英語で読もう!~米国特許ブログ

  • ¥0

    無料

米国知的財産権の判例や改正法を取り上げたブログを英語&翻訳文で読みませんか?ブログでは最新の知財情報がアップされています。法律用語は難しいですが、読んでいるうちに、慣れる!?一緒に勉強してゆきましょう。前週分をまとめて1週間に一回発行予定です。

   

メールマガジン最新号




■■英語で読もう!~米国特許ブログ Apr.10-Apr.16 2010 vol.91

------------------------------------------------------------
おはようございます。
弁理士 小山智子です。

大分間が空いてしまい申し訳ございません。

梅雨に入り、蒸し暑い日々が続いていますが、
いかがお過ごしでしょうか。

ここ信州でも、やはり梅雨。
湿度の高い日も多いので、晴れると嬉しいですね。

今年は、1-2週間、季節が遅いような気がしています。
梅雨に入る前には、家の中に蟻が上がってくるのですが、
この蟻も少し遅かったです。
彼らは一体、どうやって、梅雨に入ることを察知するのか、
毎年不思議に思います。

梅雨が明けると本格的な夏ですね。




さて、今回は、USPTOのクレームの解釈について、
裁判で差し戻しされた例です。

MPEP2111では、クレームについて、
「最も広い合理的な解釈」がなされる必要がある、
と規定しています。

今回の事件では、USPTOが、
あまりに広すぎる解釈をしたために、
引例に開示されているとして先行無効を判断しましたが、
法廷で、その解釈は広すぎる、
明細書などに基づいて合理的な解釈をすべき。
よって、先行されない、と判断されたものです。



具体的には、
"床の最表面仕上材"の語句についてですが、
今回の事件では、どうなったのでしょうか。
ご興味のある方は、拙い訳で申し訳ございませんが
日本語だけでもどうぞ。




□ Patent Hawk  Dr.Gary Odom さんのブログからです。
<<http://www.patenthawk.com/blog/>>
毎週少しづつですが、楽しく勉強をしてゆきましょう。

------------------------------------------------------------

■■April 14, 2010
■Floored

>>The rampaging incompetence of the USPTO is dammed only by appeal to the courts.
Time and again, the PTO's "broadest reasonable interpretation" of claims is hell and gone from reasonable.
Case in point:
4,944,514, owned by Suitco Surface, which got a hard buffeting from the patent board in reexam,
but reprieve from the CAFC.

>>In re Suitco Surface (CAFC 2009-1418) precedential

>>The '514 patent claims a "floor finishing material" for use on athletic courts, bowling lanes,
and other "floor surfaces [made] of wood, linoleum, terrazzo, [or] concrete."
'514 patent, abstract.
The invention is essentially a thin plastic sheet placed over a floor surface connected by an adhesive layer.

>>'514 has been in court action, asserted against 3M, and had made two previous trips to the CAFC.
In other words, the claims of '514 had been well seen.

>>>>On the second remand, the Illinois District Court transferred the case to the Southern District of Iowa.
At that point, 3M filed an ex parte reexamination request with the PTO in 2004.
The request cited three prior art references not previously reviewed:
U.S. Patent No. 3,785,102 to Amos, U.S. Patent No. 4,543,765 to Barrett, and U.S. Patent No. 4,328,274 to Tarbutton.
The district court stayed the case after the request for reexamination was granted.
The examiner then rejected claims 4-8 as anticipated by Amos,
claims 4 and 6-8 as anticipated by Tarbutton,
and claims 4 and 5 as anticipated by Barrett.
Only Amos and Barrett are at issue in this appeal.

>>>>Amos teaches a floor-covering pad
comprised of a plurality of plastic sheets connected together by a plurality of adhesive layers.
It is designed to be used right before entry into a clean room or a hospital bay
to remove any dirt from the shoes or wheels of incoming traffic.

>>>>Barrett teaches the use of a clear plastic film connected to a floor with an adhesive layer.
Barrett's cover sheet temporarily protects a floor during construction.
The sheet is supposed to be removed whenever the building or room opens.

>>From the Board to the courthouse steps -

>>>>In its rejection, the Board construed the term "material for finishing the top surface of the floor"
to mean "requiring a material that is structurally suitable for placement on the top surface of a floor."
Under that construction, according to the Board,
the "material for finishing the top surface of the floor" could be any layer
above the floor regardless of whether it was the top or final layer.
The Board also construed the term "uniform flexible film" to mean
"including, for example, a flexible film having the same thickness throughout,
as well as a flexible film having the same textured surface throughout."
Suitco timely appealed to this court
challenging the Board's construction for the "material for finishing the top surface of the floor" and
contending that no cited prior art reference taught the "uniform" limitation.

>>The Forrest Gump test of reasonableness -

>>>>"During reexamination, as with original examination,
the PTO must give claims their broadest reasonable construction consistent with the specification."
In re ICON Health & Fitness, Inc., 496 F.3d 1374, 1379 (Fed.Cir.2007)
(citing In re Am.Acad. of Sci.Tech Ctr., 367 F.3d 1359, 1364 (Fed.Cir.2004)).
This Court thus reviews the PTO's interpretation of disputed claim language
to determine whether it is "reasonable."
In re Morris, 127 F.3d 1048, 1055 (Fed.Cir.1997).

>>>>Anticipation is a question of fact reviewed for substantial evidence.
In re Baxter Travenol Labs, 952 F.2d 388, 390 (Fed.Cir.1991).
"Substantial evidence is something less than the weight of the evidence
but more than a mere scintilla of evidence,"
In re Kotzab, 217 F.3d 1365, 1369 (Fed. Cir.2000),
and "means such relevant evidence as a reasonable mind might accept as adequate to support a conclusion,"
Consol.Edison Co. v. Nat'l Labor Relations Bd., 305 U.S. 197, 229 (1938).

>>"finishing the top surface of the floor" shouldn't be hard to fathom.
But English is a second language at the USPTO.
And clarity of thought simply seems beyond their ken.
Alas, stubborn is something the PTO has down cold.
Stupid bureaucrats are like that.

>>>>[E]ven under the broadest-construction rubric, the PTO's construction is unreasonable.

>>>>The express language of the claims
requires a "material for finishing the top surface of the floor."
'514 patent col.7 ll.67-68 (emphases added).
A material cannot be finishing any surface
unless it is the final layer on that surface.
Otherwise, the material would not be "finishing" the surface in any meaningful sense of the word.

>>>>The PTO's proffered construction ignores this reality
by allowing the finishing material to fall anywhere above the surface being finished
regardless of whether it actually "finishes" the surface.
Indeed, according to the PTO,
the finishing surface need only be "structurally suitable for placement on the top surface of the floor"
--i.e., several layers can be placed on top of the "finishing" layer.
If the PTO's construction were accepted,
a prior art reference with carpet on top of wood, on top of tile, on top of concrete, on top of a thin adhesive plastic sheet

anticipates the claims in question
because an adhesive plastic sheet falls at some point in the chain of layers.
This construction does not reasonably reflect the plain language and disclosure of the '514 patent.

>>>>Although the PTO emphasizes that
it was required to give all "claims their broadest reasonable construction"
particularly with respect to claim 4's use of the open-ended term "comprising,"
("the open-ended term comprising . . . means that the named elements are essential, but other elements may be added"),
this court has instructed that
any such construction be "consistent with the specification, . . .
and that claim language should be read in light of the specification as it would be interpreted by one of ordinary skill in the art."

In re Bond, 910 F.2d 831, 833 (Fed.Cir.1990) (quoting In re Sneed, 710 F.2d 1544, 1548 (Fed.Cir.1983)) (emphasis added).

see Genentech, Inc. v. Chiron Corp., 112 F.3d 495, 501 (Fed. Cir.1997)

>>>>The PTO's construction here, though certainly broad, is unreasonably broad.
The broadest-construction rubric coupled with the term "comprising"
does not give the PTO an unfettered license to interpret claims to embrace anything remotely related to the claimed invention.

Rather, claims should always be read in light of the specification and teachings in the underlying patent.
See Schriber-Schroth Co. v. Cleveland Trust Co., 311 U.S. 211, 217 (1940)
("The claims of a patent are always to be read or interpreted in light of its specifications.").
In that vein, the express language of the claim and the specification require the finishing material
to be the top and final layer on the surface being finished.
See, e.g., '514 patent, col.1 ll.15-20
("The present invention is directed generally to a material and method
for quickly and easily producing a transparent wear resistant finish on a smooth flat surface subject to wear
and more particularly to a material and method for finishing a floor . . . .").
The PTO's proffered construction therefore fails.

>>>>When read in the appropriate context of the claim language and specification,
the broadest reasonable construction is clear:
the phrase "material for finishing the top surface of the floor"
refers to a clear, uniform layer on the top surface of a floor that is the final treatment or coating of a surface.
It is not any intermediate, temporary, or transitional layer.
Because the PTO based its rejection on its unreasonable construction,
this court remands with instructions to conduct a new invalidity analysis
using the appropriate construction.

>>As to "uniform", Suitco's self-serving arguments served it not.

>>>>Turning to the "uniform flexible film" limitation,
Suitco does not challenge the Board's construction of the term
to include "for example, a flexible film having the same thickness throughout,
as well as a flexible film having the same textured surface throughout."
That construction only requires the finishing material to be the same thickness or the same material.
Suitco instead contends that neither Amos nor Barrett discloses a "uniform flexible film."

>>>>But while Amos and Barrett do not expressly use the word "uniform,"
each certainly discloses the claim element in question.
Amos teaches the use of "very thin" plastic sheets "being from .002 to .003 inch[es] in thickness."
U.S. Patent No. 3,785,102 col.4 l.13.
Despite Suitco's strained suggestion that
the disclosure teaches a "thickness variation of 50%,"
a more reasonable interpretation is that
the plastic sheets can be anywhere between 2 or 3 mils
--not that there is any thickness variation therein.
To that end, Amos discusses a preferred embodiment
where the bottom plastic sheet is 4 mils without reference to any thickness variation.
Id. at col.4 ll.37-41.
Similarly, Barrett teaches that
a "four mil low density polyethylene film can be used."
U.S. Patent No. 4,543,765 col.6 ll.7-8.
Substantial evidence therefore supports the Board's findings.

>>The wrap-up -

>>>>For the above-stated reasons, this court vacates-in-part, affirms-in-part, and remands.
The PTO's construction of "material for finishing the top surface of the floor"
is unreasonable in light of the express claim language and specification.
Substantial evidence, however, supports the PTO's finding with respect to the "uniform" limitation.

>>That the patent office insists upon its rightness is uniform.
That the patent office gets something right is a random act.

>>Those who would protest my harshness upon the USPTO
do so only in ignorance or under their employ.
Any seasoned prosecutor knows countless examples of examiner idiocy.

>>The best examiners are those who are willing to be educated.
They are too few.

■圧倒される

>>無能力なUSPTOは機能不全であって、法廷への上訴によってのみ抑えられる。
PTOによるクレームの"最も広い広範囲解釈"はひどい。
合理的なところから地の果てまで行ってしまった。何回も。
代表例:
スーツコ・サーフェースの特許4,944,514は、特許審判部再審理によってひどく打ちのめされたが、
CAFCから執行猶予を受けた。

>>スーツコ・サーフェース事件

>>特許'514は、運動用コート、ボーリング・レーン他の、
"木、リノリウム、テラゾやコンクリートから成る床表面"に利用される"床仕上げ材"をクレームする。
特許'514の要約。
発明は、本来、接着層で接着された床表面上に配置される薄いプラスチックシートである。

>>特許'514は、3Mに対して訴えられて訴訟になっており、
CAFCで以前に2回審理されている。
要するに、特許'514のクレームは、既に充分に理解されていた。

>>>>イリノイ地裁は、2回目の差し戻しで、その事件をアイオワ州南部地裁に移管した。
その時点で、3Mは、2004年にPTOに、査定系再審査を申し立てた。
その申立てで、従来考慮されていない、3つの従来技術引例に言及した。
地裁は、再審査要求が認められた後に、その事件を執行中止した。
そして審査官は、クレーム4-8がエイモスによって先行され、クレーム4,6-8がターブトンによって先行され、
クレーム4,5がバーネットによって先行される、として拒絶した。
エイモスとバーネットのみが控訴中である。

>>>>エイモスは、複数の接着層で互いに接着された複数のプラスチック・シートからなる、床被覆パッドを教示する。
それは、クレーン・ルームや病院診療所に入る直前で、
靴や侵入車のタイヤから汚れを除去するために設計されている。

>>>>バーネットは、接着層で床に接着された透明なプラスチック・フィルムの用途を教示する。
バーネットのカバー・シートは、一時的に建設中の床を保護する。
ビルや部屋のオープン時には、除去されるはずである。

>>審判部から法廷段階まで-

>>>>審判部は拒絶において、用語"床の最表面仕上げ材"は、
"床の最表面に置くのに構造上適切な材料である"、と解釈した。
審判部の解釈によれば、"床の最表面仕上げ材"は、
最上面または最終層でなくても、床の上の層となり得る。
審判部はまた、用語"均一軟質フィルム"が、
"均一な質感表面の軟質フィルムと同様に、例えば均一な厚さの軟質フィルムを含む”と解釈した。
スーツコは、この法廷にタイミング良く控訴して、
審判部の"床の最表面仕上げ材"の解釈に異議を申し立て、
引用従来技術文献には"均一の"限定が、教示されていないことを主張した。

>>合理性のフォーレスト・ガンプ・テスト -

>>>>PTOは、再審査で、原審査と同様に、
明細書に従い、クレームを最も広く合理的に解釈する必要がある。
よって、この法廷で、PTOのクレームの疑義用語の解釈が"合理的"かを再検討する。

>>>>先行は、事実問題であって、実質的証拠によって再検討される。
"実質的証拠は、証拠よりも重要ではなく、単なるわずかな証拠よりも重要である"。
"結論を裏付けるのに適当であると合理的に考えられる適切な証拠である。"

>>"床の最表面仕上げ"は、理解は難しくない。
しかし、英語は USPTOの第二言語である。
そして思考が明確で、理解を超えているらしい。
ああ、PTOが完全に理解するのは困難である。
愚かな官僚はそうする。

>>>>最も広く解釈せよと指示されているが、PTOの解釈は不当である。

>>>>'514 patent col.7 ll.67-68 (emphases added).
クレーム表現では、"床の最表面仕上げ材"が要件である。
材料が最表面になければ、表面を仕上げることはできない。
そうでなければ、言葉の意味上、その材料は表面を"仕上げる"ことはない。

>>>>PTOの解釈は、その仕上げ材が、現実に表面を"仕上げる"かどうかにかかわらず、
仕上げられる表面上にあるとして、現実を無視する。
PTOによれば、仕上げ表面は、本当に、
"構造的に床の最表面に配置するのに構造的に適し"ていること、
--すなわち、"仕上げ"層の上面に配置できる、ことのみを要件とする。
もしPTOの解釈を受け入れるならば、
木の上、タイル上、コンクリート上、薄い接着プラスチックシート上のカーペットに関する従来技術引例は、
問題のクレームに先行する。
なぜならば、接着プラスチックシートが一連の層のいずれかにあるからである。
この解釈は、514 特許の明白な単語と開示を正当に反映していない。

>>>>PTOは、クレーム4は、特に、"comprising," というオープン・エンド用語を用いており、
("オープン・エンド用語comprisingは、指定要素が不可欠であるが、他の要素も追加可能であることを意味する")、
全ての"クレームは最も広い合理的な解釈がされるべきであると強調するが、
この法廷は、解釈を、"明細書と一致させ"、
クレーム用語は、当業者がどのように解釈するかの観点から、明細書を考慮して理解せよと命令した。

>>>>PTOの解釈は、確実に広いが、不当に広い。
PTOは、用語"comprising" を加味した最も広い解釈によって、
クレーム発明に関係するものを何でもクレームに包含すると、自由な立場で解釈するのではない。
どちらかと言えば、クレームは、明細書や特許に内在する示唆を考慮に入れて解釈されるべきである。
("特許のクレームは、常に、明細書の観点から理解されるべきである。")
その話の流れからは、クレームの明示の言葉と明細書によって、
仕上げ材は、仕上げられる表面の上かつ最終層と解釈される必要がある。
("この発明は、摩耗しやすい滑らかで平らな表面に、
素早く簡単に透明な耐摩耗仕上げをする一般的な材料または方法を、
特に、床仕上材または方法を対象にする。")
よって、PTOの解釈は間違え。

>>>>クレーム用語と明細書を適切に理解すると、最も広い合理的解釈は明確である。:
"床の最表面仕上材"の語句は、
最後に表面を処理したり被膜したりする、透明で均一な床表面層、になる。
それは、中間の一時的な、暫定の層ではない。
PTOの拒絶は不合理な解釈に基づいているので、
この法廷は、適切な解釈による新たな無効性解釈命令と共に、差し戻す。

>>"均一"については、スーツコの利己的な主張は通らなかった。

>>>>スーツコは、"均一な柔軟フィルム"の限定について、
"例えば、全体で同じ厚さの柔軟フィルムや、全体で同じ手触りの表面の柔軟フィルム等を含むように、
審判部の解釈に異議申し立てをしない。
その解釈では、単に、同じ厚さまたは同じ材質の仕上げ材のみが要件となる。
スーツコは、その代わりに、
エイモスもバレットも"均一な柔軟なフィルム"を開示していないと主張する。

>>>>しかし、エイモスとバレットが、"均一"という単語を明示的に使用しなくても、
それぞれが問題クレームの要素を開示している。
エイモスは、"非常に薄く"".002から.003 インチの厚さの"プラスチックシートの使用を示唆する。
スーツコは、引例は"50%の厚さ変動"を示唆すると述べたが、
プラスチックシートは、2または3ミリで、厚さ変動はない、というのが更に合理的な解釈である。
これを受けて、エイモスは、厚さ変動を考慮せずに、
底プラスチックシートが4ミリの好ましい実施形態を示す。
同様に、バレットは、"4ミリの低密度のポリエチレン・フィルム"が使用可能と示唆する。
従って、実質的証拠によって、審判部の事実認定が裏付けられる。

>>要約 -

>>>>上述の理由で、一部取り消し、一部認容で差し戻し。
PTOの"床の最表面仕上げ材"の解釈は、
明示的なクレーム用語と明細書の観点から合理的ではない。
しかし、実質的証拠によって、PTOの"均一"の限定に関する事実認定が裏付けられる。

>>特許庁は、均一の解釈は適切と主張する。
特許庁はたまには適切なこともある。

>>私がUSPTOに対して厳しいと異議を唱える者は、
無知か、USPTOに雇用されているか、のいずれかである。
経験豊かな被害者は、みな、審査官の無知を示す無数の例を知っている。

>>最善の審査官は教養を身につけようとする人々である。
その数は非常に少ない。



以下は英語学習用です。---------------------------------------

■■April 14, 2010
■Floored
圧倒される

>>The rampaging incompetence of the USPTO is dammed only by appeal to the courts.
無能力なUSPTOは機能不全であって、法廷への上訴によってのみ抑えられる。

Time and again, the PTO's "broadest reasonable interpretation" of claims is hell and gone from reasonable.
PTOによるクレームの"最も広い広範囲解釈"はひどい。
合理的なところから地の果てまで行ってしまった。何回も。

Case in point:
4,944,514, owned by Suitco Surface, which got a hard buffeting from the patent board in reexam,
but reprieve from the CAFC.
代表例:
スーツコ・サーフェースの特許4,944,514は、特許審判部再審理によってひどく打ちのめされたが、
CAFCから執行猶予を受けた。

>>In re Suitco Surface (CAFC 2009-1418) precedential
スーツコ・サーフェース事件

>>The '514 patent claims a "floor finishing material" for use on athletic courts, bowling lanes,
and other "floor surfaces [made] of wood, linoleum, terrazzo, [or] concrete."
特許'514は、運動用コート、ボーリング・レーン他の、
"木、リノリウム、テラゾやコンクリートから成る床表面"に利用される"床仕上げ材"をクレームする。

'514 patent, abstract.
特許'514の要約。

The invention is essentially a thin plastic sheet placed over a floor surface connected by an adhesive layer.
発明は、本来、接着層で接着された床表面上に配置される薄いプラスチックシートである。

>>'514 has been in court action, asserted against 3M, and had made two previous trips to the CAFC.
特許'514は、3Mに対して訴えられて訴訟になっており、
CAFCで以前に2回審理されている。

In other words, the claims of '514 had been well seen.
要するに、特許'514のクレームは、既に充分に理解されていた。

>>>>On the second remand, the Illinois District Court transferred the case to the Southern District of Iowa.
イリノイ地裁は、2回目の差し戻しで、その事件をアイオワ州南部地裁に移管した。

At that point, 3M filed an ex parte reexamination request with the PTO in 2004.
その時点で、3Mは、2004年にPTOに、査定系再審査を申し立てた。

The request cited three prior art references not previously reviewed:
U.S. Patent No. 3,785,102 to Amos, U.S. Patent No. 4,543,765 to Barrett, and U.S. Patent No. 4,328,274 to Tarbutton.
その申立てで、従来考慮されていない、3つの従来技術引例に言及した。

The district court stayed the case after the request for reexamination was granted.
地裁は、再審査要求が認められた後に、その事件を執行中止した。

The examiner then rejected claims 4-8 as anticipated by Amos,
claims 4 and 6-8 as anticipated by Tarbutton,
and claims 4 and 5 as anticipated by Barrett.
そして審査官は、クレーム4-8がエイモスによって先行され、クレーム4,6-8がターブトンによって先行され、
クレーム4,5がバーネットによって先行される、として拒絶した。

Only Amos and Barrett are at issue in this appeal.
エイモスとバーネットのみが控訴中である。

>>>>Amos teaches a floor-covering pad
comprised of a plurality of plastic sheets connected together by a plurality of adhesive layers.
エイモスは、複数の接着層で互いに接着された複数のプラスチック・シートからなる、床被覆パッドを教示する。

It is designed to be used right before entry into a clean room or a hospital bay
to remove any dirt from the shoes or wheels of incoming traffic.
それは、クレーン・ルームや病院診療所に入る直前で、
靴や侵入車のタイヤから汚れを除去するために設計されている。

>>>>Barrett teaches the use of a clear plastic film connected to a floor with an adhesive layer.
バーネットは、接着層で床に接着された透明なプラスチック・フィルムの用途を教示する。

Barrett's cover sheet temporarily protects a floor during construction.
バーネットのカバー・シートは、一時的に建設中の床を保護する。

The sheet is supposed to be removed whenever the building or room opens.
ビルや部屋のオープン時には、除去されるはずである。



>>From the Board to the courthouse steps -
審判部から法廷段階まで-

>>>>In its rejection, the Board construed the term "material for finishing the top surface of the floor"
to mean "requiring a material that is structurally suitable for placement on the top surface of a floor."
審判部は拒絶において、用語"床の最表面仕上げ材"は、
"床の最表面に置くのに構造上適切な材料である"、と解釈した。

Under that construction, according to the Board,
the "material for finishing the top surface of the floor" could be any layer
above the floor regardless of whether it was the top or final layer.
審判部の解釈によれば、"床の最表面仕上げ材"は、
最上面または最終層でなくても、床の上の層となり得る。

The Board also construed the term "uniform flexible film" to mean
"including, for example, a flexible film having the same thickness throughout,
as well as a flexible film having the same textured surface throughout."
審判部はまた、用語"均一軟質フィルム"が、
"均一な質感表面の軟質フィルムと同様に、例えば均一な厚さの軟質フィルムを含む”と解釈した。

Suitco timely appealed to this court
challenging the Board's construction for the "material for finishing the top surface of the floor" and
contending that no cited prior art reference taught the "uniform" limitation.
スーツコは、この法廷にタイミング良く控訴して、
審判部の"床の最表面仕上げ材"の解釈に異議を申し立て、
引用従来技術文献には"均一の"限定が、教示されていないことを主張した。



>>The Forrest Gump test of reasonableness -
合理性のフォーレスト・ガンプ・テスト -

>>>>"During reexamination, as with original examination,
the PTO must give claims their broadest reasonable construction consistent with the specification."
In re ICON Health & Fitness, Inc., 496 F.3d 1374, 1379 (Fed.Cir.2007)
(citing In re Am.Acad. of Sci.Tech Ctr., 367 F.3d 1359, 1364 (Fed.Cir.2004)).
PTOは、再審査で、原審査と同様に、
明細書に従い、クレームを最も広く合理的に解釈する必要がある。

This Court thus reviews the PTO's interpretation of disputed claim language
to determine whether it is "reasonable."
In re Morris, 127 F.3d 1048, 1055 (Fed.Cir.1997).
よって、この法廷で、PTOのクレームの疑義用語の解釈が"合理的"かを再検討する。

>>>>Anticipation is a question of fact reviewed for substantial evidence.
In re Baxter Travenol Labs, 952 F.2d 388, 390 (Fed.Cir.1991).
先行は、事実問題であって、実質的証拠によって再検討される。

"Substantial evidence is something less than the weight of the evidence
but more than a mere scintilla of evidence,"
In re Kotzab, 217 F.3d 1365, 1369 (Fed. Cir.2000),
and "means such relevant evidence as a reasonable mind might accept as adequate to support a conclusion,"
Consol.Edison Co. v. Nat'l Labor Relations Bd., 305 U.S. 197, 229 (1938).
"実質的証拠は、証拠よりも重要ではなく、単なるわずかな証拠よりも重要である"。
"結論を裏付けるのに適当であると合理的に考えられる適切な証拠である。"

>>"finishing the top surface of the floor" shouldn't be hard to fathom.
"床の最表面仕上げ"は、理解は難しくない。

But English is a second language at the USPTO.
しかし、英語は USPTOの第二言語である。

And clarity of thought simply seems beyond their ken.
そして思考が明確で、理解を超えているらしい。

Alas, stubborn is something the PTO has down cold.
ああ、PTOが完全に理解するのは困難である。

Stupid bureaucrats are like that.
愚かな官僚はそうする。

>>>>[E]ven under the broadest-construction rubric, the PTO's construction is unreasonable.
最も広く解釈せよと指示されているが、PTOの解釈は不当である。

>>>>The express language of the claims
requires a "material for finishing the top surface of the floor."
'514 patent col.7 ll.67-68 (emphases added).
クレーム表現では、"床の最表面仕上げ材"が要件である。

A material cannot be finishing any surface
unless it is the final layer on that surface.
材料が最表面になければ、表面を仕上げることはできない。

Otherwise, the material would not be "finishing" the surface in any meaningful sense of the word.
そうでなければ、言葉の意味上、その材料は表面を"仕上げる"ことはない。

>>>>The PTO's proffered construction ignores this reality
by allowing the finishing material to fall anywhere above the surface being finished
regardless of whether it actually "finishes" the surface.
PTOの解釈は、その仕上げ材が、現実に表面を"仕上げる"かどうかにかかわらず、
仕上げられる表面上にあるとして、現実を無視する。

Indeed, according to the PTO,
the finishing surface need only be "structurally suitable for placement on the top surface of the floor"
--i.e., several layers can be placed on top of the "finishing" layer.
PTOによれば、仕上げ表面は、本当に、
"構造的に床の最表面に配置するのに構造的に適し"ていること、
--すなわち、"仕上げ"層の上面に配置できる、ことのみを要件とする。

If the PTO's construction were accepted,
a prior art reference with carpet on top of wood, on top of tile, on top of concrete, on top of a thin adhesive plastic sheet

anticipates the claims in question
because an adhesive plastic sheet falls at some point in the chain of layers.
もしPTOの解釈を受け入れるならば、
木の上、タイル上、コンクリート上、薄い接着プラスチックシート上のカーペットに関する従来技術引例は、
問題のクレームに先行する。
なぜならば、接着プラスチックシートが一連の層のいずれかにあるからである。

This construction does not reasonably reflect the plain language and disclosure of the '514 patent.
この解釈は、514 特許の明白な単語と開示を正当に反映していない。

>>>>Although the PTO emphasizes that
it was required to give all "claims their broadest reasonable construction"
particularly with respect to claim 4's use of the open-ended term "comprising,"
("the open-ended term comprising . . . means that the named elements are essential, but other elements may be added"),
this court has instructed that
any such construction be "consistent with the specification, . . .
and that claim language should be read in light of the specification as it would be interpreted by one of ordinary skill in the art."

In re Bond, 910 F.2d 831, 833 (Fed.Cir.1990) (quoting In re Sneed, 710 F.2d 1544, 1548 (Fed.Cir.1983)) (emphasis added).

see Genentech, Inc. v. Chiron Corp., 112 F.3d 495, 501 (Fed. Cir.1997)
PTOは、クレーム4は、特に、"comprising," というオープン・エンド用語を用いており、
("オープン・エンド用語comprisingは、指定要素が不可欠であるが、他の要素も追加可能であることを意味する")、
全ての"クレームは最も広い合理的な解釈がされるべきであると強調するが、
この法廷は、解釈を、"明細書と一致させ"、
クレーム用語は、当業者がどのように解釈するかの観点から、明細書を考慮して理解せよと命令した。



>>>>The PTO's construction here, though certainly broad, is unreasonably broad.
PTOの解釈は、確実に広いが、不当に広い。

The broadest-construction rubric coupled with the term "comprising"
does not give the PTO an unfettered license to interpret claims to embrace anything remotely related to the claimed invention.

PTOは、用語"comprising" を加味した最も広い解釈によって、
クレーム発明に関係するものを何でもクレームに包含すると、自由な立場で解釈するのではない。

Rather, claims should always be read in light of the specification and teachings in the underlying patent.
See Schriber-Schroth Co. v. Cleveland Trust Co., 311 U.S. 211, 217 (1940)
("The claims of a patent are always to be read or interpreted in light of its specifications.").
どちらかと言えば、クレームは、明細書や特許に内在する示唆を考慮に入れて解釈されるべきである。
("特許のクレームは、常に、明細書の観点から理解されるべきである。")

In that vein, the express language of the claim and the specification require the finishing material
to be the top and final layer on the surface being finished.
その話の流れからは、クレームの明示の言葉と明細書によって、
仕上げ材は、仕上げられる表面の上かつ最終層と解釈される必要がある。

See, e.g., '514 patent, col.1 ll.15-20
("The present invention is directed generally to a material and method
for quickly and easily producing a transparent wear resistant finish on a smooth flat surface subject to wear
and more particularly to a material and method for finishing a floor . . . .").
("この発明は、摩耗しやすい滑らかで平らな表面に、
素早く簡単に透明な耐摩耗仕上げをする一般的な材料または方法を、
特に、床仕上材または方法を対象にする。")

The PTO's proffered construction therefore fails.
よって、PTOの解釈は間違え。

>>>>When read in the appropriate context of the claim language and specification,
the broadest reasonable construction is clear:
the phrase "material for finishing the top surface of the floor"
refers to a clear, uniform layer on the top surface of a floor that is the final treatment or coating of a surface.
クレーム用語と明細書を適切に理解すると、最も広い合理的解釈は明確である。:
"床の最表面仕上材"の語句は、
最後に表面を処理したり被膜したりする、透明で均一な床表面層、になる。

It is not any intermediate, temporary, or transitional layer.
それは、中間の一時的な、暫定の層ではない。

Because the PTO based its rejection on its unreasonable construction,
this court remands with instructions to conduct a new invalidity analysis
using the appropriate construction.
PTOの拒絶は不合理な解釈に基づいているので、
この法廷は、適切な解釈による新たな無効性解釈命令と共に、差し戻す。

>>As to "uniform", Suitco's self-serving arguments served it not.
"均一"については、スーツコの利己的な主張は通らなかった。

>>>>Turning to the "uniform flexible film" limitation,
Suitco does not challenge the Board's construction of the term
to include "for example, a flexible film having the same thickness throughout,
as well as a flexible film having the same textured surface throughout."
スーツコは、"均一な柔軟フィルム"の限定について、
"例えば、全体で同じ厚さの柔軟フィルムや、全体で同じ手触りの表面の柔軟フィルム等を含むように、
審判部の解釈に異議申し立てをしない。

That construction only requires the finishing material to be the same thickness or the same material.
その解釈では、単に、同じ厚さまたは同じ材質の仕上げ材のみが要件となる。

Suitco instead contends that neither Amos nor Barrett discloses a "uniform flexible film."
スーツコは、その代わりに、
エイモスもバレットも"均一な柔軟なフィルム"を開示していないと主張する。

>>>>But while Amos and Barrett do not expressly use the word "uniform,"
each certainly discloses the claim element in question.
しかし、エイモスとバレットが、"均一"という単語を明示的に使用しなくても、
それぞれが問題クレームの要素を開示している。

Amos teaches the use of "very thin" plastic sheets "being from .002 to .003 inch[es] in thickness."
U.S. Patent No. 3,785,102 col.4 l.13.
エイモスは、"非常に薄く"".002から.003 インチの厚さの"プラスチックシートの使用を示唆する。

Despite Suitco's strained suggestion that
the disclosure teaches a "thickness variation of 50%,"
a more reasonable interpretation is that
the plastic sheets can be anywhere between 2 or 3 mils
--not that there is any thickness variation therein.
スーツコは、引例は"50%の厚さ変動"を示唆すると述べたが、
プラスチックシートは、2または3ミリで、厚さ変動はない、というのが更に合理的な解釈である。

To that end, Amos discusses a preferred embodiment
where the bottom plastic sheet is 4 mils without reference to any thickness variation.
Id. at col.4 ll.37-41.
これを受けて、エイモスは、厚さ変動を考慮せずに、
底プラスチックシートが4ミリの好ましい実施形態を示す。

Similarly, Barrett teaches that
a "four mil low density polyethylene film can be used."
U.S. Patent No. 4,543,765 col.6 ll.7-8.
同様に、バレットは、"4ミリの低密度のポリエチレン・フィルム"が使用可能と示唆する。

Substantial evidence therefore supports the Board's findings.
従って、実質的証拠によって、審判部の事実認定が裏付けられる。



>>The wrap-up -
要約 -

>>>>For the above-stated reasons, this court vacates-in-part, affirms-in-part, and remands.
上述の理由で、一部取り消し、一部認容で差し戻し。

The PTO's construction of "material for finishing the top surface of the floor"
is unreasonable in light of the express claim language and specification.
PTOの"床の最表面仕上げ材"の解釈は、
明示的なクレーム用語と明細書の観点から合理的ではない。

Substantial evidence, however, supports the PTO's finding with respect to the "uniform" limitation.
しかし、実質的証拠によって、PTOの"均一"の限定に関する事実認定が裏付けられる。

>>That the patent office insists upon its rightness is uniform.
特許庁は、均一の解釈は適切と主張する。

That the patent office gets something right is a random act.
特許庁はたまには適切なこともある。

>>Those who would protest my harshness upon the USPTO
do so only in ignorance or under their employ.
私がUSPTOに対して厳しいと異議を唱える者は、
無知か、USPTOに雇用されているか、のいずれかである。

Any seasoned prosecutor knows countless examples of examiner idiocy.
経験豊かな被害者は、みな、審査官の無知を示す無数の例を知っている。

>>The best examiners are those who are willing to be educated.
最善の審査官は教養を身につけようとする人々である。

They are too few.
その数は非常に少ない。

------------------------------------------------------------
■■編集人 弁理士 小山智子

*誤訳には注意をしておりますが、何分勉強中ですので、
もし、誤訳個所がありましたらコメントをお願い致します。
また、記事に関してのコメントもお待ちしております。
e-mail:melmaga@take8.net
@を小文字に書き替えてください。

*英文記事は、本メルマガへの掲載について
ブロ グ発行者の方から承認していただいております。

*本メルマガの著作権は、英文記事はブログ発行者の方に、
日本文記事は小山智子に属します。

*転送はご自由にどうぞ。
興味のある方にお勧めいただけると嬉しいです。

------------------------------------------------------------
以下は、まぐまぐからのお知らせです。




メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
英語で読もう!~米国特許ブログ
発行周期
週刊
最終発行日
2010年06月29日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000243860
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ