経理・会計のコスト削減術 「羽の情報便」

  • ¥0

    無料

著者サイト

経理・会計に関する役立つタイムリーな情報便です。毎月お届けします身近なテーマですぐに役立つ「コスト削減術」も好評です。コスト削減のパイオニア、プラスマネジメント(株)からお届けいたします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

羽┃の┃情┃報┃便┃  2017年6月号
━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プラスマネジメントより中小企業のコスト削減術「羽の情報便」
2017年6月号をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ◇ 今月のテーマ 「新配偶者控除(2)」
◇ 税金・保険まめ知識 「総合課税と分離課税、損益通算の手順」
 ◇ お客様からのQ&A 「株の売買にかかる税金」
 ◇ コラム/羽の情報便からのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
■スタッフブログ「経理請負人の日々」更新中
…………………………………………………………………………………
続きは → http://blog.plus-management.jp/
 
■経理・会計の情報ポータルサイト「らくらく経理事務!」
…………………………………………………………………………………
詳しくは → http://keirijimu.web.fc2.com 
───────────────────────────────
◆今月のテーマ 「新配偶者控除(2)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)配偶者控除は所得税だけでなく、社会保険の年収130万円と106
   万円の壁がある。

所得税の税制上の要件に該当する扶養と、社会保険の要件に該当する
扶養は実は別な話です。税金と社会保険で別々にルールがあるのです。
年収103万円が税金に関する壁ならば、年収130万円と106万円が社会
保険の壁というわけです。

(社会保険 年収130万円の壁)
年収が130万円を超えると、パートであったとしても社会保険に加入
しなければならなくなるのです。

社会保険に加入することによって社会保険料の支払いが発生します。
結果として扶養に入っている夫のところから外れなければならなくな
ります。

当然年収は増えるのに社会保険料負担が増えますから、家計の全体の
手取りが減ってしまいます。

ここが130万円未満であれば、国民年金の扱いは第3号被保険者で簡単
に言えば扶養の範囲になるわけです。
社会保険上も保険料負担なしで将来年金を受取ることができるのです。

(社会保険 年収106万円の壁)
2016年10月より年収130万円の壁が下がって、106万円の壁となる
ケースがでてきました。

社会保険の加入要件は週の労働時間で決まっています。
これが法改正により単純に週の労働時間だけでなく、106万円という
年収についても加入要件に追加されます。

106万円は妻本人が社会保険に加入するための条件が変更されて、年
収106万円超になると妻自身が社会保険に加入しなければなりません。

106万円の壁の要件は以下のようになります。
・勤務時間が週20時間以上
・1ケ月の賃金が8,8万円以上
・勤務時間が1年以上見込まれること
・勤務先の従業員が501人以上であること
従業員が501人以上であることから、大企業や中堅規模の会社やお店
などでパートをするとこの要件にかかりやすくなります。

その意味ではどこの会社で働くかというのも今後は色々ポイントに
なってくるでしょう。

(2)なぜ配偶者控除を年収150万円以下にする見直しをするのか?

今回配偶者控除のいわゆる103万円の壁が150万円の壁に改正されま
したが、もともと配偶者控除の廃止の議論をしていました。

配偶者控除が創設されたのは、1961年(昭和36年)で実に半世紀も
前になります。

夫が働き、妻が主婦をする前提で作られていた制度です。
その後50年以上が過ぎて、社会情勢も大きく変わりました。今や夫婦
で働くことも珍しくない時代です。

女性の社会進出が進む中で、年収103万円という壁が働く時間に制限
を設けてしまっています。

企業によっては毎年11~12月の時期に、103万円を超えないように
調整するパートさんが増えることからシフトを組むのに頭を痛める
ケースもあります。

当初配偶者控除を廃止して、夫婦控除を新設する案もありましたが、
配偶者控除を103万円から150万円に、更に配偶者特別控除も引き上
げる形で、2017年の国会で法案が通過しましたので、この改正が確定
しました。

───────────────────────────────
◆税金・保険まめ知識 「総合課税と分離課税、損益通算の手順」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
所得税の課税方法は、「総合課税」と「分離課税」とに分けられます。

(総合課税)
利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、
譲渡所得(土地建物等、株式等の譲渡所得以外)、一時所得、雑所得

(分離課税)
譲渡所得(土地建物等)、譲渡所得(株式等)、山林所得、
退職所得、先物取引による所得

譲渡所得は総合課税、分離課税双方にあるのでご注意ください。

(どうして「分離」するのでしょうか?)
所得は、給与・配当・一時所得など、お金が入ってきた理由ごとに
区別します。

これにより、収入によって決められた算出方法で所得を決定します。

では、総合課税と分離課税の違いは何でしょうか?

一言でいうと、所得を合算したものに税率を乗じることを総合課税、
個別に税率を乗じることを分離課税といいます。

税制上の原則は総合課税です。しかし、例外である分離課税が存在
するのには理由があります。

(個別に税率をかける「分離課税」とは?)
分離課税は、土地や建物、山林の譲渡や退職所得など、高額所得が
多いことが分かります。

所得が多いと税率も上がるというのが日本の税制です。
しかし、総合課税だけでは、住宅ローンが払えなくて自宅を売却し
た人に高額の税金がかかってしまったり、40年間働いた後の退職金
が税金で大きく減ってしまったりという事態が生じます。

そのような事態を避けるために、一時的な高額所得は分離して所得
税を計算するようにしたのです。

(損益通算の手順について)
利益から損を差し引く(通算)ことが「損益通算」です。

損益通算のポイントは、まず総合課税、分離課税各々のなかで通算
するという大原則にあり、損益通算できるのは「不動産所得」
「事業所得」「山林所得」「譲渡所得」の4つです。

その手順はいくつかの段階に分かれています。

第一グループ:不動産所得と事業所得の損失。利子所得、配当所得、
給与所得、雑所得から「不動産所得と事業所得の損失」を差し引くこ
とが出来ます。

第二グループ:総合課税の譲渡所得の損失。
一時所得から「譲渡所得の損失」を引くことが可能です。
ここでいう譲渡所得には、分離課税のものは含まれませんのでご注意
ください。

第一グループと第二グループ内で通算した後、なお損失があれば、
他グループとの通算できます。

例えば、第一グループは300万円のプラス、第二グル―プは100万円
のマイナスという場合には、2つを通算してプラス200万円とするこ
とができます。

山林所得と退職所得:上記を集計した後もまだ損失があれば、山林
所得、退職所得の順に通算できます。

損益通算の基本は、総合課税と分離課税を知ることです。

そして、損益通算のポイントは順番で、グループ内で利益と損失を
相殺した次に他グループで相殺し、最後には山林所得や退職所得と
相殺する、という3段階の手順です。

但し、「不動産所得」「事業所得」「山林所得」「譲渡所得」であ
っても、損益通算の対象外となる場合があるので注意して下さい。

───────────────────────────────
◆お客様からのQ&A
Q:
会社に勤めています。給与だけでは将来不安なので、株の売買を始め
ました。

株には、どんな税金がかかりますか?会社員の場合はどうなるのですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A:
株式投資にかかる税金は、主に売買の結果得た利益にかかる「譲渡益課税」
配当金を受け取ったときに天引きされる「配当課税」です。

会社員でも原則、確定申告が必要になります。

株を買った値段より高く売れた場合、その差額の利益を譲渡益といいます。
譲渡益は税率20.315%(所得税15.315%、住民税5%) の「申告分離課税」
として、給与等他の所得と区分して税金の計算を行います。

なお、会社員の給与所得は、勤務先で年末調整をするため、特別なことが
ない限り確定申告の必要はありません。

しかし、株式の譲渡益については年末調整の対象外であるため、会社員の
方が勤務先で年末調整をした場合も、自分で確定申告をしなければなりま
せん。

その計算には、個々の取引を年間ベースで通算する必要があるため、確定
申告をするには、年間の取引すべてを把握しておかなければなりません。

───────────────────────────────
◆今月のコラム(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月といえば梅雨の季節。

そして、こんな時期には、仕事終わりのビアガーデンですね。
「この一杯のために一日頑張った」なんて・・・。

ビアガーデンだからこそ劇的にビールが美味しく感じるんでしょうね。
暑いからつい多めに飲んで酔っ払う。

どんよりした気分じゃなくて楽しい気分で仕事はしたいです。

ところで、一時雨と時々雨の違いわかりますか?

一時雨とは連続して雨の降っている時間が4分の1未満のこと。
時々雨とは断続的に雨の降っている時間が2分の1未満のことだそう
です。

24時間のうち、「一時雨」は最長で6時間。「時々雨」は最長で12
時間の雨が降る可能性を伝えているのです。

「一時雨」は「連続して」で、「時々雨」は「断続的に」である点
に注意が必要でしょうか。

「一時雨」よりも、「時々雨」の方が、雨が多いのですね。

雨の音に安らぎを感じたことはありませんか。それは一定の周波数が
脳のアルファ派と同じになり「ゆらぎ」となって安らぎを与えてくれ
ます。

そしてマイナスイオン。雨になると、空気中にマイナスイオンを発生
させます。これはリラックス効果を与えるそうです。

雨って実は人に優しいのですね。良いところを理解すれば見方が変わ
るってビジネスにも共通しませんか?

梅雨の季節をビアガーデンで乗り越えて頑張りましょう!

───────────────────────────────
◆羽の情報便からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ 会計経理事務コストを大幅カット!
…………………………………………………………………………………
 
詳しくは → http://www.plus-management.jp/business/index.html
 
■ 週1日からの経理事務員派遣
…………………………………………………………………………………
社員一人を雇う仕事ではないが経理の仕事がたまってしまってお困り
の企業・店舗様へ、週一日からの経理事務員の派遣で経費カット。
 
詳しくは → http://www.plus-management.jp/dispatch/index.html

■ メール配信の登録解除は
…………………………………………………………………………………
件名に「配信不要」と記載いただき、本メールをそのままご返信
いただくか、support@plus-management.jpまでご連絡下さい。
即日、登録DBより削除させていただきます。

発行/編集
=============================================================
プラスマネジメント株式会社
「羽の情報便」事務局
〒110-0016 東京都台東区台東1-33-6 セントオフィス秋葉原8F
Tel: 03-5818-3733 Fax: 03-5818-3766
support@plus-management.jp
http://www.plus-management.jp
=============================================================
(c)2013 Plus Management Inc. all rights reserved.
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
経理・会計のコスト削減術 「羽の情報便」
発行周期
月刊
最終発行日
2017年06月14日
 
発行部数
117部
メルマガID
0000235570
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ