シネマトコラム

  • ¥0

    無料

人間ドラマを中心に公開中の新作をわかりやすく、かつ踏み込んだ評論と時々コラムをお送りします。バックナンバーもご覧下さい。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
シネマトコラム
発行周期
月2~3回
最終発行日
2018年04月06日
 
発行部数
515部
メルマガID
0000231303
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > レビュー・映画評

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シネマトコラム vol.357 (2018.4.6)

 *新作レビュー「リメンバー・ミー」
 *ちょっと蛇足
 *次号予告

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

*新作レビュー
「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ監督・米) 字幕版
声の出演 アンソニー・ゴンザレス、ベンジャミン・ブラット、ガエル・
ガルシア・ベルカル、アナ・オフェリア・ムルギアほか。原題「Coco」

 ジョン・ラセター総指揮によるピクサーの新作は、目を見張るカラフル
な映像美と凝った脚本、それにメキシコという舞台設定が上手く融合し、
極めてクオリティーの高いアニメーションに仕上がっている。

 今回の舞台はメキシコ。サンタ・セシリアで製靴業を営むリヴェラ一族
は、この地方の有名な靴店として繁盛している。12歳の少年、ミゲル(声
アンソニー・ゴンザレス)は、音楽に興味がありギターに憧れを抱いている
が、一家では音楽はタブーで聴くことすら禁じられている。
 ひいひいおばあちゃんのイメルダ(声アラナ・ユーバック)が、夫で人気
ミュージシャンだったエルネスト・デラクルス(声ベンジャミン・ブラット
)が幼子を残して出てゆき、困窮から女手一つで製靴業を起こして成功し、
今に至っている経緯があるためだ。

 日本のお盆のような「死者の日」の準備をしていたミゲルは、祭壇の先
祖の写真にある発見をする。広場で開かれる音楽コンテストにこっそり出
ようとしたミゲルは、厳格な祖母、エレナ(声レニー・ヴィクター)に見つ
かりギターを壊されてしまう。
 あきらめきれないミゲルは、祖父だと信じるデラクルスの記念館に忍び
込み、飾られているギターを盗み出そうとするが、その瞬間、死者の国に
スリップしてしまう。
 
 そこでは憧れのスター、デラクルスが孫の訪問を歓迎してくれ、イメル
ダにも会えるが、日の出までにある条件を満たさないと現世に帰れないと
聞かされ、ミゲルは焦る。おまけに路地裏で知り合った風采の上がらない
ヘクター(声ガエル・ガルシア・ベルカル)という男に付きまとわれる始末。
そして、ひょんな成り行きから、ミゲルはファミリー・ヒストリーにまつ
わる重大な事実を知る……。

 宣伝と予告編からは、ありがちな少年のノスタルジックなファンタジー
のイメージしか浮かばなかった。が、さすがピクサー、圧倒的な映像美に
加え、人間関係の綾や表裏のトリック、"作られた歴史"等々、大人の鑑賞
に充分耐えうる内容で、予想を大幅に上回る出来映えだ。
 しかも今回はメキシコの風習や町の景色、死者の国の様々な設定がユニ
ークで、いっそう新鮮に映る。

 冒頭から登場するが超高齢でほとんど声を発しないひいおばあちゃんの
ココ(声アナ・オフェリア・ムルギア)が、実はキーパーソンの一人である
ことなど、繋がりの見せ方も巧みだ。
 過去の事実関係はヘタな人間ドラマより手が込んでいるが、現実の世界
でもしばしばみられるからくりでリアリティーがある。

 本作の最大の見せ所である映像も、今回はオレンジと青を意識的に多用
し、これが見事に功を奏している。特に死者の国と現世を行き来する人が
渡るマリーゴールドの橋は圧巻だ。なんとなく色使いがゴッホの絵をモチ
ーフにしているように感じた。基調が黄色と青、ヒマワリの代わりにマリ
ーゴールドなのかな、と。

 このところ見応えのある作品が続いているが、少なくとも映像美に関し
ては今年度ナンバーワンではないだろうか。
 
 *「リメンバー・ミー」公式サイト↓
https://www.disney.co.jp/movie/remember-me.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*ちょっと蛇足
109シネマズ湘南 シアター10 IMAX D-16にて。観客約60人
 近くで字幕はここしかやっていなかったので、春休みの子供たちが多い
吹替えよりは、少し料金が高くてもこちらを選択。IMAXは初めてでしたが、
3Dや4DXと違って強い刺激を加えるものではなく、画質と音響のレベルが
高いシンプルな差別化で、静かなハイクオリティ―という感じが個人的に
は気に入りました。
 もっと横長かと思いきや、縦の高さがあるもののスクリーン幅はそれほ
どではなく、中央部が緩く湾曲しているのでどこからでも観やすい構造に
なっています。最初のうちは前過ぎたと思ったのですが、すぐに目が慣れ
てカラフルで緻密な本作を観賞するにはむしろ好位置でした。
 素晴らしいスクリーンで素晴らしい作品を観て満足です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*次号予告
次号新作レビューは未定です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

シネマトコラム

発行者 上間秀彦
連絡先 g-note.uema@nifty.com
 『まぐまぐ』感想フォーム↓
http://form.mag2.com/trigawiowo

 発行板
*『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000231303.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ