経理・会計のコスト削減術 「羽の情報便」

  • ¥0

    無料

経理・会計に関する役立つタイムリーな情報便です。毎月お届けします身近なテーマですぐに役立つ「コスト削減術」も好評です。コスト削減のパイオニア、プラスマネジメント(株)からお届けいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
経理・会計のコスト削減術 「羽の情報便」
発行周期
月刊
最終発行日
2017年10月07日
 
発行部数
116部
メルマガID
0000235570
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

羽┃の┃情┃報┃便┃  2017年10月号
━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プラスマネジメントより中小企業のコスト削減術「羽の情報便」
2017年10月号をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ◇ 今月のテーマ 「税務調査(3)」
◇ 税金・保険まめ知識 「簡易課税?本則課税?(2)」
 ◇ お客様からのQ&A 「高齢の両親を扶養にいれるためには?」
 ◇ コラム/羽の情報便からのお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 
■スタッフブログ「経理請負人の日々」更新中
…………………………………………………………………………………
続きは → http://blog.plus-management.jp/
 
■経理・会計の情報ポータルサイト「らくらく経理事務!」
…………………………………………………………………………………
詳しくは → http://keirijimu.web.fc2.com 
───────────────────────────────
◆今月のテーマ 「税務調査(3)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
税務調査第3弾です。
巡回的な調査の場合、どのような理由でその調査先が選ばれるのか説明
します。

(1)黒字会社
赤字の会社が全く選ばれないかというとそうではありませんが、指摘し
た時に赤字を消すより納税させた方が調査の効率性は良いのです。

やはり調査により国庫に入れられる方が望ましいので、そういう意味で
黒字の会社が優先的に選ばれます。

(2)好況業種
年々売上や利益が上昇している業種も選ばれやすいといえます。
売上が伸びてくると、気がついたらかなりの所得になっていたという
ことが起こってきます。

そこで申告間際になって利益を調整したくなるなど、節税の度を越して
しまうことも起こり得るからです。

(3)不正が行なわれやすい業種
国税庁は、不正発見割合の高い10業種というものを公表しています。

「1位バー・クラブ、2位大衆酒場・小料理店、3位パチンコ店、4位自動
車修理業、5位廃棄物処理業、6位土木工事業、7位一般土木建築工事業、
8位識別土木建築工事業、9位貨物自動車運送業、10位再生資源卸売業」
となっています。

バー・クラブや大衆酒場などは、売上先が不特定多数で現金を受け取る
ことが多い為、売上をごまかす可能性があります。

(4)国税庁の優先施策となっている
国税庁では、消費税還付法人、無申告法人、海外取引法人に対する実地
調査を主な取り組みとして挙げています。

従って国税局と税務署はそういった法人へ調査日数を一定割合振り分け
ることになります。

(5)前回調査で誤りがある
前回調査で指摘を受けていない会社は、しっかり申告をしている会社で
ある可能性が高いので優先度は下がります。
2回受けて2回とも指摘を受けていない会社であれば、ほとんど選ばれな
いでしょう。

それと同じ理由で前回調査で誤りを指摘されていれば、やはりその後も
誤りをしている可能性が高くなります。

(6)決算書等に異常計数が見られる
決算書の内容を数年間比較すると、例えば売上が増加しているが粗利率
が低下しているといったケースがあります。

決算書の数字上で不審な点がある場合は、その理由を解明するために調
査対象に選ばれることがあります。

(7)申告書に記載された内容に不審な点がある
例えば法人税の申告書ですと、勘定科目内訳書というものがあり、得意
先の売掛金や支払先の買掛金残高に加え、その相手先の情報が記載され
ていますので照合することが可能です。

例えば支払先の申告データが無い場合、支払われているということはそ
の相手先からすれば、その代金は売上になるわけですから、当然申告さ
れていてしかるべきです。

申告していないということは、その会社は実在せず、架空に経費を計上
し、その金を着服している可能性があると想定が立つわけです。

(8)長期未接触・設立以来未接触
長期間調査を行っていない会社や設立から1度も調査をしていない場合
も選ばれる可能性があります。

どのような会社なのかを見る為にお邪魔するといった意味合いです。


以上の要因等を検討し、複数の組み合わせで優先度をつけて税務調査
先が選ばれます。

次号では、調査対象に選ばれないためにはどうしたらよいか説明しま
す。

───────────────────────────────
◆税金・保険まめ知識 「簡易課税?本則課税?(2)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(みなし仕入率とは?)
簡易課税の計算の中で1番のポイントは前号の例でも出てきました、
みなし仕入率です。

ご自身の業種にみなし仕入れ率がどの程度乗じられるのかによって、
消費税の納税金額は大きく異なります。

みなし仕入率は業種ごとに利率が決められているので、ご自身の業
種がどの程度なのか、下記をご確認ください。
第1種事業(卸売業)90%
第2種事業(小売業)80%
第3種事業(製造業)70%、
第4種事業(飲食店・金融業・保険業)60%
第5種事業(不動産業、サービス業、通信業等)50%

(簡易課税を選択することが出来る条件とは?)
(1)課税売上が5,000万円以下である。
課税売上が5,000万円を超える場合には、そもそも簡易課税を選択
することが出来ないため、本則課税での計算となります。
課税売上が5,000万円以下であるかどうかは、第一の条件と言えま
す。

(2)税務署へ「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出する。
簡易課税を選択する場合には、税務署へ「消費税簡易課税制度選択
届出書」の提出が必要となります。
この届出を提出していない場合には、簡易課税での納税をおこなう
ことは出来ませんので、漏れのないよう提出をおこなうことが重要
です。

(簡易課税を選択した場合の注意点とは?)
(1)簡易課税を選択した場合、2年間は本則課税への変更が出来ない。
必ず2年間は簡易課税での納税となります。
選択した年は簡易課税での計算の方が節税対策になったけれど2年
目は本則課税の方がよかった、という場合でも変更は出来ません。
安易に簡易課税を選択するのではなく、事業計画をしっかり確認し、
検討しましょう。

(2)税務署へ「簡易課税制度選択不適用届出書」を提出する。
この届出が提出されない限り、本則課税への変更は出来ません。

(3)消費税の還付が受けられない。
消費税の課税対象者となる最大のメリットともいえる還付を受ける
ことが出来ません。

簡易課税と本則課税とは、消費税を納税する時の計算方法の種類
です。

基本的には、本則課税での納税となりますが、条件を満たしていれ
ば簡易課税を選択し、節税をおこなうことが出来る場合もあります。

一概に簡易課税を選択した方が得だとは言えないので、経営状況を
把握し、ご自身の会社にとってより良い方式を選択してください。

───────────────────────────────
◆お客様からのQ&A
Q:
私には年金を受給している無職の両親がいます。
老人扶養親族には入りませんが、扶養に入れることは可能ですか?

「所得38万円以下だと扶養」となっていますが、この「所得」とは、
年金の場合、結局いくらの受給なら扶養の範囲内になるのでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A:
公的年金の受給者の場合、扶養される人の課税所得は38万円以下と
いう条件になっています。

しかし、公的年金には65歳未満は70万円まで、65歳以上は120万円
までの非課税枠が設けられています。

さらに基礎控除の38万円が加算されるため、扶養したい親の年収が、
65歳未満は108万円以下、65歳以上は158万円以下であれば扶養親族
として認められます。

但しこれは、あくまで親の収入が年金のみの場合です。
他に家賃収入などがあると、扶養の対象から外れてしまうので、見落
としがないように注意が必要です。

また、離れて暮らしている親でも扶養に入れることは可能です。

条件としては、定期的な生活費の仕送りによる生活援助を行なってい
ること。

金額には規定はありませんが、仕送りの事実を証明できる振り込みの
控えや現金書留の控えの保管をしておくと良いでしょう

───────────────────────────────
◆今月のコラム(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「涼しい」が徐々に「寒い」に変わり始める衣替えの10月。

食べ物も美味しくなる今日この頃です。
つまり、10月は何かと「変わる月」なのです。

秋と言えば、○○の秋が定番ですが、秋のことわざを知っていますか?

「一葉落ちて天下の秋を知る」
一枚の葉が落ちるのを見て秋の訪れを察すること。
わずかな予兆から後の大きな動きを察知する。仕事でもわずかな予兆
で雲行きを察することってありますよね。先読みできれば仕事が楽し
くなります。

「秋の日と娘はくれぬようでくれる」
秋は日が暮れないようで急に暮れる。娘も嫁にくれないようで急にく
れる。契約はくれないようで、くれる。 顧客が何に問題を感じ何を
解決して欲しいかを理解すること
(難しいけどまずはそんな気持ちを持つ)

と言うように、ビジネスに結びつくものが多いのが秋のことわざです。

お盆を過ぎると、一年の終わりが近づいてくるのが早く感じます。

気候の変化で、上着をもう一枚羽織るかどうかで迷うなんてことも多
いと思いますが、体調管理には十分に気を付けたいですね。

───────────────────────────────
◆羽の情報便からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ 会計経理事務コストを大幅カット!
…………………………………………………………………………………
 
詳しくは → http://www.plus-management.jp/business/index.html
 
■ 週1日からの経理事務員派遣
…………………………………………………………………………………
社員一人を雇う仕事ではないが経理の仕事がたまってしまってお困り
の企業・店舗様へ、週一日からの経理事務員の派遣で経費カット。
 
詳しくは → http://www.plus-management.jp/dispatch/index.html

■ メール配信の登録解除は
…………………………………………………………………………………
件名に「配信不要」と記載いただき、本メールをそのままご返信
いただくか、support@plus-management.jpまでご連絡下さい。
即日、登録DBより削除させていただきます。

発行/編集
=============================================================
プラスマネジメント株式会社
「羽の情報便」事務局
〒110-0016 東京都台東区台東1-33-6 セントオフィス秋葉原8F
Tel: 03-5818-3733 Fax: 03-5818-3766
support@plus-management.jp
http://www.plus-management.jp
=============================================================
(c)2013 Plus Management Inc. all rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ