損害保険業界ノススメ

  • ¥0

    無料

著者サイト

損害保険業界に関する情報誌です。「損害保険業界ノススメ」のブログ記事を、メールマガジン形式で配送します。内容は、業界関係者、学生などにとって有益なものとなっています。損保への転職、就職を考えている人、損保業界について熱く考えている人は必読のメディアです。

   

メールマガジン最新号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
       

     ┃損┃害┃保┃険┃業┃界┃ノ┃ス┃ス┃メ┃
      ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━  
                        
       応援・批評・不満・苦情はこちらから
      ⇒ http://blog.songai-hoken.info/ 
                    
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会 事務局です。
 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」を創刊して早2年以上経過
していますが、最近、読者の方からうれしいお便りをいただいておりますので、
ご本人の承諾をいただいた上でご紹介させていただきます。

試行錯誤で運営してきましたが、損保代理店さん、学生さん、損保社員さんに
とっても有益な情報をお伝えできていたことが改めてわかり、今後の励みになり
ました!


【某財閥系損保の営業所長からのお便り】

事務局の皆様

先日は小生のつまらない質問に丁寧にご回答いただきありがとうございました。
ブログで勉強させてもらいつつ、質問に関しても懇切丁寧な返答をいただけたので
本当に感謝しております。

また、愛読している 「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」は
営業所の部下全員に転送し、熟読させています。おかげで、損保産業を科学的に
分析するための考える力がついてきているように思えます。
昨今は、会社本部より、女性社員も営業活動する方針が出されているため、
女性社員の教育に苦心していたところですので、このメルマガを教育用のツール
として活用させてもらっています。商品の話ばかりでは代理店や顧客との会話も
たどたどしくなってしまいますが、メルマガやブログのネタを使って、活発な
コミュニケーションをするよう指導してきましたが、その結果も少しずつ
見え始めています。
TN社解体新書も購読していますので、TN社と取引のある代理店さんに
飛び込みする際は話のネタとして最高です。(実は来月、TN社専属の中核代理店
さんと同じく専属の中堅クラスの代理店さんへの乗合が決定しました)

事務局の皆様方もお忙しい日々を過ごされていると思いますが、ブログの更新、
メルマガ発行を楽しみにしております。今後ともよろしくお願いします。




【某大手損保専属の専業代理店からのお便り】

(前略)
メルマガで、損保ジャパンと日本興亜の合併を予測されていましたね。
それも「金融庁が誘導するのではないか」という仮説も立てられていましたが、
本当のところの詳細はわからないのでしょうが、新聞各紙で、「金融庁からの指摘」
「内外からの圧力」が取り立たされていましたね。また「みずほグループ傘下の再編」
もMS&ADやNKSJのグループ会社の合併の契機になる旨、推察されていましたが、
今から考えなおすとそれも的を得ていると思いました。

当社は、募集人23名を抱える●●社専属の代理店なのですが、今回合併が決まった
相手方の▲▲損保社から数年前より乗合の提案をもらっていました。一時期、心が揺らぎ、
▲▲損保との乗合を考えたのですが、メルマガで「近い将来合併するだろう」という
コメントを見たことで再考し、乗合を踏みとどまったことがあります。
今思い直すと、結局合併することになってのですから、あえて委託会社の●●社と
仲を悪くすることもなかったのですから、踏みとどまらせてくれたことに、勝手ながら
感謝する毎日です。

保険代理店は保険会社の一方的な政策判断により、日々不安定な毎日を送っているのが
現状です。そこで重要になるのが、自社代理店の経営指針を決定するための情報です。
保毎なども購読していますが、事実記事のみであり、そこから推測される将来に関すること
はすべて自身で考えなければなりませんが、一方で、貴ブログやメルマガは将来観測や仮説
を提示してくれていることから、代理店経営者としてはありがたい限りです。これからも
かげながら応援させていただきますので、がんばって下さい。


【某K大学4年生からのお便り】

(前略)
今年4月からは念願のT社に入社することになりますが、ブログや 「日経4誌の損保関連
ニュースをMBA的思考で斬る!」と「東京海上」解体新書 は今後も購読させていただきます。
また、私は損保のゼミに所属し、幹事長もしております。(以前、メルマガの転送可と
お聞きしていましたので)大半のゼミ生が損保を希望していることから、ゼミ生間でも
メルマガの内容は共有させてもらっています。ブログやメルマガの豊富な情報量のおかげも
あって、面接官からの損保産業の将来に関する質問や損保産業に関する課題感に関する質問
に対しては、ばっちり返答できました!
もちろん、受け売りはまずいので、気付きをいただいたメルマガ記事に関しては、自分たち
なりにも背景や事実を調べ上げ、自分たちなりが考える問題に昇華させて、回答しています(笑)

ゼミ生は15名いますが、内10名は損保に入社します。面白いことに、10名全員が
ブログやメルマガを購読しています。この伝統は、後輩たちにも受け継がせていきたいと
思いますので、ぜひ、ブログやメルマガの継続運営をお願いします。
T社の解体新書以外にも、MSやSJの解体新書を発行いただけると、学生の就職活動の
情報源として重宝されると思いますので、発行の検討をお願いします。

損保入社後も何かとお世話になることがあるかもしれませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 ■本日の記事の内容は如何でしたか?
  http://blog.with2.net/link.php?349483
  ブログランキングをお願いします!
  
  応援・批評・不満・苦情はブログでお願いします。
  http://blog.songai-hoken.info/ 

 (内容はいかがでしたか?参考になったという方は、
                 同僚・友人・知人にぜひ転送を)

 ■お勧め!! 「損害保険業界のススメ」(メルマガ版)
 
  ▼http://www.mag2.com/m/0000222174.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
(ご案内)
「東京海上」解体新書 を創刊しました。
http://regimag.jp/m/magazine/detail/?magazine=675
(メルマガサンプルは http://regimag.jp/m/sample/?magazine=675)

【20代向け】「損害保険業界ノススメ」の厳選ビジネス書マラソンを創刊しました。
http://regimag.jp/m/magazine/detail/?magazine=609
(メルマガサンプルは http://regimag.jp/m/sample/?magazine=609)

【立身出世を目指す方向け】「損害保険業界ノススメ」の厳選ビジネス書マラソンを
創刊しました。http://regimag.jp/m/magazine/detail/?magazine=612
(メルマガサンプルは http://regimag.jp/m/sample/?magazine=612)

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」もどうぞ。
http://regimag.jp/m/magazine/detail/?magazine=284
(メルマガサンプルは http://regimag.jp/m/sample/?magazine=284)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

マガジンID     0000222174
マガジンタイトル 「損害保険業界ノススメ」
発行責任者     「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会
メールアドレス   MAILTO:songai_hoken_kiru@yahoo.co.jp

登録・解除はこちらから⇒http://www.mag2.com/m/0000222174.html
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
損害保険業界ノススメ
発行周期
日刊
最終発行日
2012年02月01日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000222174
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 金融・証券・保険

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ