経理・会計のコスト削減術 「羽の情報便」

  • ¥0

    無料

経理・会計に関する役立つタイムリーな情報便です。毎月お届けします身近なテーマですぐに役立つ「コスト削減術」も好評です。コスト削減のパイオニア、プラスマネジメント(株)からお届けいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
経理・会計のコスト削減術 「羽の情報便」
発行周期
月刊
最終発行日
2017年11月16日
 
発行部数
117部
メルマガID
0000235570
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

羽┃の┃情┃報┃便┃  2017年11月号
━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プラスマネジメントより中小企業のコスト削減術「羽の情報便」
2017年11月号をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ◇ 今月のテーマ 「税務調査(4)」
◇ 税金・保険まめ知識 「社会保険の基本」
 ◇ お客様からのQ&A 「本年中に支払う社会保険料」
 ◇ コラム/羽の情報便からのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
■スタッフブログ「経理請負人の日々」更新中
…………………………………………………………………………………
続きは → http://blog.plus-management.jp/
 
■経理・会計の情報ポータルサイト「らくらく経理事務!」
…………………………………………………………………………………
詳しくは → http://keirijimu.web.fc2.com 
───────────────────────────────
◆今月のテーマ 「税務調査(4)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
調査対象に選ばれないためにはどうしたらよいか説明します。

税務調査先として選ばれない方法はあるでしょうか?
前号の通り、不正計算をしていなくても調査先に選ばれてしまう可能性
がありますので、税務調査先に絶対に選ばれない方法は無いと思います。

但し、税務調査先に選ばれる可能性を低くすることはできそうな感じは
します。

その1つは、申告書の書面の中で不審に思われるような点を可能な限り
解消するということです。

例えば、申告書類の中に勘定科目内訳明細書というものがあります。
この書類には取引先の名称や住所を記載する欄があります。この欄には、
取引先の名称、住所をしっかり記載しましょう。

調査官からすれば、他に不審点があり、さらに取引先の住所等の記載
がなければ、調べられたくないから書いていないのかもしれないと判断
する可能性があります。
では実際に行って調べようということにもなりかねません。

またこの書類には、摘要や取引の内容を説明する欄が用意されています。
その欄を有効に使うという方法も考えられます。

税務署は代表者や他の取締役との内部取引に注目します。
代表者からの借入金や代表者への仮払金などがその例です。税務署は、
代表者借入金は現金が合わないときによく使われるものと考えています。

例えば経理担当者が日々の経理処理の中で収入がないのに支払いがある、
おかしい、取りあえず代表者借入金で貸借を合わせようといった具合で
す。

ただ実際のところ、その代表者借入金は役員報酬の未払いを振り替えた
だけということもあるかも知れません。
であるならば、その旨を借入理由欄に記載するといった対策が取れます。

さらに、事業概況説明書を有効に使うのも1つの方法です。
事業概況説明書という書類には、当期の営業成績の概要という欄が設け
られています。

決算書の内容で売上が上昇しているのに利益率が低下していた場合、
税務署は利益を圧縮しているかもしれないと考えます。

外注費が前期に比べて大幅に増加している場合、外注費を水増ししてい
るのではという疑いをかけられるかもしれません。

そうした疑いを解消する説明をその欄ですることができれば、調査対象
からはずされるかもしれません。

私が思うに税務署に対して目立たないようにすることだと思います。
例えば、申告や納税に1日でも遅れたとか、赤字が多すぎて消費税が
還付になってしまった等も目立たせることになると思います。

税務調査の不安を軽減するには、日々の収支がある都度帳簿をつけて、
その都度適切な会計処理をすることです。

決して後でまとめて会計処理をしようと思わないで下さい。
後でまとめて、きちんとできるほどの時間は取れなくなると思います。

経営状況をリアルタイムで把握でき、将来の為の経営判断に活かせる
と思いながら、正しい経理処理を心がけて下さい。

───────────────────────────────
◆税金・保険まめ知識 「社会保険の基本」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生年金保険料はこの13年間で4.72%も増加しています。

従業員の手取り額への影響はもちろんですが、社会保険料は労使折半
であるため、企業にとっても大きな負担となっているのが現状です。

社会保険料の増加が、営業利益や経常利益の減少額及び減少率に対し
て大きな影響を及ぼしていると言っても企業によっては過言でないと
思います。

まずは、社会保険の基本を確認します。
社会保険といった場合、広義の社会保険と狭義の社会保険があります。

広義の社会保険は、1.健康保険2.厚生年金保険3.介護保険に、労災保
険と雇用保険の2つを含めたものです。

狭義の社会保険とは、1.健康保険2.厚生年金保険3.介護保険の3つを
指します。

其々の保険料の算定方法を確認します。

(1)労働保険
毎年、4月1日から3月31日までに支払った給料や手当等を基準に、
労災保険と雇用保険料をあわせて労働保険料としてまとめて計算し、
納付します。

[計算方法]
労働保険料=(年間支払賃金総額)×(労働保険料率+雇用保険料率)

[保険料率]
労災保険料率は、事業の種別により労災の危険性が異なるため、最高
1000分の88から最低1000分の2.5まで料率が細かく分かれています。

尚、労災保険については全額事業主負担となっています。

(2)社会保険
厚生年金保険、健康保険の保険料は、毎月の給与(標準報酬月額)
と賞与(標準賞与額)に共通の保険料率をかけて計算します。

[計算方法]
収入によって毎年の標準報酬月額を算出し、協会けんぽの場合は、
都道府県ごとに定められた「健康保険料額表」に基いて保険料が決
められます。

賞与についても社会保険料の対象となります。
尚、税務上の給与と社会保険上の報酬は異なる点に注意が必要です。

例えば通勤交通費は、税務上、勤務するための必要経費と考えるた
め所得税の課税対象外となりますが、社会保険では報酬となります。

[保険料の決定方法]
社会保険料は次の3つの方法により決定します。
1.資格取得時の決定・・・入社時の報酬によって決定
2.定時決定・・・・・・・毎年4月5月6月の報酬の平均によって決定
3.随時改定・・・・・・・標準報酬月額等級が一定の条件で昇降した
            時に改定

[その他]
平成28年10月施行で社会保険加入要件が拡大されています。
具体的には、週30時間以上働く人以外に、従業員501人以上の会社
で週20時間以上働く人等にも加入対象が広がりました。

さらに、平成29年4月からは、従業員500人以下の会社で働く人も、
労使で合意すれば加入できるようになりました。この点も社会保険
料の負担が増加していく1つの要因です。

───────────────────────────────
◆お客様からのQ&A
Q:
生計を一にしている子の国民年金保険料を過去3年分まとめて支払い
ましたが、その支払った全額を私の本年分の社会保険料控除の対象と
してよいでしょうか?

そして、子が本年4月に他県に引っ越して、生計は別になりましたが、
その後も子の国民年金保険料は私が毎月支払っています。

この場合、私が支払った子の国民年金保険料は全額、私の社会保険料
控除の対象としてよいでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A:
本年中に支払ったものであれば、過去の年分のものであっても本年分
の社会保険料控除の対象になります。

居住者が自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族の負担す
べき社会保険料を支払った場合には、その支払った金額をその居住者
の社会保険料控除の対象とすることができます。

この場合の「自己と生計を一にする配偶者その他の親族」に該当する
かどうかの判定時期については、国民年金保険料を支払った時点で判
定して差し支えありません。

したがって、あなたが支払った子の国民年金保険料のうち、生計を一
にしていた期間、すなわち、1月から3月に支払った国民年金保険料に
ついてのみ、あなたの本年分の社会保険料控除の対象とすることがで
きます。

───────────────────────────────
◆今月のコラム(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎年ですが、「一年ってあっという間でしたね」と言う言葉が挨拶
代わりになる11月

そして、待ちに待った第三木曜日はボージョレ・ヌーボーの解禁日
です。

なぜ、解禁日を定めたのかご存知ですか?
過去に業者同士で販売競争が熾烈化したことがあります。われ先に
儲けようと十分に熟成させていない質の悪いワインを市場へ流した
のです。

なので、11月15日を解禁日と定めました。しかし、年によって休日
や祝祭日になることもあります。そのため、11月の第三木曜日を解
禁日に定めたそうなんです。

問題解決のためスタートラインを平等にするという策が、現在では
一大イベントになっています。

ワインに含まれるポリフェノールは、抗酸化作用があり、がんや生
活習慣病を予防してくれるのではないかと期待されているのです。

当社はこれから来年の3月にかけて一番忙しい時期を迎えることに
なります。

スタッフ一同、ワインで乾杯し、力を合わせ仕事に励みたいと思い
ます。

一方で、冷え込みが厳しくなり、インフルエンザの予防接種に足を
運ぶ人も多い季節。

体調管理には十分気を付けて過ごしたい時期です。

───────────────────────────────
◆羽の情報便からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ 会計経理事務コストを大幅カット!
…………………………………………………………………………………
 
詳しくは → http://www.plus-management.jp/business/index.html
 
■ 週1日からの経理事務員派遣
…………………………………………………………………………………
社員一人を雇う仕事ではないが経理の仕事がたまってしまってお困り
の企業・店舗様へ、週一日からの経理事務員の派遣で経費カット。
 
詳しくは → http://www.plus-management.jp/dispatch/index.html

■ メール配信の登録解除は
…………………………………………………………………………………
件名に「配信不要」と記載いただき、本メールをそのままご返信
いただくか、support@plus-management.jpまでご連絡下さい。
即日、登録DBより削除させていただきます。

発行/編集
=============================================================
プラスマネジメント株式会社
「羽の情報便」事務局
〒110-0016 東京都台東区台東1-33-6 セントオフィス秋葉原8F
Tel: 03-5818-3733 Fax: 03-5818-3766
support@plus-management.jp
http://www.plus-management.jp
=============================================================
(c)2013 Plus Management Inc. all rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ