魅せる経営!経営者に効くヒント

  • ¥0

    無料

「あの会社がうまくいくのには理由(ワケ)がある…」経営には、ヒト・モノ・カネ、そして情報が必要だと言われます。中小企業の経営に役立つ『経営者に効くヒント』を毎月配信します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
魅せる経営!経営者に効くヒント
発行周期
月刊
最終発行日
2017年12月06日
 
発行部数
45部
メルマガID
0000229154
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【ほぼ月刊】決算公告掲載サイトCSCから、経営に効くヒントをご提供!

┯┯┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯
┼┼┼  決算公告で始めよう!経営革新! 決算公告NO.1サイト    ┼
┼┼                                 ┼┼
┼ 「透明会計が企業を救う。」http://www.c-s-c.jp/  ┼┼┼
┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷┷┷

………………………………………………………………………………………………

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■定年をどう考えるか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━ 一生の仕事として。。 ━━━━━━━━━━━……‥‥

  自己学習機能を搭載したAIがチェス、オセロ、将棋、囲碁、
 様々な分野でヒトを凌駕しています。

 今後、AIで消えるシゴトとして、金融、運輸、会計等、様々な職業が挙げられています。

 タクシー業界では、ビッグデータとAIを利用し、効率的に乗客を見つける試みがされています。
 既に20~30年のベテランドライバーより、「勘が効く」という話です。

 かっては終身雇用と言われ、石の上にも三年と言われ、シゴトを進める上での
 「経験値」は重要なスキルでしたが、必ずしもそうではなくなりつつあるのです。

 平均寿命は伸長を続け、150歳まで生きても不思議でない時代も到来します。

 学校を卒業して、30~40年、一つのシゴトを続けていくこと。というのは、
 時代の流れからも、平均寿命からももう困難になるでしょう。

 セカンドキャリアを本気で考える時代なのです。

 ────────────────────────────────--------


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■電子公告制度「Q&A」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 電子公告とはどんな制度ですか?

 会社法では、自社の経営に関わる重要な事項を決定した際には、
 株主や債権者などの利害関係者に知らせなければならないと定めており、
 これを法定公告と呼んで います。法定公告は、これまで官報又は時事に関す
 る事項を記載する日刊新聞紙のいずれかにのみ掲載が許されていましたが、
 2005年2月の会社法改正によ り、インターネット上のホームページに掲載する
 方法も認められました。この法定公告をホームページに掲載する方法で行うこ
 とを「電子公告」といいます。

─────────────────────────────--------

==================

 

      始めよう!透明会計!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 何故?経営者は決算公告をしないの??  ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   無知?経営がうまくいってないから?
   役員の給与や交際費を知られたくないから?

       それって、後ろ向きでは??
     ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃
     ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼
 http://www.c-s-c.jp/spotlight/060609-2/index.html

 __________________
 ● 株式会社変更登記申請書
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 会社法に定める決算の公告をインターネットで行うため、
 公告URLを登記します。

 __________________
 ● 取締役会/株主総会議事録
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 取締役会あるいは、株主総会(取締役会の設置がない場合)で、
 決算公告をURL上にて行うことを承認します。
 __________________
 ● 委任状
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 登記の変更を司法書士等に依頼する場合に必要となります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 掲載料金 】  年間20,000円(税抜)   
【 お手続  】  決算書をメール又はFAXで送信するだけ。
【 メリット 】  目標の共有、社会的責任、コンプライアンス、
          スタッフのモチベーションアップ、取引の拡大等々
【 掲載期間 】  会社法により過去五年分の掲載が義務づけられています。

【キャンペーン】  
 公告掲載URL先取りキャンペーン
 http://www.c-s-c.jp/order/index.html

☆納期  都度ご確認ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▼▽▼【経営に危機感のある方へ】▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

迷ったら、先ず決めよう!

巷には、ビジネス書が溢れています。
いいことも悪いこともたくさん書かれています。

試してみても必ずしもうまくはいきません。

            ・・当然です。

だって試してみている人は世の中にたくさん居ますから。。

でも試してみないと分からないこともたくさんあります。

失敗から学ぶこともあるでしょう。

ビジネス書を読んで勉強しようと思う人は経営者の何%かとすると、

一度でも試してみる人は、さらにその数%。

成功するまでやってみる一握りの経営者が勝ち組になります。

「目標を決めればその通りになる。」と言う人がいます。

真実でもあり、ウソでもあります。

でも確かなことがあります。
~~~~~~~~~~~~

「目標はないよりあった方がいい。」ということです。

これは、すべての局面で当てはまります。

やったほうがいいことは分かっている。

でも。。

効果があるか分からないし、、

費用がかかるし、、

めんどくさいし、、

何故出来ないか?ではなく、どうすれば出来ますか?

NOT WHY、BUT HOW ですね。


▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲



 何もしないリスクを知ろう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
行動には、リスクを伴います。しかし一方、何もしないリスクもあります。
変化の激しい世の中では、特に言えることです。
個人商店が何も手を打たなければ、大手のチェーンストアにその地位を
奪われてしまうでしょう。個人資本ががんばっても太刀打ちできないかも
しれません。でも、「経営者」は、考えなければなりません。
「廃業」や「転業」も選択肢です。外部環境の変化に対して、自分だけは
変わらない。・・・ハイリスクだと思いません?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

_____________________________________

 ■ 株式会社CSC  :  一歩前に!企業の信用と発展をサポート! 

ADRESS : 〒432-8062 浜松市南区増楽町396-2
TEL : 053-445-5007 FAX : 053-447-1300
Mail : info@c-s-c.jp URL : http://www.c-s-c.jp/
_____________________________________
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ