わたらせからの風

  • ¥0

    無料

渡良瀬川流域の山々と地域の情報を発信。源流の足尾から、森高千里の歌「渡良瀬橋」のある足利、そして渡良瀬川遊水池まで。足利に住む筆者が歩く山々、近隣のイベント情報満載!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
わたらせからの風
発行周期
不定期
最終発行日
2017年08月01日
 
発行部数
63部
メルマガID
0000242523
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 関東

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★
メルマガ わたらせからの風

       発行者: ”わたらせからの風”管理人
       URL: http://plando-assist.com/wind/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          vol.238 2017. 8/ 1

★★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ネットで、太平洋戦争の「隼」等を生産していた中島飛行機の地下工場跡が
藪塚にあるということを知り、傍の愛宕山とセットで訪れてみました。

┏ 渡良瀬川流域の山々の紹介 愛宕山(太田)(近隣) ━━━━━━━━┓

┃□こちらからどうぞ
┃┗━ http://plando-assist.com/wind/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

足利市から伊勢崎市に向かう県道39号足利伊勢崎線を西に向かい、
太田の丸山交差点を過ぎ、強戸交差点を右折し、
北関東自動車道の高架をくぐり、西に向かいます。
このあたり、現在北関東自動車道のパーキングエリアの新設工事中です。
右に八王子丘陵。鳳凰ゴルフクラブの案内に従って、左折、北上。
山麓に近づくと、右の山麓近くに上州太田ビオトープの里の駐車場があります。
ここにクルマを置いてスタートです。
愛宕山 (取材日:2017.4/24 月)

◆ビオトープの里駐車場
10台くらい駐車できるスペースとトイレがあり、その横がビオトープ。
池があり、案内板も立っています。
でも、これを目的に訪れるひとは、まずいない。

南には、北関東自動車道も見えます。

◆登山口
駐車場の東端の山麓に浅間神社の鳥居があり、それが登山口。
コンクリート製らしい鳥居の周りは、ヤブ状態。
鳥居の奥に石碑が立っています。
「××行者神」の名前が三人連名で記されています。
あとでわかったのですが、
百年以上前に、この愛宕山を修験道の道場として、
浅間神社を建立したとのことです。その名残ですね。

◆登山道
鳥居から先は、ヤブ。しかし、かすかに踏み跡が見えます。
いずれにしろ低い山なので、高みを目指せば、山頂に行けそうです。

笹ヤブで、切株もあったりするので、注意、注意!
右の眼下に、墓地が見えます。
ここは、八王子公園墓地の西端に位置しています。

◆浅間神社
ヤブの先に、社殿が見えてきて、
ヤブから木立に囲まれた、広い境内に飛び出します。
ただし、陽はあたっていません。
ヤブとは異なり、境内は、それなりに整備されています。
はて、ヤブの道を登って、掃除などしているようすもないのですが・・・

一段高くなった場所に浅間神社の白い社殿(高さ3mくらい)、
その右に浅間神社改修記念碑(冒頭の修験道の由緒が記載)と
茶色の社殿(何の社かは不明)、
左には自然石の高尾山の石碑。

境内の右はフェンスで囲われ、すぐ下はもう墓地。
そちらからも境内がよく見えると思います。
フェンスがなければ、すぐ登ってこられます。
掻きわけてきたヤブの道は、いったい何んだったのか、という感じです。

◆愛宕山山頂
社殿の裏手が山頂なのでしょう、境内と同じ程度の高さです。
とりあえず、そこを愛宕山山頂としておきます。

◆旧中島飛行機地下工場跡
登って来た道を引き返し、
本来の目的(?)である旧中島飛行機地下工場跡へ向かいます。
ビオトープ駐車場に戻り、
クルマで眼の前の山へ上る道を進み、墓地上部へと向かいます。

数分で、道路の脇のフェンスに
”旧中島飛行機地下工場跡”と記載された案内の場所に到着です。
フェンスには、扉がついており、開けて入ってゆけます。
擬木の階段を20段くらい上ると、
園地になっており、大きな石の前に案内板が立っています。

地下入口は、案内板の右手の柵で覆われたトンネルの入り口のような場所です。
立入禁止になっていて、近くにはゆけません。

案内板の説明の概略は、以下。
中島飛行機の藪塚分工場として、
太平洋戦争末期の昭和20年1月から地下の掘削が始められ、
1,500~3,000人が工事に携わっていた。
その中には、中国人280人、朝鮮人2,000人の強制労働者もいた。
そのうちの中国人50人が死亡し、近くの長岡寺に埋葬された。
云々。

中島飛行機は、
太平洋戦争時に陸軍の一式戦「隼」、五式戦「疾風」などを生産しており、
中でも「栄」空冷レシプロエンジンは、海軍のゼロ戦にも搭載されていました。

こんなところに太平洋戦争に遺跡が残されていることに驚きを憶えました。
足尾の銀山平にも、
小滝銅山で強制労働させられて亡くなった中国人の慰霊塔が建っています。
単純に外国人を使って労役をさせた強制労働の批判はしませんが、
その中で亡くなっていったという事実は悲しいことです。合掌。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 読者の皆さんからの情報メールを募集しております。
 筆者の知らない渡良瀬川流域の情報をいただけるとありがたいです。
 また本メルマガを読んでの感想、ご自身の山行で気のついたこと、
ご質問、ご意見、何でも結構です。

  □こちらから、お願いします。
  ┗━  mailto:wind_wat@yahoo.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆編集後記
またもや、愛宕山。あちこちにありますね。
しかし、あるのは浅間神社、という不思議な山です。
一方、旧中島飛行機工場跡は、初めて近隣で見た戦争遺産でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

  メルマガ わたらせからの風

   URL:http://plando-assist.com/wind/

Copyright(C) 2017 Wind from Watarase, All Rights Reserved.
★★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ