ゆっくりと豊かに生きたい人に贈る幸せのキーワード

  • ¥0

    無料

「ゆっくりと豊かに生きたい」「自分らしく生きたい」というあなたへ。心理カウンセラー・セラピストであるLarghetto-ラルゲット-代表豆子ひさしがスローライフをめざす方に贈る幸せのキーワード。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ゆっくりと豊かに生きたい人に贈る幸せのキーワード
発行周期
週刊
最終発行日
2009年04月01日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000221551
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◇◆◇◆◇◆―――――――――――――――――――――――――――◇

 ゆっくりと豊かに生きたい人に贈る幸せのキーワード
                   不定期発行 NO.77(2009/04/01)
◆――――――――――――――――――――――――――――――――◆  

┌┌  はじめに

 みなさん、お元気ですか?
 今日から新年度が始まりました。
 
昨年の10月以来のメルマガです。
 あまりにメルマガから遠ざかってしまい、
もうこのまま休刊してしまおうかとも思ったのですが
 こんな拙い文章でも、情報発信することで
 何かのお役立てればと思い、奮起しました。

 また、末永くお付き合いしていただければ幸いです。 
  
■ 今日のキーワード ──────────────────────■ 
    
  神の降り立つ場所
  
■────────────────────────────────■

 春の新しい出発といえば、桜の花を連想します。

 朝日新聞の昨日の夕刊に、「日本一の桜」の特集がありました。
 読者が選んだ日本一の桜は、京都・円山公園のシダレザクラでした。
 2位は、福島・三春の滝ザクラ、3位は、東京・六義園のシダレザクラ
 でした。

 残念ながら、私はどの桜も見たことがありません。
 有名なところで言えば、大阪・造幣局の桜の通り抜けくらいです。
 一度は、円山公園のシダレザクラを見たいと思います。

 さて、この朝日新聞の記事に、
 作家の玄侑宗久さんが文章を寄せていました。
 その中で、次のようなことを書いておられます。

 「櫻(さくら)の原産地は日本らしいが、『櫻』という文字はむろん中国産である。
 サラクのなかったかの国では、櫻はもともとユスラウメを意味していた。
 その字をあの木に勝手に当てはめ、しかも『神の降り立つ場所』という意味の
 『さ・くら』という訓で読んだ。日本人のたくましさとアレンジ力がよくわかる話だと思う。」

 そして、櫻は日本でどうしてこんなに人気があるのか、ということについて

 「神が降り立つ場所として、その花は我々を祝祭へと運ぶのだろう。
 非日常の時間が、束の間の開花に伴って訪れる。それは死にも似て、
 職業も地位も年齢もいっさい関係のない世界である。日本人は、ときおり
 そうして非日常の祭りをすることで、日常をほぐし、エネルギーを充填して
 日常に戻ってくる。生が死をはらんでいっそう充実する。大袈裟にいうと
 そういう仕組みではないだろうか。」

 と述べられています。

 さくらには、さ・くら「神の降り立つ場所」という意味があったなんて
 初めて知りました。

 このような話を聴くと、
 あの妖艶な夜桜や
 風に吹かれて、はらはらと舞う花びらに
 人の人生を重ね合わせ、
 ますます幻想的な世界に浸ってしまいそうです。

 短くもあり、長くもある人間の一生。
 様々な思いを巡らせながら
 この数週間、多くの櫻の木の下で、祝宴が開かれることでしょう。

 『人の世に熱あれ!人生に光あれ!』
 
 水平社宣言にある、この有名な句を思い出しました。

 別れと出会いの4月を精一杯過ごしたいと思います。

============================
 ☆「ケアをする人」のメンタル・サポート
    Larghetto-ラルゲット-  では、

 ○福祉・介護職を始めとした対人援助職の方
 ○バーンアウトギリギリで働いている方
 ○介護・子育てなどに悩まれている方
 ○人生の意味を再発見し、
  自己成長・自己探求に取り組まれている方
 などを対象にして

 2009年度もセミナー、ワークショップ、講演会などを
 多彩に企画していきます。
 詳細は、決定次第、メルマガやHPで発表していきます。  
 ご期待ください!

◇◆―――――――――――――――――――――――――――◆◇          
 (編集後記)
 
 今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 我が息子も、6年間お世話になった保育所を卒園し
 4月からはピカピカの1年生になります。
 
 保育所という場を通して、かつて「ガラスのハート」といわれた
 息子は、たくましく、優しく成長してくれました。
 これはすべて、先生方とお友達のお陰です。ありがとうございました。
 そして、どんなことがあっても、がんばって通い続けてくれた
 息子のちからだと思います。親ばかですが…。

 他方で、
 中学1年の姪は、学校という場に苦しんでいます。
 「教室の悪魔」という本を読んだ私は、
 今の学校で繰り広げられている
 大人の想像を絶する陰惨ないじめなどの事象を知りました。
 ですから、簡単に「学校に行ったほうがいいよ」なんて絶対言えません。

 周りの大人が、子どもを信じ、どんなことがあっても
 その子の未来を信じることが何より大切だと思います。
 学力・学歴・業績…そんなことよりも大切なものがあります。
 それは、一人ひとりのかけがえのない存在と個性です。

 大人がそれを信じて実践することが
 子どもたちへのメッセージになると思います。

 みなさまのご意見・ご感想をお待ちしております。
 info@larghetto.jp までお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ゆっくりと豊かに生きたい人に贈る幸せのキーワード★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者:「ケアをする人」のメンタル・サポート
     Larghetto −ラルゲット-
     代表 豆子ひさし(セラピスト・心理カウンセラー)
   Web:http://www.larghetto.jp/
   ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/larghettoblog/
   メール:info@larghetto.jp
─────────────────────────────────
 ●今週号はいかがでしたでしょうか?
  ご意見・ご感想をお待ちしています。
  ⇒ info@larghetto.jp

 ●転送・転載歓迎。ご自由にどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
    Copyright (C)2007 Larghetto All rights reserved

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ