山岳はがき画

  • ¥0

    無料

野山と田園のゆ-もぁイラストレーター【とよだ 時】がつれづれなるままに描く、肩の凝らないはがき絵のメールマガジンです。みなさん投稿作品も掲載しております。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
山岳はがき画
発行周期
不定期
最終発行日
2017年07月12日
 
発行部数
130部
メルマガID
0000235289
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > イラスト

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


…………………………………………………………………………
▼某月某月「大雪山・山の大(おおい)さを語れ」








★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼▼メルマガ【山岳伝承はがき画】▼▼
(発行:不定期)  発行【とよだ 時】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


みなさんこんにちは。また新しく読者登録して下さったみなさん、
よろしくお願いします。


さてきょうの【山の伝承はがき絵】は
大雪山・山の大(おおい)さを語れ



「富士山に登って、山岳の高さを語れ。大雪山に登って、山岳の大

(おおい)さを語れ」。これは詩人大町桂月の言葉です。

さらに「…さても大雪山の頂上の広きこと哉。南の凌雲岳、東の赤

岳、北の黒岳の主峰など、ほんの少しばかり突起するだけにて、見

渡す限り波状を為せる平原也。

…余は大雪山に登りて、先ず頂上の偉大なるに驚き、次ぎに高山植

物の豊富なるに驚きぬ。大雪山は実に天上の神苑也。」と記してい

ます。

大雪山は、上川郡上川町、東川町、美瑛町にまたがる山地の総称。

北麓の層雲峡から南の十勝岳まで大雪山国定公園の北部にある山地

で、総面積23万ヘクタール、神奈川県に匹敵する日本最大の国立

公園です。

ここは緯度が北に偏っているため、本州の3000m級の山々と同じ

ような高山環境をもっています。

火山群の間の高原状平坦地には、ダイセツワタスゲをはじめとする

高山植物が2百数十種も生えており、わが国でも最も規模が大きい

という。

……【さらには】→「イラスト」と説明文
http://toki.moo.jp/merumaga/uusangac/uusangac03.html





【広告】
…………………………………
★【ヤマケイ新書】『日本百霊山』(山と渓谷社)税込950円。書店
 にないときはご注文を。アマゾンなら確実に入手できます。
 詳しくは:http://toki.moo.jp/baiten/mybooks/
★【仕事部屋】へどうぞ: http://toki.moo.jp/tacoroom/
★【マイブックス】:http://toki.moo.jp/baiten/mybooks/
★【山のはがき画の会】へお誘い:http://toki.moo.jp/haga-kai/
★【グッズマイショップ】:https://suzuri.jp/toki-umoart
…………………………………




★おわり
………………………………………………………………………………










………………………………………………………………………………
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ