借金まみれでも大丈夫!月収50万の楽々内職アフィリ!

  • ¥0

    無料

稼がなくちゃいけないのに、外に出られないジレンマ。不運と失敗の連続で一文無し以下。でも内職じゃ思うようには稼げない。それでもネット環境だけは確保しました。そして、美玖は見つけたんです!在宅で子育てや看護の片手間にでも楽々稼げるアフィリ術を!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
借金まみれでも大丈夫!月収50万の楽々内職アフィリ!
発行周期
不定期
最終発行日
2007年07月04日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000227878
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > アフィリエイト

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【借金まみれでも大丈夫!月収50万の楽々内職アフィリ!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥・・★★



■生活資金確保のためのメルマガ内職アフィリ
1.マグ広告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥・・.:*:・゜
 1-2 どっちが得なの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥・・.:*:・゜

マグ広告は、メルマガの発行部数に応じて、
広告掲載費用を支払ってくださる、という、
一見、とても太っ腹な、サイトです。

マグ広告
http://naisyoku.adech.biz/n/magk.html


が、実のところ、発行部数で、というよりは、
クリック単価で支払われている、
という方が近いんじゃないかと思います。

しかも、部数、という上限のあるクリック単価です。

どちらかといえば、広告掲載者よりも、
広告依頼者にとって、優しいシステムだなぁ、と、
思うのです。

それなら、いっそ、クリック単価にしてよ〜、と、
思うのですけど、自己申告の部数と反応率、
という、とっても、絶妙な仕組みで、
密かに、広告依頼者有利になってるのよね。



■反応率を取るか、最大クリック数による収入を取るか?


マグ広告は、たとえ、1000部発行のメルマガだったとしても、
単価0.45なので、1回発行で、450円
毎日発行できれば、1月で、13,950円、と、
1万円越えるのだから、案外、侮れないのですよ。
(1万部で毎日発行できれば、139,500円です!)

ただ、1000部発行の場合、反応率、1%必要なので、
10クリックは確保しないといけないです。

これが、10クリックより下がると、収入が減ります。
でも、10クリックを越えても、450円は変わらない…。



極端な話し、実際の部数がいくつであっても、
1000部発行と申請してあれば、30クリックされても、450円。
だけれど、部数を3000部、と、申請してあれば、
30クリックされたら、1350円です。



ただ、そこで問題は反応率。

30クリックされたとして、
1000部発行と申請してあれば、
 450円、反応率は、3.0。
だけれど、部数を3000部、と、申請してあれば、
 1350円、反応率は、1.0。

逆に、10クリックしかなかったら、
1000部発行と申請してあれば、
 450円、反応率は、1.0。
だけれど、部数を3000部、と、申請してあったら、
 450円で、反応率は、0.33。

反応率が低くなれば、見積もりが激減します。
でも、反応率を高くするために、部数を低く申請すれば、
収入は当然減ります。





マグ広告は、虚偽の部数報告は禁止されてますが、
でも、実際の部数よりも、低く申請することは、自由です。
これは、マグ広告さんから来たメールに書いてありましたから、
問題ない行為なんです。



反応率が低いと、見積もり依頼が少なくなります。
それと、部数が余りにも多い場合も、
見積もり依頼が少なくなるらしいです。

そんな時に、反応率を上げる方法として、
推奨されてました。



反応率を取るか、最大クリック数による収入を取るか、は、
兼ね合いが難しい所なんです。


色々考えるのが面倒なら、常に少し少なめの部数を申請しつつ、
日々、部数増加に努めるのが一番。



その上で、暫くやっていると、得意な広告と苦手な広告が、
わかってくるので、

苦手な広告の場合は、部数を半数くらいまで下げて申請。
得意な場合は、その時点での部数での申請。

そんな感じがオススメです。





マグ広告
http://naisyoku.adech.biz/n/magk.html



次回は、「1-3マグ広告と号外広告」




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥・・★★

発行者:月森美玖
連絡先メール:miku@adech.biz

※ 解除の手続きをしてもマガジンが数回届いてしまうことがあります。
   大変申し訳ありませんが、ご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥・・★★
Copyright(C)2007 MIKU Tsukimori All Rights Reserved.


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ