相撲コラム「天下泰平記」

  • ¥0

    無料

著者サイト

45年に及ぶ大相撲観戦歴に基づき、柏鵬全盛時代から今日の大相撲まで、なつかしい話や応援および鋭い突っ込みも入れるコラムです。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

=================================

           大相撲コラム「天下泰平記」

               最強の力士

=================================

白鵬が38回目の優勝を果たし、40回の大台が見えてきました。大鵬の32回
の記録も、本当に大幅更新ですね。

先日ブログで、双葉山と白鵬について書きました。純粋に、どちらが強か
ったかという内容です。今、何となくネットなど見ていますと、白鵬の方
が強いというものが多いな、と思って書いてみました。

まず、どちらが強いかを比較する場合、単純に当時の動画を見たり、対戦
相手のレベルを考えたりでは、ちょっと足りないと思いました。

双葉山を今の時代に連れてきて、現代の食生活にも慣れてもらい、白鵬が
対戦している力士とも稽古してもらい、一年ぐらい過ごしてもらう、予想
すると双葉山は10kgほど増量するかもしれません。179cmですから、それ
ぐらいは問題ないでしょう。そこまでして想像してみての、比較したらと
考えました。

大鵬のことを考えるに、大鵬の全盛期に双葉山との比較となると、2秒で
終わってました。議論の余地も無く「双葉山が強かった」で終了でした。

当時は双葉山が引退して20年ほどが経過していましたから、現在でいうと
千代の富士と貴乃花の中間ぐらいの距離感ですね。白鵬と、千代の富士と
貴乃花を比較するイメージで、大鵬と双葉山を比較していた感覚です。

ちょっと話がややこしくなっておりますが、まぁ比較するのに現代に持っ
てくるというのも無理のある話です。大鵬にしても、全盛期の期間が白鵬
に比べて短かったわけですが、この短さは24歳の若さで発症した高血圧症
が原因です。並外れた酒量と塩分摂取、現代の食生活の情報の中で日常を
過ごしていたら・・・。極端ですが、比較するならここまで考えたいとの
想いですね。

ということで「大相撲になりました!最強の力士」では「最強の力士」の
ページを作りました。 http://sumo-rikishi.com/?page_id=4424 です。
双葉山・大鵬・玉の海・北の湖・千代の富士・貴乃花・朝青龍・白鵬の
もっとも強かった時期を分析しております。

この方法だと玉の海の成績が目立ってきまして「砂かぶりの夜」でも頻繁
に玉の海について書いてますので、贔屓目になっているかもしれません。
ただ「強かった横綱は誰だ」的な話で、まったく玉の海が上がってこない
ので、私のページぐらいは宜しいかと思っております。

改めて分析すると北の湖も凄かったわけで、優勝回数は大鵬・千代の富士
に及びませんが、全盛期の6場所は圧倒的強さですね。

分析は双葉山以外は6場所限定ですので、長期間の貢献度は、読まれる方
が加味していただいて・・・。ということで、次は名古屋場所ですね。

=================================

発行者サイト「大相撲になりました!最強の力士」http://sumo-rikishi.com
関連サイト「最強の力士:力士名鑑」http://sumo-rikishi.com/?page_id=12
               


配信停止はこちら  http://www.mag2.com/m/0000229202.html
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
相撲コラム「天下泰平記」
発行周期
月刊
最終発行日
2017年06月15日
 
発行部数
208部
メルマガID
0000229202
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > 格闘技 > 相撲

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ