サウンドノベル・クリエイターを目指せ!!

  • ¥0

    無料

サウンドノベルが大好きな皆様、創作もまた楽しいものです。暇つぶしに自分でも作ってみませんか!?自分は素人ですが、素人なりの体験的なテクニックを公開していきます。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
サウンドノベル・クリエイターを目指せ!!
発行周期
不定期
最終発行日
2007年08月11日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000230423
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > ゲーム > PC用ゲーム

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

**********************************************************************
サウンドノベル・クリエイターを目指せ!!
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000230423.html
**********************************************************************

第11話 「習うより慣れろー」

えー、個人的な事情でありますが、体調不良が続きまして、それが原因で仕事を辞めたのです。
で、ここ一月ジョギングやら水泳やら通院やらを繰り返し、現在何とか回復しました。
就職活動をしながら、ウォーミングアップを兼ねて創作活動もぼちぼち再開しようと思っています。
そんな次第で、このメルマガ発行も久しぶりに発行してみようかなと。
改めて皆様、よろしくお願いいたします(深礼)
つーか、誰かいい仕事紹介して下され!!

あまりに久しぶりなので、今回は総括的な事を書こうと思います。

何故私は「サウンドノベル」に拘るのでしょうか。

結論を言えば、コストパフォーマンスが高いからです。

シナリオテキスト、背景画、効果音、BGMの素材を用意すれば作品が作れます。
具体的に言いますと、
・一般的な小説と比較してテキスト量を減らせる。(情景描写を省略出来る)
・一般的な漫画と比較して用意すべき画像の量が圧倒的に少ない。
・一般的なゲームと比較して効果音の再利用率が高い。
・他のジャンルと比較してライバルが少ない。
 (世間にはビジュアルノベルやアドベンチャーゲームが多く、純粋なサウンドノベルは少ない)

例えばビジュアルノベルを作る場合、およそ3ヶ月〜半年程度の制作期間を要するはずです。
けれどもオールドスタイルのサウンドノベルを製作する場合、2週間から一ヶ月で製作を終えることが出来ます。

ビジュアルノベルや漫画等と比較して、死ぬほど楽に作品を仕上げる事が出来ます。
とはいえ、全くサウンドノベルを作ったことが無い場合は、慣れないが故に全てが難しく思えるはずです。

そこで、初心者の皆様にお勧めしたいのはコレ。

「サウンドノベル」ならぬ、「サウンドポエム」を作るのであります。
3分程度で終了する超短編を作ってみましょう。
で、チェックすべきは「製作時間」であります。
初心者であれば、ツールの操作系に悩んでしまい丸一日掛かってしまうかもしれません。
しかし、慣れれば30分〜3時間で製作出来るようになるはずです。
この製作時間を目標として、製作そのものに慣れるとゆー事が非常に大事です。

「ポエム」に慣れましたら、「短編」を一週間で作る事にトライします。

面白い作品を作れるかという事よりも、いかに効率よく、最短時間で作品を仕上げられるかとゆー事が大事なのです。

こーゆー初歩的な訓練は「無駄」に思われるかもしれませんが、
実際にはこのよーな「下積み」が大作を作る際の武器になるのであります。
例えば自動車を運転する場合を考えてみます。
学校に行き始めた頃、マニュアル車の半クラッチが出来ないとか、
ステアリングを切る量がわからなくて車庫入れに失敗するとか、
そーゆーレベルの低いところで失敗してしまい、時間と労力を無駄にするものです。
それらを克服するのは効率の良い練習(経験値)しか無いのです。
感覚として半クラッチやステアリング操作を習得すれば、本当の意味で運転に専念出来るとゆー訳です。

今回のまとめ

・作品の面白さなんか「どーでもいー」から、最速、爆速で作品を作れるように「徹底的に慣れろ!!」

**********************************************************************
おくづけ

生息地:simple text
http://simpletext.web.infoseek.co.jp/

発行者:tea
simple_text@tokai.or.jp
質問、ご意見ご感想等をお待ちしています
**********************************************************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ