ジャンク派 チェン・スウリーの至福の映画!

  • ¥0

    無料

「詩のボクシング」や独自のワークショップで活躍する新進の詩人チェン・スウリーが贈る至福の映画論!名作映画を観る際の参考に、映画を人生のヒントに、映画愛に溢れたジャンク派詩人の感性に触れてください。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ジャンク派 チェン・スウリーの至福の映画!
発行周期
週2~3回
最終発行日
2007年10月23日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000244434
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > レビュー・映画評

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ジャンク派 チェン・スウリーの至福の映画!
――名画は血となり、肉となる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




― 第6回 ―




秋も深まって参りました。
みなさん、いかがお過ごしですか?
メルマガの発行に間があいてしまって、申し訳ありませんでした。
久々にお届けするメルマガですが、ご紹介するのは、
あの淀川長治さんも18番だと言われて特に贔屓にされていた映画です。
なんとも、おぞまし〜い作品です。


■■ 今回の映画 ■■

『サンセット大通り』
Sunset Boulevard

製作: パラマウント・スタジオ
チャールズ・ブラケット
監督: ビリー・ワイルダー
脚本: ビリー・ワイルダー
チャールズ・ブラケット
D・M・マーシュマン・ジュニア
撮影: ジョン・サイツ
音楽: フランツ・ワクスマン
出演: ウィリアム・ホールデン
グロリア・スワンソン
エーリッヒ・フォン・シュトロハイム

1950年(アメリカ)


鬼気迫る大女優の業


【ハリウッドの影を描いた映画】

残念ながら、人は平等なんかじゃない。

や、って言っても、もちろん、人権とか、人としての尊厳とかの意味ではないよ。
他を凌駕する存在、有無も言わせぬ圧倒的な存在というものがある。
それをオーラと言ったり、威厳とか威光と言ったり、その呼び方は様々だと思う。
けど、とにかく、一緒にいると、こっちがたじろいでしまうような、
そんなパワーを持った人がいる。

いろんな世界(例えば…水商売も)にそういう人物はいるだろうが、
やはり芸能界という世界は、
とりわけそういう怪物のような存在が多いのではないだろうか。
虚構や伝説を「創造する」世界は、
ことさらその怪物を肥大化させる環境でもある。

今回の、この映画は、映画界が産み出した、そんな怪物の物語。
外から見れば、まぶしく光輝く、
「夢の工場」ハリウッドの、スターシステムが作り上げた影を描いた、
鳥肌の立つような、おぞましい物語。
女優って、怖いね〜


【グロリア・スワンソンの怪演】

その怪物は、グロリア・スワンソンと言う、サイレンと時代の大女優。
かつての栄光を引きずったまま、時代から取り残されて、
今は、年老いて、廃墟のような大邸宅にこもって暮らしている。

現実の時の流れを、まったくシャットアウトしてしまったような生き方。
その、現実とはあまりにもかけ離れ過ぎた様は、
この物語のラストに大炸裂する。

ラストの、この人の迫力、怪演!
うわぁ〜って、息を飲むような狂気じみた彼女を、ぜひ、ご覧あれ!

彼女の演技は、サイレント時代の女優なだけに、時代錯誤はなはだしく、
オーバーアクションで、グロテスクで、おぞましいって言葉がぴったり。
この映画の見所は、いろいろあるけど、間違いなく、ラストは一番の見せ場!


【現実を取り込んだ演出】

このおぞましい世界を見せつけた監督は、あのビリー・ワイルダー。
このメールマガジンでも紹介した『お熱いのがお好き』や、
『アパートの鍵貸します』といった、
ハートウォーミングな傑作コメディーを撮った監督は、
こんな、シリアスで「残酷な」ドラマも創り上げている。

「残酷」っていうのは、グロリアに「この役」を演じさせてしまうとこだ。
これは、あながちフィクションではない。
彼女が演じたノーマ・デズモンドという役は、
女優グロリア・スワンソンのリアルでもあった。
ビリー・ワイルダーも大胆っていうか、スゴイことやっちゃうよなぁ…
忘れ去られた、過去の亡霊のような女優の業。
それが、観ていて痛々しい…

しかも、共演者にも、彼女に因縁の人物を起用している。
セシル・B・デミルという映画監督が本人役で登場してるけど、
彼は、実際にグロリア・スワンソンをスターに仕立て上げた監督だったとのこと。
また、実際に元映画監督だったエンリッヒ・フォン・シュトロハイムは、
なんと、グロリアに仕える給仕の役で出演している。
あと、チラッとだけれど、
サイレントを代表する喜劇俳優バスター・キートンも出ている。

特に、監督であったシュトロハイムが給仕となり、
献身的に彼女を支える生き方をしているのには衝撃を感じる。
給仕の彼は現実から彼女を守り、今でもずっとスターであると思わせてやっている。
なぜ、そんなにしてやれるんだとの問いに、
「彼女の昔の輝きを知っているからだ…」と彼は答える。
あれ程まぶしく輝いていた彼女の為に、自分は一生を捧げれると思ったと言うのだ。
スターだった頃の彼女は、それ程にすばらしく美しかったらしい。


【圧巻のラストシーン】

しかし、ひょんな事からこの時代の止まった邸宅に
ウィリアム・ホールデン演じる若い脚本家が迷い込み、変化が訪れる。
こともあろうかこの老いた大女優は彼に恋をしていまう!
しかし、ウィリアム・ホールデンは、この女優に容赦なく現実を突き付けてる。

そして迎える圧巻のラストシーン…
全編がドライな語り口で進められる中で、ラストだけが異様な感情の高ぶりを見せる。
発狂し、駆けつけた警官や報道陣にポーズを決めながら大女優然と振舞う彼女…
フラッシュを浴び、映画のワンシーンだと思いこんだまま悠然と豪邸の階段を降りる様!
この場面の大迫力!!(笑)グロリアってスゲーって見入っちゃうよ…


【グロリア】

話しは少しそれるけど、1980年にジョン・カサヴェテス監督が
『グロリア』っていうタイトルの感動的な映画を撮った。
ジーナ・ローランズっていうタフでクールなカッコいい女優が殺し屋を演じた
『レオン』の原型みたいな話しだけど、もっともっと泣ける映画。
後に、シャロン・ストーン主演でもリメイクされている感動作。
この女殺し屋が自身につけた名が、「グロリア」だった。
女優のグロリア・スワンソンが好きだからと殺し屋は言っている。
『サンセット大通り』のグロリア・スワンソンを観れば、納得していただけるはず。
孤独な女殺し屋の憧れた、威厳に満ちた大女優の姿がそこにはある。


【迫力に満ちた作品】

この映画は、ウィリアム・ホールデンの水死体が
回想録として語り出しすというシュールで斬新な始まり方をしている。
終始惹きつけられるキレのあるストーリー展開はさすが、ビリー・ワイルダー。
いっちゃってるグロリアの満ち溢れる迫力に、ただただ圧倒されていただきたい。
心底、大女優になるって姿は、こういうことなのかなぁと思いつまされる…
かなりセンセーショなることをやっちゃってると思うよ。
とってもこわぁい話しです!


━━━━━━━━━━━━━━━━━
■著者HP■ http://t-elegan.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 編集後期 & 次回予告 ■■

年老いた女優の話しって、なんて残酷なんだろう…
話しは変わりますが、
先日、SMAPの番組にアラン・ドロンが出演していたらしいですね!
ああ〜、見たかったな…
歳をとってもあの笑顔は、健在だったとか…
さて、次回は『死刑台のエレベーター』
『太陽がいっぱい』でアラン・ドロンと共演した、モーリス・ロネが主演の
とっても、クールで斬新なフランス映画です。
マイルス・デイヴィスのトランペットのアドリブ演奏が、また渋いんです!
どうぞ、お楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:東京ヱレガントス

東京都渋谷区渋谷1-17-3木下ビル1007
TEL/FAX 03-3486-2312
http://t-elegan.jp

発行人:チェン・スウリー

メール:chen@t-elegan.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━

登録・バックナンバー・解除:http://t-elegan.jp/room.html

ご意見・ご感想など:E-mail:chen@t-elegan.jp

このメルマガは、
『まぐまぐ』『メルマガ天国』『カプライト』『E-Magazine』
『Yahoo!メルマガ』『Melcup』『めろんぱん』等の
送信システムから発行されています。 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ