ不要の国も多く見られます。とはいえ、理系の
博士課程の場合、多くの国で奨学金や研究室からの給料という形で学費や生活費の
全面的な支援を受けられる制度があるので、こうした制度を活用すれば、自己負担
は国に依らず、ほぼ不要なようです。また、生活費に関しても、海外では一般的な
フラットシェアなどの工夫次第で大きく下げることができます。その一方、保険や
医療費、年金等や授業料以外の学校の諸経費等が予想外に高額な場合があります
ので、留意する必要があります。

留学の際のハードルの一つとして、日本と欧米では入学時期が異なるということ
が挙げられますが、イギリス・ドイツ等のヨーロッパの国々の博士課程に関して
は、明確な入学時期が決まっていないため、ポジションが見つかれば、日本の
修士課程修了直後からの留学の可能性も考えられます。欧米圏のみならず多く
の大学で、エッセーやstatement of purpose, GPA が合否を決める重要な資料に
なるので、学部時代から意識して勉強し、専門分野に関する知識を身につけ、
英語で考えを伝える能力を身につけておくことが大切です。また、GRE は、主に
北米の大学院に入学する際に必要ですが、ヨーロッパやその他の地域でも、入学に
際して、GRE相当の試験を受ける、またはGREの結果を参考資料として提出できる
場合がありますので、受けておくにこしたことはないといえます。

これら世界の学位制度に関して、日本学生支援機構(JASSO)のページや、欧州委員会
のページに体系的な情報が記載されていますので、ぜひ参考にしてください。

繰り返しになりますが、大学院留学に関しては、同じ国であったとしても大学や
学科、さらには研究室の運営方針によって、制度や待遇が大きく異なるのが
実情です。そのため、一般的な情報を鵜吞みにせずに、自分自身で出願先の大学や
教授と直接連絡し、気になる項目をひとつずつ確認することをお勧めします。こう
した情報収集活動は日本国内で進学する場合に比べてとても大変ですが、自立して
計画を立てて遂行していく、という重要な能力を身につけるチャンスです。この
能力は留学中のみならず、留学後にもとても役に立ちます。

学位留学をすると典型的な日本人のキャリアからは離れてしまいますが、世界の
異なった価値観をもつ多くの人との交流やネットワークの拡大を通して、視野が
広がり、今後の人生がより豊かなものになります。留学を将来考えておられる方、
まさにこれからしようとされている方、留学への道は、初めは勇気のいる一歩かも
しれませんが、小さくも力強いあなたの一歩を期待しています。

最後に、大変お忙しい中、新留学生リレー日記の連載にご協力いただいた村瀬さん、
江口さん、川口さんにこの場を借りてお礼を申し上げます。

参考リンク

日本学生支援機構 (JASSO) :http://ryugaku.jasso.go.jp/

欧州委員会の留学サイト:http://ec.europa.eu/education/study-in-europe_en

欧州委員会の各国情報:
https://webgate.ec.europa.eu/fpfis/mwikis/eurydice/index.php/Countries

最終回 おわり

-----------------------------------------------------------------
著者略歴:

 江口 晃浩(えぐち あきひろ)
 高専時代にAFSを通じてオレゴン州の高校で一年間の交換留学を経験。2008年より
 米国アーカンソー大学に進学し、2011年春に理学士(コンピュータ・サイエンス)、
 2012年に教養学士(心理学)を取得。同年、英国オックスフォード大学大学院に
 進学し、計算神経科学の博士号過程に在籍中。ブログ「オックスフォードな日々」
 http://hogsford.com

 村瀬 彩華(むらせ あやか)
 カリフォルニア大学デービス校 食品科学科の修士1年生 学部卒業後に渡米
 専攻は食品微生物学

 川口 雄久(かわぐち かつひさ)
 チュービンゲン大学 マックスプランク神経行動科学大学院のD2 学部卒業後に渡独
 研究内容は視覚情報処理と意思決定

━━━━━━━━━━━━━━━━━
カガクシャ・ネットワーク http://kagakusha.net/
(上記サイトでバックナンバー閲覧可)
発行責任者: 武田 祐史
編集責任者: 日置 壮一郎
メールマガジンの登録と解除:
http://www.mag2.com/m/0000220966.html
ご連絡はこのメルマガに「返信」または以下のページから:
http://www.kagakusha.net/contact
友人・お知り合いへの転送は自由ですが、無断転載は禁じます。
転載ご希望の際は必ずご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ