なぜ、東大に入れようとしないのか。

  • ¥0

    無料

東大を中退して社長になった筆者が語る!東大は入った者勝ちです。しかもその『勝ち』は続きます。年収、地位、名誉、良い結婚相手に巡り合える期待値、産まれた子供の年収、親の見栄・・・。子供を東大に入れたいご両親、東大を目指す人も必読!相互紹介歓迎

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
なぜ、東大に入れようとしないのか。
発行周期
週間
最終発行日
2008年11月10日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000233001
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    なぜ、東大に入れようとしないのか。【創刊号】
         13.5倍損をしています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

はじめまして、関根と申します。

【創刊号】をご覧いただき、ありがとうございます。

突然ですが、東大に入った場合とそうでない場合について、どの程
度の差があるのか比率を計算してみました。

1.年収
 東大以外:東大=1:1.5

2.地位・名誉
 東大以外:東大=1:2

3.良い結婚相手に巡り合える期待値
 東大以外:東大=1:3

4.「3.」で生まれた子が稼ぐ収入
 東大以外:東大=1:1.5

5.親の見栄
 東大以外:東大=1:10

表の見方ですが、
1.年収は表の通り1.5倍になるであろうというものです。
2.地位・名誉は東大という名によって得られる出世、あるいは優越
 感を示すものです。
3.は3倍の期待値で良い結婚相手に出会えるだろう(アバウトですみ
 ません)というものです。
4.は1.と同様です。
5.はギャグです。が、本当です。

上記を掛け合わせると何と13.5倍(5.は除く)にもなります。
これは東大に入らないことにより、その後の人生で13.5倍損をする
ことを意味します。

どう感じましたか?

13.5倍というと「そんなわけないだろ〜」と思われそうですが、個
別に見ていくとあながち外れてもいないような気がします。
さらに言えば、他にも判断基準はあるでしょうから実際にはこの差
はもっと開いているかもしれません。

大学なんて関係ない、という意見もあるでしょうが、本当にその通
りなのはほんの5%程度の限られた人たちだけです。
逆に東大に行かない理由は特に見当たりません。


■本題です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンでは子供が損をしないためにどうやって東大に
入れようかを考えていきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さんと共に知恵を出し合い、読者の子供は全員東大合格!
となれば、これ以上の喜びはありません。
メルマガ発行部数が東大の定員を超えないことを願って・・・
(超えるわけないか)



■さて、遅くなりましたが簡単に私の自己紹介をしておきます。
 
生まれは埼玉県で小・中・高ともに公立の学校でした。その後1年
浪人し、東大に合格することができました。
ちなみに、私の家族の中で大学を卒業した人は誰もいませんでした。
おばあちゃんなどは東大受験の前日まで私が東大を受けるのを冗談
だと思っていたり、母親は東大の試験日が2日あることを知らず、
「え、明日も試験行くの?」と聞かれたり・・・
皆さんはそんなこと言わないように気をつけましょうね・・・

現在の私はというと、まったく軌道に乗っていない会社を運営して
います(笑)。しかしながら、幸いにして上の表の1,2,3,5は手に
入れられたのではないかな、と思います。1,2は今後次第ですが。。
詳細はまた後日にでもお話いたします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

創刊号いかがだったでしょうか。
生意気にも見よう見まねで編集後記を書いてみます。

私の夢はもちろん子供を東大に入れることです。
まだ子供いないんですけどね。。

読者の皆様と一緒に良い結果が導き出せればと考えております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「なぜ、東大に入れようとしないのか。」

発行責任者: 関根 大介
問い合わせ先: info@dive-sys.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ