歯科医師taroが教える【口臭対策はじめましょう!】

  • ¥0

    無料

口臭のことは、口の健康の専門家である歯医者さんに何でも聞いてください!歯科医師taroが、口臭に関する正しい知識、効果的な口臭対策、口臭予防のための歯医者さんへのかかり方までお話しする、口臭が気になる全ての人のためのメルマガ!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
歯科医師taroが教える【口臭対策はじめましょう!】
発行周期
原則として月2~3回
最終発行日
2007年11月30日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000244183
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★
    
     
      歯科医師taroが教える【口臭対策はじめましょう!】  
  
                第10号
★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★


こんにちは。歯科医師taroこと中本 恵太郎です。


今日で11月も終わり。
またも月末最後の日に、何とか今月2号目の発行にこじつけました。


「原則月2〜3回発行」なんてしておきながら、まだ月3回発行した
ことがないですね… 申し訳ありません。


★このメルマガでお話しすることは…

歯科医師taroが、

“口臭に関する正しい知識”
“口臭の正しい対策・予防法・改善法”
“口臭を予防するために歯医者さんを上手に活用する方法”
“口臭に関するウソ・ホント”

などなど、

まさに口臭が気になるあなたのためだけに、お役に立てるトピックを
限定してお話していきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今回の目次
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


1)前号発行後に届いた読者様からの素敵なメールをご紹介
2)遠い歯医者に行く? 近くの歯医者に行く?
3)編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■前号発行後に届いた読者様からの素敵なメールをご紹介
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


今回は、歯科医師taroが教える歯医者GoGo大作戦!!についてお話
する予定でしたが、内容を変更させていただきます。


というのも、前号で、

>もしあなたが、「歯医者に行くのが三度の飯より好き!」という
>奇特なお考えの持ち主ならば、是非私に連絡してください。
>その秘訣を知りたい。

と私がお話したところ、読者の方から本当に連絡をいただきました!


歯医者さんに行くのが、本当に楽しみ、といわれる方からのメールです。
読んでいて大変うれしく、そしてあなたにも是非知ってほしいこと
でしたので、今回ご紹介させていただきますね。


中国地方にご在住の女性の方からのメールです。
いただいたメールをそのままご紹介しますね。
(一部、読者様の住所地に関する記載のみ、伏字にしています)

(↓ここから)

歯科医師taroが教える【口臭対策はじめましょう!】
中本恵太郎 様

はじめまして。いつも楽しくメルマガを読ませて頂いております。

(中略)

三度の飯より好き!とまではいいませんが、
年に一度、○○市にある某歯科に行く日を楽しみにしています。
(本当はもっと行きたいくらいです)

今回はじめて「なぜ私は嫌ではないのだろう」と考えてみるのですが、

1)私はどの歯科に行っても「きれいな虫歯ひとつない歯ですね!」と
ほめられるから

2)歯垢などをしっかり取ってもらえて嬉しいから
(エステのような感覚かもしれません)

3)歯科の雰囲気がいいから
(静かな住宅街、バッハのピアノ曲が静かに流れている、
受付の女性が奥ゆかしくて丁寧な対応をしてくださるなど)

4)今は歯医者さんには直接歯を治療してもらいませんが、
 (多分歯科衛生士さんが対応してくださっていると思います)
  最初に親知らずを抜くために通った際の治療の判断と処置が
  素晴らしかったから

です。

また、毎年1度行くので「今年も来たね」「来ました」
というような少々懐かしい感じがするからです。

私はこの歯科に出会ってから、歯磨きが上手になりました。
今では常にツルツルピカピカをキープしています。

もしもこの歯科に出会っていなかったら、
毎年継続して歯垢を取りに行くこともなく、
今頃歯周病になっていたことだろうと思います。

こんな来診者もいますよ、ということでご連絡させていただきます。
お役にたてれば幸いです。

(↑ここまで)


いかがだったでしょうか?


この方は、最も理想的な歯医者さんのかかり方、歯医者さんの利用法を
されている方です。


たとえば、


>1)私はどの歯科に行っても「きれいな虫歯ひとつない歯ですね!」と
>  ほめられるから


というのは、最高の好循環です。

日々の口のケアをしっかり → 歯医者で褒められる → よりしっかりと
口のケア…
という流れができて、いつまでも何歳になっても、健康な白い歯が
保てますよね。

私も見習わなければなりません。


>2)歯垢などをしっかり取ってもらえて嬉しいから
>  (エステのような感覚かもしれません)


歯医者を「エステ感覚」に思えるようになったら、しめたものです。
こうなると、「病院に行ってる」という感じがしませんよね。

しかも、万が一虫歯などがあっても、早期発見・早期治療できますから、
いいことずくめです。


>3)歯科の雰囲気がいいから
> (静かな住宅街、バッハのピアノ曲が静かに流れている、
>  受付の女性が奥ゆかしくて丁寧な対応をしてくださるなど)


私が以前かかっていた歯科医院の待合室に聞こえてくるのは、
キーンというタービン(歯を削るドリル)の音と、子供の泣き声…
雰囲気は、やっぱ重要ですね…


>4)今は歯医者さんには直接歯を治療してもらいませんが、
> (多分歯科衛生士さんが対応してくださっていると思います)
>  最初に親知らずを抜くために通った際の治療の判断と処置が
>  素晴らしかったから


この方は、本当に信頼できる歯科医院・歯科医師に出会えたの
ですね。
何よりもやはり、このことが一番です。


改めて、この読者様が本当にうまく楽しく歯科医院を活用されて
おられることに脱帽です。


こういった、歯科医院の理想的な関係をうかがって、まだまだ日本の医療も
捨てたもんじゃないな!と、明るい気分にさせていただきました。


あなたにも、是非参考にして頂ければ幸いです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■遠い歯医者に行く? 近くの歯医者に行く?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


★もう一つ、以前いただいたご質問を紹介させていただきます。


こちらは、いただいたご質問の抜粋と、それに対する私の返信を
そのままご紹介させていただきますね。


【ご質問】


私が住んでいる近辺には、口臭専門の病院がありません。


ホームページで調べてみたところ、A市には口臭外来の歯科医院が
あるようなのですが、私が住んでいるB市からA市に行くには、
電車など乗り継いで片道3時間近くかかります。


時間と金銭の負担が大きいのですが、それでも行くべきなのでしょうか?


【歯科医師taroの回答】


もしあなたが、

「今人生最大の悩みが口臭」であり、
「口臭が気になって夜も眠れないほど苦しい」という状態にあるならば、

または、自分自身でありとあらゆる口臭対策を行ったにも関わらず
口臭の悩みはなくなるどころか、深くなる一方である、

という状態であれば、遠方ではありますが口臭専門の歯科医院を
受診することも検討されてみてはいかがでしょうか。


逆に、あなたが、

・口臭は気になるけど、悩んで苦しいほどではない
・口臭をしっかりとコントロールしたい
・自分では特に気にならないが、人に口臭を指摘された
・これまで、特別な口臭対策を自分では行っていない

というのであれば、あえて遠方の口臭専門歯科医院に行く必要は
ないのでは、と考えます。


口臭専門の歯科医院で行う“口臭治療”とは、口臭恐怖症(いわゆる自臭症)
の治療が中心となり、風邪になったから内科に行って薬をもらう、
という感じとは少々異なると思います。


一般の歯医者さんでは、確かに口臭に特化した治療を受けることは
できないことが多いですが、まずは口臭の原因となる

「虫歯の治療」
「歯周病(歯周炎)の治療」
「歯石を取ってもらう」

ことが先決です。


これらの治療は、別に口臭専門の歯科医院ではなくてもできますよね。


ですので、まずは自分でできる口臭対策は自分でしっかりとやってもらい、
自分でできない「虫歯治療」「歯周病治療」「歯石取り」は、
お近くの歯医者さんで行ってもらうことをおすすめします。


その上で、それでもどうしても口臭が気になって気になって苦しい、
というのであれば、多少遠方であっても、口臭専門の医院を受診することも
考えてみてはいかがでしょうか?


★できるだけ近くの歯医者さんにホームドクターを見つけることが一番!


歯医者さんは、できるだけあなたの自宅または職場(学校)付近
にある歯科医院を私はお勧めします。


というのも、通常、歯科医院の受診は1回では終わらないからです。


確かに、ごく軽い虫歯の治療などであれば1回で終わることもありますが、
歯周病の治療などでは、最低でも4〜5回の通院が必要となります。


また、あなたの口臭対策に歯科医院を役立てるという目的のもとでは、
定期的に歯科医院を訪れ、あなたの口の健康管理・メンテナンスを
継続的に行うことが重要です。


つまり、あなたが口臭対策のために利用する歯科医院というのは、
今後の長い間にわたって、あなたが通う歯科医院なのです。


はじめから歯医者にかかるのが好き、という人は少ないでしょうから、
歯科医院に通うということ自体、最初はとてもストレスになるでしょう。


このように、歯科医院を受診すること自体本当はイヤなのに、
このときに、その歯科医院が遠方や交通の便の悪い地域にある場合、
ますます何度も歯科医院に行くことが苦痛になってしまいます。


その結果、治療を途中でやめてしまう、というケースが良くあるのです。


ですので、あなたが通院するのにできるだけ便利な地域にあるところに
するのが、長期間にわたってその歯科医院に、あなたの口臭対策のための、
さらにはあなたの口の健康管理のためのパートナーとなってもらうための
コツです。


そして、今回最初にご紹介した読者様のように、
そのうち、「歯医者に行くのが楽しい!!」と思うことができるように
なれば、しめたものですよ!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


★そろそろ忘年会シーズンですね!


さて、明日から12月。
今年も残す所、あと1ヶ月となりました。


最近、「忘年会・新年会予約承ります」との張り紙を、よく目にするように
なってきました。
お酒大好きな私には、大変うれしいシーズンです。


あ、でもお酒(アルコール)も口臭の原因となりますよ。
お酒を飲むと、口の中だけではなく、吐く息も口臭となりますので、
要注意です。


ポイントは、お酒を飲んだら、その分しっかりと「水」を飲むこと。
そして、絶対に酔いつぶれないこと、ですね。


そんなことを言ってる私も、学生時代は何度酔いつぶれて、ご迷惑を
おかけしたことか…


★歯科医師taroの生声、聞けます…


こちらのサイトで↓
私の声を聞いてみたい、顔を見てみたい、という勇気ある方以外は、
決して覗かないでください… 恥ずかしいので…

http://www.sawayaka-mouth.com/


★本メルマガも、おかげさまで第10号発行です!


前号でお伝えしたとおり、これより第1号から本号までの内容を
再編集・加筆を加えた、無料レポートの作成にとりかかりますね。


完成まで、今しばらくお待ちください。



―――★★歯科医師taroが教える【口臭対策はじめましょう!】★★――――

発行者 : DDS.taro 中本恵太郎
ご感想 : sawayakamouth@yahoo.co.jp

★姉妹版メルマガ「歯科医師taroが教える【審美歯科はじめましょう!】」
 http://www.mag2.com/m/0000244718.html

★iza! 専門家ブログ「歯科医師taroが教えるレッツ口臭対策!」
 http://dr-taro.iza.ne.jp/blog/

★音声解説付き電子書籍
「歯科医師taroが教える口臭と永遠にサヨナラして
 素敵な息と笑顔を手に入れるための4Stepプログラム」
 http://www.sawayaka-mouth.com/

◎実際の治療に関しては、直接お会いできない状況では判断致しかねます。
 患者さん一人ひとり異なりますので直接歯科医院にご相談ください。
◎一般の方向けの内容なので、厳密な医学用語は使用していません。医学的に
 妥当でない表現があると思いますが、なるべく平易な表現を使用するように
 しています。
●本メールマガジンを転載・転用する際は必ず発行者まで連絡ください。
●本メールマガジンの情報には万全を期しておりますが、ご利用は自己責任で
 お願いいたします。何らかの不利益もしくは損害を受けた場合でも、当方は
 一切責任を負いません。
●本メールマガジンの登録・解除はこちらよりお願いします
 http://www.mag2.com/m/0000244183.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2007 DDS.taro All rights reserved.


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ