これであなたのお店も繁盛店!

  • ¥0

    無料

外食産業の応援団長 五十嵐茂樹 がお届けする元気応援メール! 外食コンサルタントとして多数の企業再生を手掛けた後、それまでの経験を下にプロ経営者としての道を歩む。2005年㈱ジャパンフードシステズ代表取締役社長、2008年㈱コロワイド東日本代表取締役社長、2012年㈱ダブリューピィージャパン代表取締役社長・㈱レインズインターナショナル代表取締役社長、2014年カッパ・クリエイト㈱代表取締役社長。2016年フリーランスとして再び事業再生に取組む。著書に「飲食店の店長実力アップ教本」「店を伸ばす自分を磨く仕事のやり方」がある。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
これであなたのお店も繁盛店!
発行周期
週刊
最終発行日
2018年02月18日
 
発行部数
166部
メルマガID
0000230780
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      2018年2月18日

  外食産業の応援団長 五十嵐茂樹 の元気応援メールマガジン
 
       ~これであなたのお店も繁盛店~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ストアウォッチング Star watching

お客さまのご満足なくしてお店の繁栄はありません。

そのためには、ご満足して頂く為のノウハウを実際の事例から学ぶことです。

それはお店を観察することで、客観的に問題点を捉え解決策を考えることです。

そこで、私が実際に見た手本とすべき事例や改善の必要な事例を取り上げます。

そして、問題点を洗い出し、今後の改善策を一緒に考えてゆきます。

◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Vol.196 作り置きは厳禁!

今日は都内にあるFRで日替わりランチを注文しました。

大変残念ですが、提供されたお料理は冷めている上にパサパサの商品です。

オープンキッチンで中を覗いてみると、揚げ物は揚げだめしています。

さらにガロニは、すでに盛られていて積み上げられています。

まだお昼のピークには15分近くあります。

しかし、厨房の中は完全に早く出すことだけに専念しています。

このオペレーションを見て10年以上前のことを思い出します。

10年以上前は、黙っていても売れていた時代です。

そんなオペレーションを未だにやっていることへの驚です。

このオペレーションを見て、お客さまが少ない原因も理解できます。


※コメント

美味しさの基本は、作りたて、揚げたて、焼きたて、炊きたてです。

そして、美味しい料理を出してこそ繁盛店への道です。

これは基本中の基本です。

今回の場合、ランチタイムですから早くお料理を提供することは重要です。

しかし、その前に美味しいお料理を提供しなくてはなりません。

美味しいお料理をお客さまにお出ししてこそ繁盛します。


※解決策  

ランチタイムという限られた時間でも美味しさは一番です。

そして、それをスピーディーに提供することです。

遅くては、売上高の機会損失を招くことになります。

そこである程度のスタンバイは必要になります。

しかし品質が劣化しないように注意が必要です。

このお店の場合は、スタンバイ作業と言うよりも事前調理です。

事前調理は論外です。


※まとめ

         ★責任の第一は美味しい料理の提供★

我々には全てのお客さまの満足と感動に対する責任があります。

そしてその責任の第一は、美味しいお料理を提供することです。

それは、商品こそ生命であると言うことです。


◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

新刊本は→http://asahiya-jp.com/book/9784751112595/
※店を伸ばす自分を磨く仕事のやり方

ブログは→http://1022shigeki.jugem.jp/
※元気!やる気!本気!

ホームページは→http://www.igarashi-ms.co.jp/
※外食産業で働く店長たちの応援団長

週刊ホテレスは→http://www.hoteresonline.com/articles/5178
※事業再生を科学する(第33回)

◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ