わからないことだらけの庭/エクステリア

  • ¥0

    無料

著者サイト

庭石の販売を主に造園工事なども手がけてきたうちの会社は、今まで蓄積してきた技術やデザインを、最近の流行にあわせた庭/エクステリアの提案もしています。そんな庭石屋が、庭・エクステリアについての基礎知識を語っていきます。ふるってご登録お願いします。

   

メールマガジン最新号

庭石屋が語る、庭・エクステリアのい・ろ・は

。o○○o。. ..。o○○o。. ..。o○○o。. ..。o○○o。. .。o○○o。.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 わからないことだらけの庭/エクステリア    第2号(7月17日)


庭・エクステリアは、

●街全体の環境も変えることができる
●毎日、快適な気分ですごすことができる

重要な役目を持っています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
。o○○o。. ..。o○○o。. ..。o○○o。. ..。o○○o。. .。o○○o。.


 【今回のテーマ】

 ・庭・エクステリアの役割 その1
 ・私が「かっこいい〜」と思った商品を勝手に紹介
 ・編集後記


・o○o・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・o○o・

このメルマガでは、
 庭石販売30数年の会社の3代目の跡継ぎである発行者が、庭つくりの現場で
汗を流し、本を読んで、庭やエクステリアについて勉強してきたことを、
皆さんに提供します。

庭つくりから見たエクステリアという視点で語っていきます。


 ■発行者のプロフィールはこちら
  ↓  ↓  ↓
  http://www.niwaishi.co.jp/jikosyoukai.htm              

・o○o・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・o○o・


こんにちは。hirokunです。

先日、独立して1年ぐらいの若手建築士の方とお会いする機会がありました。

そこで、今の住宅事情や庭・エクステリアというものに対してどのように
感じていらっしゃるかをいろいろお聞きしました。

まず、住宅ですが、おもしろいように「40坪で1500万」という条件が出てくる
そうです。

そして、家に対するさまざまな要求を入れると、家のほうで予算がいっぱい
いっぱいになってしまい、なかなか庭やエクステリアに回す予算が出てこない
そうです。

そもそも、庭やエクステリアを作るスペースがない。

せいぜい庭木を1本入れるだけ。


なんかね、まず、「家」ありきという考えが浸透してしまって、庭・エクステ
リアを「ついで」扱いなんですよね。

ちょっとした遊び空間を創るだけでも、窮屈な「住む」空間に潤いを出すことが
できるのに・・・

狭いからこそ、庭・エクステリア空間が非常に重要になってきます。

だから、予算がないではなくて、家をつくる要素の一部として庭・エクステリア
に予算を割り振ることが必要ではないでしょうか?


―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―
庭・エクステリアって
―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―


前回、昔の庭は、生活するためのスペースを無視して、造られていたということを
書きました。

さすがに、現在では、男の威厳がなくなり、女性が強くなったせいか(笑)、その
ようなことはなく、逆に、家にいることの多い女性の視点から、こうしたいという
要望から、だいたい、以下の機能別に分かれるようになりました。

1.敷地外から見せるスペース
2.生活として必要になるスペース
3.眺めたり楽しんだりするスペース

1.に関しては、門や玄関周り、塀など敷地外から見える部分です。通りすがりの方
が目にする部分でもあるので、ここをきれいにするしないで、その辺りの雰囲気が
ずいぶん変わってきます。


面白い例がありますので、紹介します。

1980年代のアメリカ・ニューヨークの地下鉄は犯罪が多発していて、とても乗るこ
とができる状態ではなかったそうです。

そこで、地下鉄会社があることをすることによって、劇的に犯罪が減ったそうです。

あることとは・・・





落書きを消すこと。




たった、それだけです。

当然、消しても、また書かれてしまう。それでも、根気よく消す。

それを繰り返すことによって、落書きは無くなり、電車内の雰囲気が良くなり、
結果的に犯罪が減ったそうです。

これほど、人間って、環境の良し悪しで変ってしまうものなのです。


もし、このメルマガ読まれている方で、お子さんがいらっしゃる方がいらっしゃ
いましたら、まずは、家の中をきれいに掃除する事をお勧めします。


次の回は、2.についてお話します。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【アンケートに答えるだけで「プチ枯山水」 無料プレゼント実施中】

http://www.niwaishi.co.jp/enq.htm
▲━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―
私が「かっこいい〜」と思った庭・エクステリア商品を勝手に紹介
―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―

〜折戸パネルを使用し、光あふれる「ガレージリビング」を提案〜
多目的ガレージ「スタイルコート」を発売

東洋エクステリア

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今回開発した「スタイルコート」は、従来の暗く、閉ざされたガレージのイメ
ージを一新しました。
 
 ガレージを「自分の趣味、自分の時間を楽しむ、自分のとっておきの場所」と
して位置付け、新たなコンセプトである「ガレージリビング」を実現する市場
創造型の商品となっています。

 側面の折戸パネルを全開にすれば今までのガレージに無い開放感を楽しむこと
ができ、さらに、ソファやテーブルを置いて家族や仲間と語らう場として、
自転車やアウトドアライフのベースとして、そして、お気に入りの車やバイクを
中心にした大人の趣味の空間として、TOEXからの新たな提案商品です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 どちらかというと、オヤジたちのための商品ですね(笑)

 最近は、どの企業も、50、60台男性を狙った趣味の高額商品を販売しています
が、まさに、その人たちのための多目的ガレージです。

 家を建てるときは、男性は書斎と称して、自分の自由にできる場所がほしい
ように、屋外でもそのような場所をほしがっている人は多いはずと考えてつくっ
たようです。

 うまいなー、と思ったのは、側面を折戸パネルを採用して、全開できるように
した点ですかね。これだったら、開放的になり、子供や奥様も遊び場所や、くつろぐ
空間として近寄ってくる(笑)でしょう。

 この会社が販売しているカーポートとも連棟できるそうなので、見た目の
一体感もでて、好感が持てるのではないでしょうか?


詳しい情報は↓
http://www.toex.co.jp/new/new164.htm


―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―
編集後記
―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―--―

 ずーっと雨

 家に閉じこもりっぱなしです。

 こんな日は、「これは、見てる人にとって有益な情報かな?」と、思いつき
をHPに掲載しています。

 しかし、追加ばかりで、ふと全体を眺めると、なんだかどこに目をやって
いいのかわからない・・・

 こりゃ、もう一度再構築だな。

 雨が降らなくても、家に閉じこもる日が増えそう。 



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

●このメルマガでは、
 庭石販売30数年の会社の3代目の跡継ぎである発行者が、庭つくりの現場で
汗を流し、本を読んで、庭やエクステリアについて勉強してきたことを、
皆さんに提供します。

メルマガ読者で「このメルマガは役に立つ」とお感じの方は、
 是非、皆さんの友人・知人にもお勧めください。
 下記紹介文を切り取ってメール転送するだけです。

======<ここから↓>===============================================
 庭・エクステリアは、

●街全体の環境も変えることができる
●毎日、快適な気分ですごすことができる

重要な役目を持っています

★登録はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000240406.html
======<ここまで↑>===============================================

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【アンケートに答えるだけで「プチ枯山水」 無料プレゼント実施中】

http://www.niwaishi.co.jp/enq.htm
▲━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

。o○○o。―――――――――――――――――――――――――。o○○o。
        【(株)揖斐川庭石センター】
▲       【岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪2152】
▼▲      【電話番号 0585−22−0681】
▼▲▲     【メールアドレス info@niwiashi.co.jp】
┏┓┃     【ホームページアドレス http://www.niwaishi.co.jp/】
┏┓┃     【定休日や営業時間等 月〜土 日曜は要予約 8時〜17時】
〓〓〓―――――――――――――――――――――――――――。o○○o。


■このメルマガの解除は以下のサイトからお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0000240406.htm


 当メールの全文、一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュース
 グループ又は他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止します。
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
わからないことだらけの庭/エクステリア
発行周期
隔週刊
最終発行日
2007年07月17日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000240406
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ